« ホーム »

あなたの理想はなんでしょう

あなたには理想がありますか?
それはあなたを満足させてくれるものでしょうか。

あるいは自分には理想なんてものはない、
そんなことより今の問題を解決するのが先だ、と考えているでしょうか。

理想を持つのはいいことだと教えられてきたと思います。

理想を持って、それを目標に努力するのが正しいことだといわれると、
いまやそれに反論するのも難しいほど常識的なことになっています。

それは全面的に間違ってはいないでしょうが、いくつかの大きな問題が潜んでいる様に思います。

理想はあなたを縛りつけます。
「自分はその理想を達成できて始めて、やっと本当に生きはじめることが出来る」

しかしそれはいつまでも完成しないので、いつまでも理想のままです。
いつになってもあなたは本当に生きはじめることがありません。

また理想と比べると、あなたはいつまでもそれに到達できない人のままです。
それはあなたに罪悪感を呼びおこすかもしれません。
永遠に到達できないとわかっている理想に比較して罪悪感を持つ、これは自分いじめでしかありません。

発達途上の子どもに対してなら、方向性を与えることは意味があるかも知れません。
しかし大人であるあなたに、いつまでも理想は必要なものなのでしょうか。

それに理想は、あなたが過去のある時点で「これがあるべき理想だ」と思ったことを信じて、それにしたがって未来を生きるということです。
それは過去の理想で未来を規定し作り上げていくという賭だといえないでしょうか。

過去のある時点では、それはあなたにとっては、ベストのことで正しかった。
しかし、時間と共にあなた自身も、周りの環境も変化していきます。
理想はそれに追いついてはいけません、もしかしたらもはや意味が無くなって手放すべきものになるかも知れません。

このような理想に生きることの問題点を考えれば、あなたはもっと今ここで出来ることに目を向けるべきではないでしょうか。

理想をいくら持とうと、実際には未来を生きることは出来ません。
生きられるのは、「今ここ」でしかありません。
「今ここで出来ることを精一杯やってみること」、単純ですがこれこそが掛け値なしに本当に出来ることです。

理想にしたがって生きる場合と、今ここに集中して生きる場合、もしかするとあなたは同じゴールにたどり着くかも知れません。

しかし一見同じように見えますが、「理想を掲げて今やるべき事をやらねばならない」と考えるのと、「今ここで出来ることを精一杯やってみる」のは根本的に違います。

前者は、常に「やらなければならない」ことにしばられて今を過ごします。
あなたは今やっていることに集中して我を忘れている、しかしふと気づくと、理想があなたに問いかけます。
「これは今やるべき事であっているのか」ということです。
あなたは、そこで「今ここ」から引きずり戻されます。

また前者では、理想そのものを変更しない限り、あなたは理想に向かって一直線に進まないといけません。
寄り道は許されません。あなたは今ここを犠牲にしてでも、理想に従わないといけません。
これはなにか仕事を達成する上では有効な手段かも知れません、しかしその場合でもそれは仕事と割り切ってやることです。自分の生き方まで明け渡すべきではないと思います。

理想にはもっとやっかいな面があります。
それはあなた自身が自分で理想を見いだせなかった時に起こります。

あなたは「理想」を教えてくれる人を探します。
これならいいだろうと、だれか先生を見つけ出します。

それは自分の知っている人かも知れません。
あるいは過去の人で本などでしか知り得ない人かも知れません。

いずれにしても、あなたはその先生に自分を譲り渡すことになります。

あなたは自分で考えることを捨てます(あるいはあえてか無意識かそれから目をそらします)。
先生の通りにまねて生きようとします。先生がダメと言うことは、理由がよく解らなくても従うべきだと考えます。
しかし自分ではないその人のコピーになろうとしても、うまくいくものではないでしょう。
どうやって知らない他人の代わりを生きられるのでしょう。

「理想」というほどのものではなくても、あなたは絶えず自分の内側に目を向けずに外を探し求めます。

ダイエットが気になれば、「○○ダイエット」から「××ダイエット」へと渡り歩きます。
エステがブームになれば、次から次へと情報を探し求めます。

ダイエット1   ホームトレーニング   ウォーキング


もう少し年齢を重ねれば、「健康」がそれに代わるものとなります。
顔を合わせると、挨拶代わりに自分の病気の症状を訴え、TVで放送した健康法のことが話題になります。

そんなことは、暇つぶしなんだからどうでもいいでしょう、とあなたはいうかも知れません。

問題はないかも知れません。

しかし、あなたが自分が何をやりたいのかわからない。何をやるのもおっくうで、やっていることがむなしいと感じているなら、それは本当に自分の求めるものが置き去りになってしまっている可能性があります。

あなたは、外に何かを探し求めている場合ではないかもしれない。
自分の内側を振り返らないと、その「退屈さ」はあなたを病院送りにするかも知れません。
これはまた、別の話題になりますので、どこかで機会があれば取り上げたいと思います。

最後に、自分の理想を振り返って見ませんか、そして手放すことも。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
手放すのが唯一の解決
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-47.html
いつでも今が最高
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-50.html
意欲がわかない時には変化をつけよう
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-82.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX