« ホーム »

使い使われ

動物と仲良し



人間は道具を使います。
道具に使われてはならないと言われることもあります。

しかし常に使う側でなければならないのでしょうか?

苦しさを感じる人の多くは、自分の思い通りに使われてくれない相手が、その原因になっていないでしょうか?

あなたは自分の思ったとおりに動かない相手に出会い、いらつきます。
そのいらつきは、自分がすべてをコントロールできないことから来るのでしょう。

私はすべて自分でコントロール出来ないといけない。
そんなこともできない自分が情けない。

そんな思いは、しかしあなたの責任ではなくて、いままでずっとそう考えるように教えられてきたからです。

いわば、使う人になりなさい、使われるようではいけない、とでも言うように。

しかし、そうでないといけない理由はどこにあるのでしょう?
ちゃんと説明出来る人がいるでしょうか?

そもそも、私たちがアクションを起こせば、相手はリアクションで答えます。
そして、それに対して私はリアクションで返しているのです。

どうして常にアクターでないといけないのでしょうか?
いまはリアクターでいいと思えたとき、あなたのイライラは消えてしまうでしょう。

もちろん、実際には常に自分がコントロール出来ているわけではないのですが、そう思い込んでいる人は、何事も自分がコントロール出来ないと敗北だと感じてしまうのです。

そして自分を責めたり、裏返しで自分で主体的に動かない人を批判したくなります。

ですが、ものごとの半分は相手にまかせたっていいわけです。
自分が使われる側に回っていいわけです。

「何でも自分がコントロールできなければ」という思いを少しゆるめてやれば、ものごとは一気にスムースに展開するようになるでしょう。

そうしないと、あなたは「今日が雨なのも自分が悪い」と思い出すかも知れません。

使い使われ、今は動かされる方だと思ったら、少し相手にまかせてみたって、ちっともかまわないのです。

すべてをコントロールしたい人は、いつかすべてが叶う日が来ると夢見ているのかも知れませんが、いつまで待ってもそんな日は来ません。

常に新しいコントロール対象を自分で作り出し続けるからです。
つまり安らげるその日は永遠にやってきません。

コントロールしようとして、あなたが相手に何かを与えるとします。
しかし相手はそれに報いてくれるとは限りません。

そんなとき、悪いのは相手なのでしょうか?
相手の問題だと考えたとき、また一つあなたの悩みは増えるのです。

期待通りに反応しない相手という問題を作りだしたのは、他のだれでもないコントロールしようと働きかけた自分なのです。

同じことをするにしても、自分でコントロールできないといけないと思うだけで、いろんな問題を作り出します。

どうして自分でやっかいごとを背負い込む必要があるでしょう。

手に負えなくなってギブアップするくらいなら、必要も無いことまで自分で支配しようとしないことです。

「欲しいなんて言ってないよ」と頑固にならずに、喜んで受け取ろうとする気になりさえすれば、あなたのまわりには、差し出されているものであふれているのが見えてくるでしょう。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX