« ホーム »

持つことと怖れについて

悪い目覚め


何不自由なく暮らしているお金持ちでも、いつも何か悩んでいたりする人もいます。
そうかと思うと、お金もなくて、かろうじて生活している状態なのに、いつも晴れ晴れとした表情で元気良く暮らしている人もいるものです。
そした人の笑顔には、本物を感じたりしないでしょうか。

ではその違いをもたらしているものは、はたして何なのでしょうか。

この両者の例から想像できるように、ものを持つことが満足な生活をもたらしてくれるとは限らない、ということがわかります。

そしてさらに言えば、積み重ねてきた財産が、かえって重みになっているのではないかということも覗えないでしょうか。

実は、「もっと豊かになれば今より幸せになれるのに」と考えるのは、まだ持っていない時なのです。

その時、今の状態とほしいものを手に入れた状態を比較して、当然手に入れた後の方が幸せになれるだろうと考えるわけです。
それは、手に入れることがもたらす、いい方の面だけを見ていることになります。

しかし、欲しいと思っていたものも、次々と手に入れていくうち、喜びはつかの間に過ぎないことに気がつきます。
そればかりか、ものを持つに連れて、それを抱えていることに苦痛を感じ始めることはないでしょうか?

それを持つことを維持していくことが苦痛であったり、それがなくなってしまったらどうしようと思うことへの怖れであったりするのです。

持つということは、ものとは限りません。

それは社会的な地位だったり、さらに一般的にいえば、他の人が自分をどう見ているかを、そのまま維持することだったりします。

「私」に属しているもの、私とは何かを形作っていると信じているものを、そのまま維持していたいと思うのです。
まわりの人が「この人はこう言う人で、こういうことができる」と信じている期待に応えないといけないと感じ、それがない状態になってしまうのを恐れるのです。

そのための持ち物は、有形であろうと無形であろうと、すべて失うのが怖いと感じます。
そして、怖れとは、いま持っているものをそのまま維持できなくなることに原因があるのです。

「未知のものへの恐怖」と表現することがあります。
この言い方だと、自分がまだ知らないものが恐怖を掻き立てるというニュアンスになります。

しかし、はたして私たちは知りもしないものに恐怖を感じるものでしょうか。
そもそも知らないものは、思い浮かぶはずもないのですから、それが突然形をとって恐怖の対象になったりはしないのです。

これは、もう一度見直してみるなら、今自分が持っていて、そのまま維持していきたい状態が、突然知らないものによって壊されることを恐れているということではないでしょうか。

つまり、怖れの原因は、やはり既知のものからやってきているのです。
今までに手に入れてきた物を失う事が、怖れの原因なのです。

何かを手に入れて、自分の一部にしてしまうという行為の中に、手に入れる事への楽しみと共に、それを失う事への恐れを同時に抱え込んでしまうのです。

何かを初めて手に入れたときは、喜びの方が大きいのかも知れません。
しかし、同じようなものをいくつも手に入れ続ける時、その喜びはだんだん薄れていき、それよりも多くの物を持ち、それを維持していくことに苦痛を感じる方が強くなっていきます。

物を持つこと、自分の一部にしてしまうことが、それを失う事への恐怖を蓄積していくのです。

それでは、「何も持たないほど幸せなんだろうか?」ということになります。
おそらく突き詰めればそういうことになるでしょうが、しかしなにもギリシャの哲人のように何も持たずに樽の中で生活するのがいいかどうかはわかりません。

肝心なことは、持ち物を増やして自分を大きくしていくこと自体が、怖れの元凶を育てていることを認識しておくことです。

利益だけをもたらす取得はあり得ないと言うことです。

そして、その認識があれば、不用意にものを持とうということに、自然とブレーキがかかるでしょう。

そして、この悪影響の最たるものは、持てば持つほど手に入れた喜びは薄れ、その結果さらに新しいものを手に入れなければならなくなります。しかもそれに伴って苦しさをもたらす元凶ばかりが増えていくということです。

こんなに手に入れたのに、なぜちっともうれしくないのか、それどころかうんざりすることばかり増えるような気がすると思うなら、唯一の解決は「増やさないこと、持たないこと、手放すこと」という方向にあるのでしょう。

持てば持つほど、それを守るためのエネルギーが必要になります。
それがさらに失う事への恐怖を強化するのです。

逆に身軽になればなるほど、余計な気苦労はなくなります。
文字通り身軽なほど、精神的にも気持ちは軽くなります。
何をするにも、予期しない場合への対処を考えようとするくせがなくなります。

先に失ってしまえば、失う心配はなくなるのです。
万一に備えて。。。という売り込みにも、私は必要ありませんと言いきることが出来ます。

わざわざ煩わしいものにエネルギーを吸い取られる必要はありません。
そのためには、なにが怖れの原因かを、いま持っている物を考慮しない、真っさらな気持ちで振り返って見ることです。

ここまで来たのだから、今さら引き返せない。
現状を維持するしかないと思うことは、たいていの場合最悪の選択になるでしょう。
そこまで手放したいと訴えている自分がいるのですから、決断の時なのです。
コストばかりかかるガラクタを手放せないのは、ある方がないよりましという大して根拠のない思い込みがあるからです。
手放すことで一時的に空いた手には、きっともっと必要なものが納まるようになっているものです。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ

Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

なるほどです^^

スポーツのチャンピオンなども頂点に立つと、それを守ることに必死にならざるを得なくなり、無冠の時とは全く人が変わってしまうことがありますよね。
執着しないと言っても至難の技、人生の極意ですね!
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX