« ホーム »

下手の考え休むに似たり~続「順序が逆」

a0002_005733.jpg 

下手の考え休むに似たり(へたのかんがえやすむににたり)という言葉があります。
これは、いくら考えても、よい考えなど浮かばないとわかっていながら、長く考え込まずにいられないのは、何の役にも立たず、時間の無駄でしかないということです。

この言葉を取り上げたのは、前回『「順序が逆」、これに気づくだけであなたはうそのように解放を得ます』という文章で扱った考えをもう少し解説してみようと思ったからです。
前回は、このように書きました。
『あなたの考えが現実を作り出したのではなく、むしろあなたの考えとは、現実を描写し説明つけるものとしてあとから起こってきた思考なのです。
あなたが考え、あなたの意思が現実を切り開いたのではなく、順序は全く逆なのです。』

あなたは「まず考え、そして行動した」と思い込みがちです。
たしかに、そのように思える時も存在するでしょうが、はたして実際はどうなのでしょうか?
本当にその順序で動いているのか?、それとも、それは思い込みに過ぎないのか?ということです。

今朝あなたが起きてからおこなった行動を、振り返ってみてください。
「まず考え、そして行動した」というのは、本当でしょうか?

実際は、あなたは無意識に行動し、あとから「今自分は~をした。これは~が必要だったからそうしたのだ」と解説してみせただけではないでしょうか?

あなたが意識して振り返って考えるまでは、あなたはただ行動しています。
ふと思考が起きてきて、今自分がなにをやっているのかを考えだしたとき、始めてそれを振り返り、「自分の意思でこのような行動をしていたのだ」というストーリーを書き上げるのです。
ですから、ストーリを忘れていると「気がついたら、これだけのことをしていたんだ!」と驚くほどのことを、あなたは無意識にやり遂げているのですが、普段は当たり前でそのまま、考えないままで終わっているだけなのです。

例えば、パソコンの操作を覚えたての頃を思い出してください。
最初は、説明されたとおりにメニューを開き、何かをクリックして目的のパネルを開き、そして必要な操作をして、・・・というように、命令や思考が先行して、ようやく目的の動作を出来たという感じになるでしょう。

これらは「まず考え、そして行動した」に近いように思えます。
しかし、もう少し詳しく調べてみれば、「いつ、あなたはパソコンを動かそうと考えたのでしょう?」「いつ、その操作を行おうと考えたのでしょう?」・・・、その思考はどこから来ましたか?

やがてあなたは、パソコンの操作に慣れてきて、いちいちメニューをどうのこうのと考えなくなり、まずマウスを動かしたり、キーボードを叩いたりという行動が無意識に始まるようになっていくでしょう。

その頃には、「私は電源を入れ、まずメニューを開き、次にあれしてこれして、・・・」といったことは、もう考えもしなくなります。むしろ考えるとすれば、パソコンを使う目的のことです。例えば「~の解説を検索してみたい」というような、より具体的な内容に変わってくるでしょう。

「まず考え、そして行動した」というのは、実際には、ほとんどがあとづけの説明です。
あなたはまず行動し、そのあとで何をしたのかを説明するのです。

さて、表題の「下手の考え休むに似たり」に戻りましょう。
私たちが、「考えること」に「とらわれて」しまう時というのは、たいてい気になること、心配なこと、悩みがある時ではないでしょうか?

その内容は、ほとんど、「考えても答えが出ない」ことが多いのです。
答えが出ないのは薄々わかっているけれど、「気になって放ってはおけない、考えずにいられない」という状態です。

悩み方は、人によって様々でしょう。
・ある人は、まず「いま心配することはないだろうか?」と考え始めます。

・ある人は、「行動計画にそって、次は何をやるべきかを考え、一つ終われば次はなに?」と考え続け、その合間に行動しているかのようです。

・ある人は、自分は他の人とは違って、様々な欠点を抱え、人と同じようには堂々と行動できない人間だ。人から笑われたり、避難されないように、控えめに行動することを忘れないようにしようと、自分の行動のチェックに気を取られています。

・ある人は、「どうすればまわりの人は自分のことを気遣ってくれるだろう?」と、自分が可哀想で、哀れな人間に見えるように行動を制御することに気を取られています。

・ある人は、「この問題が解決しないかぎり、私はなにもできない」とか「この人が謝らないかぎり、私は何も話したくないし、もう何もしたくなくなっている」というような、特定の問題に支配されて、いまを生きることができなくなっています。

考えても答えは出ない、誰にも答えは出せないだろう、そう思いながらも、「考えずにいられない」でいるのが、「下手の考え休むに似たり」の状態なのです。

「考え続ければ、いつかは答えが出る時が来る」とか、「いつか私を救ってくれるような誰かに出会うか、出来事が起きるだろう」とか思い続けて、大切ないまのこの瞬間を捨て続けるのです。しかし、いつまで待ってもサンタクロースはやって来ません。

「下手の考え」をやめるにはどうすればいいでしょう?
ただヤメればいいだけです。「やめ!、ストップ!」と宣言して、あとはいまの状況に飛び込むだけです。起きてくることに合わせて、あなたは、何も考えなくても反応し、まさにそのときのベストの行動をとり続けているのです。
あなたの心配や「下手の考え」は、一切関係なかったのです。

「まず考え、そして行動した」と信じるのをやめてみましょう。
ただそのまま、あなたの反応するがままに、状況に溶け込んでいるだけでいいのです。

「自分の行動を他人に説明しなければならない」と思い込んでいることも捨てましょう。
だれも、あなたに説明など求めていません。あなたがそう思い込んでいるだけです。
説明したいと思っている相手とは、実はあなたのマインドに対してなのです。
これもまた、あなたの「下手の考え」を誘発するために、バックで支えている思考習慣の一つなのです。

「まず考え、そして行動した」くなるのは、あなたの悩む習慣が起きているときであり、例外であることに気がつきましょう。
そうすれば何も考えず、「ただ行動があるだけ」「ただあなたのままでいればいい」ということが自然な状態であると気づくようになるでしょう。

「これは下手の考えだ」と思ったら、直ちにストップしましょう。
そして、いまやりたいことを、おもむくままに行うだけでいいのです。
状況に任せ、起こることを起こらせているだけ!
それで、あなたはやすらかでいられるのです。



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







「順序が逆」、これに気づくだけであなたはうそのように解放を得ます

m010606.jpg 

【なんであろうと起こります】

Wu Hsinは瞑想することを個人の訓練によるものだと規定していますか?瞑想とは結果を求めることではありません。

なんであろうと起こることが起こります。ちょっとクリアになってみましょう。なんであろうと起こることは、あなたによって起こされるのではありません、あなたを通して起こるのではないのです。

訓練することは幻想を消すのに効果はありません。なぜなら訓練自体も幻想の中でなされているからです。

あなたが混乱を解消することができると考えていること自体、あなたは混乱しているのです。

自分自身のすべての考え、すべての信条、すべての概念を空っぽにしてください 。自分自身を空っぽにして、それでもやるべき何かがそこに残っているかどうかを見てください 。

(自分自身を解決する: Yuben de Wu Hsin, p 134)

Whatever Happens
How can Wu Hsin prescribe meditation as one's practice? True meditation does not seek a result.

Whatever will happen will happen. Just be clear: whatever happens doesn't happen by you as much as it happens through you.

Practices are ineffective in dissipating the illusion because all practices take place within the illusion.

Thinking that you can remove your confusion is symptomatic of the confusion.

Empty yourself of all ideas, all beliefs, and all concepts. Then, make yourself full with emptiness and see if there remains anything else to be done.

(Solving Yourself: Yuben de Wu Hsin, p 134)

瞑想だとか、「すべての考え、信条、概念を空っぽにしてください」とかいわれても、実際にどうすればいいのかわかりません。
なぜなら、それらは、あえてやることではなく、むしろやらないことでなされることだからです。
「何もしないでいよう」とがんばること自体が矛盾しているのがわかるでしょう。
「何もしない」なら何もしないでいなければなりません。がんばること、能動的に動くことではないのです。

むしろこう考えたほうがわかりやすいでしょう。

あなたが、考えたり、やろうと意図することと、現実が起こっていくことには因果関係がないということです。
もちろんあなたは現実の中にいて、あなたのやること自体も現実の一部です。
ですが、あなたが現実を変えているのではなく、起こることの一部として、あなた自身も動いているだけです。

あなたが考えていることは、現実の原因にはなっていません。やっていることは、あなたが現実の説明をあとからつけているだけです。

あなたが考えていると思っていることとはこういうことです。
現実に刺激されて、あるいは現実とは関係なく考えが浮かびます。
それらは断片的ですが、あなたのマインドは、それらをつなぎ合わせ、時系列をつけて整理します。あたかもマインドが順序立てて、それらの断片を連続的に考えていたように、ストーリーを組み立てるのです。

そして、先ほど言ったように、あなたの考えが現実を作り出したのではなく、むしろあなたの考えとは、現実を描写し説明つけるものとしてあとから起こってきた思考なのです。

あなたが考え、あなたの意思が現実を切り開いたのではなく、順序は全く逆なのです。

しばらく、現実に起きてくることと、あなたの思考との関係を、先入観なしによく観察していきましょう。
そうすれば、実際に起きていることが見えてくるでしょう。

あなたが、いくら忙しく考えようと、起こることは、それと関係なく起きていきます。
あなたが、考えるのが面倒で、なるにまかせていても、やはり起こることが起き続けていきます。

「すべての考え、信条、概念を空っぽに」しようとしなくても、あなたの考えと起きることは別のことだとわかれば、自然にその放棄は起こります。

あなたは考えることで現実を変えようとするのをあきらめ、現実を見守るだけになっていくでしょう。

それは、無気力になることではありません。
あなたも現実そのものなのですから、気力に満ちて起こることに参加するだけです。
ただ単に、現実とともに、充実して何かをやり続けるでしょう。
今までと違うのは、
考えることに時間や気力を奪われなくなってきます。
また、期待外れの現実というものが、事実上なくなっていることに気がつくでしょう。
なぜなら、期待するのも、がっかりするのも、あなたの考えにすぎなかったからです。



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







それは本当に本当ですか?

ilm03_aa03008-s.jpg 

ある朝、1986年2月に、どこからともなく、私は現実というものを経験しました。一瞬で私は、私のストレスの考えを信じていたことで、苦しんでいたことを発見しました、しかし私がそれらに質問を問いかけたとき、もう私が苦しむことはありませんでした。
~ バイロン・ケイティ
(panatmansamを介して)

One morning, in February 1986, out of nowhere, I experienced a realization. In an instant, I discovered that when I believed my stressful thoughts, I suffered, but when I questioned them, I didn’t suffer.
- Byron Katie 
(via panatmansam)

あなたが今感じているストレスは何でしょう?

そのストレスを導き出した考えや信念とは、どういうものですか?
それを探ったり、問いかけたことはあったでしょうか?

「今日はいい結果をえられなかった。」
「それは私の努力が足りないからだ。もっといい結果を出せる自分にならなければ!」

あなたは苦しくなります。「悪いのは私なのですから。」

しかしそれは本当でしょうか?

あなたは、「いつでも私の努力ややり方次第で、望む結果が得られる(べきだ)。」
と信じ込んでいるために、自分をなんとかしなければと思いこんでいます。

しかし、もともと結果を、つまり現実を、いつでも自分の力で変えられる人間でいるべきだと信じることは妥当でしょうか?

あなたは本当は知っています。
あなたがどう考えようと、現実がその通りにならないこともあることを。
何度も何度も、それらを見てきている、しかしあなたの考えが、それを認めることを拒否しているために、そんなことは起きていないと言い張るのです。

その思い込みを捨ててしまいましょう。
あなたがどう考えていようと、現実は現実の起きるように起こっていくのです。
それが、実際に起こっていることです。

「わたしが変えなければならない、それが出来ないと、自分はだめな人間なんだ。」
そのような思い上がりは、長年あなたが育てたり、まわりの人から教え込まれてきたことで出来上がってきただけです。

起こるままに過ごしていきましょう。無抵抗でいてみましょう。
そうすれば、あなたの考えや努力にも関わらず、現実は起きていくことがわかるでしょう。
認めるかどうかだけなのです。
あなたは「頑張っている」と認めてもらうために生きているわけではないのです。
現実に抵抗することで、私は何かをやっている、頑張っている私がいると思うのは、誰もがはまってしまうトリックなのです。





ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







心の2面性 振り子の原理

心の2面性 振り子の原理

burankodekodoku20140531500-thumb-1000xauto-4985.jpg 

ロバートの質問:
仲間と一緒に過ごしていると、しばらくするとひとりになりたくなります。
しかしひとりでいると今度は人と一緒にいたくなる。
どちらか片方だけを完全に楽しめないのです。
わたしは、内側と外側どちらで生きればいいのでしょうか?

これはすべての人が直面する問題。
心の働きの2面性で、振り子の移動のようなものだ。

右側に振れているとき、振り子は左側に戻るエネルギーを溜めている。
やがて反対側に振れると今度は反対側に戻るエネルギーを溜めているのだ。

心も振り子であって、ひとりでいるときには人と一緒にいる時を思い浮かべて完全に孤独を楽しむことができないし、人と一緒にいると孤独になることを考え始める。

ひとりでいると何をしていいのかわからなくて退屈し、空虚さを満たそうとして他の人や食べ物や娯楽を探し始める。
逆に他の人と一緒にいると、今度はだんだん他の人があなたの領域に進入してくるのが気になりだし、干渉されるのが嫌になってくる。自由になれる孤独が恋しくなる。

貧乏な人は金持ちにあこがれるが、金持ちはすべて放棄して自由になりたがる。

アレキサンダー大王は、人生の最後になってあらゆるものを手に入れ征服してきた人生に空しさを感じ、無駄に生きてきたことに気づいた。

その数年前にギリシャで出会った、裸の哲学者ディオゲネスを思い出す。
何も所有せず、裸で暮らすその哲学者は、しかしすべてを我がものにしていた。
大王はディオゲネスに惹かれ、そのとき彼に語ったといわれる。
私は次にこの世に戻ってくるなら、アレキサンダーではなくディオゲネスに生まれたいと。

両極の片方に生きようとすることは間違いである。
それはどちら側にいるにしてもひどい状況を作り出す。
私たちは、その両方を生きなければならない。

家の中にいて外の方があたたかく感じたら、外の太陽を求めて家を出る。
逆に外が寒くなってきたら家に入って寒さを逃れる。
同じように、心の振り子も両側に揺れる必要がある。
その両方を行き来するのだ。

片方に生きようとして頑固にならずに、リラックスしなさい。
両極は同時には成り立たない、相反するものだけれど、だからといって片方だけを取ろうとする事が間違っている。

片方で生きようとするのは、人為的で作られた生き方であって自然ではない。

人と接するときにも、自分自身でいることと相手に合わせることの間で、どちらか片方ばかりでいる必要は無い。

あなたが他の人にいい感じを持っているときはそのように反応すればいいし、嫌な感じがし始めたら、ごめんなさい失礼しますと言えばいい。

嫌いな相手に無礼になれと言うことではなくて、ただ相手の嫌なことに苦しめられるのを黙って受け入れる必要はないと言うことだ。

どんなときでも、これがエチケットだと思って心と裏腹な自分を演じる必要は無い。
相手を大切にするなら、自分自身も大切にしなければならない。
片方だけを大事にしてしまうのは誠実な姿勢とは言えない。

孤独でいることは、あなたに平和、静寂、平静さ、瞑想的であること、意識や整合性の感覚を取り戻させる。

一方で他の人と接すること、愛は思いやり、祈り、サービスを学ぶことを助ける大事な役割を持つ。

それらは両方が必要で、お互いを強化し合うことができる。

外側は自分の内側の一部であり、あなた自身の内側は外側の一部である。
翼に両翼があるように、片方の翼だけでは自由に飛べない。

2つの世界を自由に行き来することを学ぶべきなのだ。

※以下のサイトよりのポイントを抜き出しました。
"The mind hankers for that which it has not got, and the mind gets bored with whatsoever it has got." - OSHO Talks




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







これもまた過ぎ去ってしまう

m010617.jpg 

これもまた過ぎ去ってしまう。
エックハルト・トール

This, too, will pass.
- Eckhart Tolle (via purplebuddhaproject)


こう感じたくなるのは、辛い時、悲しい時だと思うかもしれません。

しかし、逆の場合もまた過ぎ去っていくことを理解した時、ほんとうの意味で、この言葉の意味を理解するでしょう。

あなたは、今有頂天になっているかもしれないし、しみじみと嬉しさを感じていたのかもしれません。

しかし、それもまた過ぎ去っていくのです。

両側からそれを見られた時、あなたは真の平穏を感じられるでしょう。

今の自分(自我)は、悲しかったり、嬉しかったり、恐怖を感じたり、平穏を感じているかもしれない。

しかし、真の平穏とは、それらに惑わされないでいる自分を発見したときに獲得できます。

事象とは関係なく、あなたはいつも平穏な自己を感じていられるのです。

いつも平和でいられる、その人を感じてください。

それは今までも、ずっとそこにいたのです。





ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
17位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX