« ホーム »

ツバメの巣とマンション-自我のパターン

動物とたわむれる



ツバメの巣が賑やかな季節になってきましたね。
今はマンションの一角にツバメの巣があったりします。

人間からすれば、ツバメは毎年遠くから来て、遠くに帰って行く、何とも効率の悪いことをしているように思うかも知れません。

人間は、一ヶ所に定住した方が楽だと思い、暑さ寒さも人工的に調節する仕組みを作り出します。
そこには、快適さを追求し、苦痛を排除するという自我の働きが根底にあります。

自我は、苦痛を避け、快適さを歓迎するのが、人間の知恵だと思っています。

苦痛とは、今の自分にとって受け入れがたいということであり、快楽の方はそのままの自分でも受け入れ易いということを意味しています。

それは、いいかえればあくまで今の自分が判定の基準になっているということです。
そして苦痛が絶対的に悪く、快適であることが絶対的にいいということではないのです。

そのことを考えるなら、その自我の選択の仕方では、いつまでも今の自分から抜け出せないことが見えてこないでしょうか。

そこにあるのは、今の自分にとって、受け入れ易いか、受け入れ難いかと言う判断なのです。
苦痛だからといってただちに排除してしまう自我のやり方が、はたしてそのままでいいのだろうか?と考えてみる必要がありそうです。

苦痛とは、本当に害毒でしかないのでしょうか?

ただちに排除するやり方をストップして、抵抗しないでその状態を受け入れてみるとどうなるでしょう。
あなたに苦痛を与えるためだけに、そのことが起きていたのではない可能性が見えてきませんか?

快楽だけを求め、苦痛を避けるパターンをやめたとき、自我の働きも止まります。そこで初めて、自我の防御で見えなくなっていた自己も見えてくるようになります。

たとえば、あなたが人間関係で悩みを感じているとします。

悩むのは、他の人のなにかの言動が、今のあなたにとって受け入れにくいことを意味しています。

そのような言動を聞くと、ひそかに嫌な感情が襲ってくるのですが、しかしあなたは、あえて反対して人間関係が崩れてしまうことを恐れます。

したがって、その嫌だと感じることは自分で気づいていないかのようにして、覆い隠してしまうかも知れません。

表面的には、人間関係が崩れないでいることで得られる快適さに目を向け、苦痛には目をつぶろうとするのです。

ですから、なにかの機会に、誰かがあなたの嫌な思いを代わりに表現しているのを聞くと、あなたの心は落ち着かなくなります。

「そうよ、私もそう感じていたのよ」

いったんあなたが、他の人のいやな言動に向き合おうと決心するなら、そのことがなぜ自分には嫌なのかを見るようになります。

やがて、本当は自分は他の人達とは別のやり方をしたい、と思っていたことにたどり着きます。

あなたのぼんやりした苦痛は、ハッキリした自分の訴えを発見するでしょう。
そして、それが本物なら、あなたはもう二度と元に戻りたいと思わないでしょう。

他の人と違うやり方でも、それが充分に自分を満足させてくれるからです。

そして同時に、悩まされていた他の人の言動も、いっこうに気にならなくなります。
何で私はこんなことで悩んでいたのだろうとばかばかしくなってきます。

苦痛だと思って、ただちに考えないようにしていることも、抵抗せずにその状態を受け入れる気持ちでとどまっていれば、そこに隠れていたものをありのままに見ることが出来ます。

一見苦痛しかないと思っていたことの中に、新しいあなたの可能性を発見できるからです。

これは別に苦痛から抜け出すための慰めではありません。
もともとそうであったことを、正当に評価するだけの当たり前の話です。

もう一度まとめるなら、
・障害を創りだしていたのは、苦痛を排除し、快適さだけを歓迎するという自我のパターンであること。
・苦痛とは今の自分に受け入れにくいということであり、快適さとはそれが無理しなくても受け入れ易いということに過ぎないこと。
・そしてこのパターンを疑って、苦痛の方にも目を向けてみれば、隠れていた表に出たがっている自分を発見できるかも知れないということです。

自我のパターンは強力です。
「今までの自分が間違っていたなんて言わせない」といって、強烈に抵抗してきます。

それに打ち勝つには、ありのままを抵抗せずに受け入れるという姿勢です。

抵抗しないとは、割り込んでくる自我の言葉を右から左に受け流して、ただそのままの状態で静かにしているということです。

できるかぎり言葉が入り込まないようにして、そのままにとどまるのです。

ツバメが海を渡るのは、人間の浅知恵では計り知れない秘密があるのかも知れません。
問答無用で苦痛だと切り捨てていことが、隠されたあなたを見えなくしているのかも知れません。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ

Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』




関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX