« ホーム »

無条件に与えるということ

あなたは最近、無条件にひとに何かを与えたことがあるでしょうか?

無条件に与えるとは、言葉通り見返りを何も期待しない、ただ与えることに喜びを感じるような行為のことです。

ひとは誰でも無条件にひとに与えることに喜びを見いだすという面を持っている気がします。
例えその人が、金儲け第一のがりがり亡者だったとしてもです。

ロックフェラー財団を築いたロックフェラーも、50才を過ぎて重い病気にかかり、人に寄付をすること通じて、惨めで愛に飢えていたそれまでの人生を立て直し、病気からも回復したといわれます。

これはどちらが彼の本性だったかという問題ではなく、元々人はどちらの面も持ち合わせているものでしょう。

ロックフェラーは単にお金を与えたということではなく、人々に何かを施したということを通して、自分の惨めさをなくし、自分の身体をも痛めつけていたものから解放されるというお返しを受けることが出来ました。

見返りを期待せずに与えた分だけ、自分のこころも豊かになります。

一方で与えたことに報酬を期待するという取引の関係に入れば、ひとは期待した見返りがないと腹を立てます。
これは当然のことであって、どちらかと言えば後天的に身につけた考え方であり、無条件にひとに与えることに喜びを見いだすということとは、また別の次元の話のような気がします。

ですから、このような間違いには気をつけた方がいいと思います。
・誰かを、人に与える人と人から求めるばかりの人のどちらかの人種だとレッテルを貼ること。
・同様に、こんないい人だから、きっと見返りが期待できるだろうと思い込むこと。
・取引の関係と無条件に与えることとを混同してしまうこと。

与えることは何でも自分が損をすることだと考えてしまうと、与えること自体で自分が喜びを感じるということを忘れてしまいます。

拍手

ひとは自分の能力に応じて、人に何かを与えることが出来るものです。
見返りを期待できない人に何かを与えることが出来るかを考えれば、今のあなたの状態がわかるかも知れません。

自分が幸福な人だけが、人の幸福を喜ぶ事が出来ます。
人の幸福を喜べない自分を感じたら、まずは自分を満足させることを考えましょう。

ですが、それでも人に与えることは出来ます。

ひとから感謝されたり、評価されることは、相手があることなので期待しないことです。
しかし与えること自体の喜びを報酬と考えれば、人に与え続けることもできるでしょう。
そうすれば、期待しなかった他人からの評価や感謝の言葉があれば、それはもっと大きく感じられるかも知れません。

笑顔の女性


最後にもう一つ、人に喜ばれることをしようと思ったのなら、その都度それを表現することです。

表現しないことは伝わりません。あとでまとめて伝えようと思っても遅い場合もあります。
その時のあなたのほんの一言が、ひとりでも声をかけてくれたらと、うちひしがれていた人を救うかも知れないのです。

※ ※ ※ ※ ※
ところで、これと関連して、ひとは自分が期待しただけ、他の人からの感謝を受け取っていると感じているものでしょうか?
おそらく自分はもっと感謝されてもいいという人が多いのではないかと感じます。
良かったらアンケートにご参加くださり、実際どうなのか確かめてみませんか。

あなたは自分が与えた分、充分感謝されていると感じていますか?
良かったらアンケートにご協力下さい。

アンケートにご協力ください
あなたはひとから感謝を受け取ってますか?
期待通り感謝されている
まあこんなもんかな
不充分だと感じる
みんな恩知らずだ




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
寂しいのは自分がここにいないから
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-59.html
無条件に自分をOKだと言えるかどうか
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-38.html
無条件に自分をOKだと言えるかどうか(2)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-39.html

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
久しぶりですね。^^

喜んでもらえるためにはどうしたらいいのかを考えることが出来る自分が凄く幸せを感じています。^^

応援ぽちっとしました。
また、遊びに来ますね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX