« ホーム »

本当の望みは今この瞬間に

希望という言葉から連想するのは、将来に向けての望みということではないでしょうか。

望みを抱くことは、どこかしら今すぐではなく、近いにせよ遠いにせよ未来を指しているのが当然のように思っています。

しかし、本当の望みというのは、ある瞬間に、過去も未来も飛び越えて抱くものではないでしょうか。

そもそも未来という時間を条件に入れた望みというのは、ほとんどが単なる計画に過ぎません。

どんな遠大な望みだろうと、3分後に出来上がるラーメンだろうと、未来を予測した計画的な準備を指しているだけです。

本当の望みは、何の前触れもなく自分に訴えてくるかも知れません。

それは未来への引き延ばしなど関係がありません。 それを認識できれば、おそらく過去の自分も違って見えて来るような、今までの自分を変えてしまうものかも知れません。

「そうだったのか。これが本当は望んでいることだった。そう思うと今まで自分がなぜこんな風に生きてきたのかがわかってきた。あれは無駄な経験ではなかったんだ!」

叱る母親


ところで、未来へ望みを引き延ばすことは、子どもの頃のしつけにその起源があるのでしょう。

もっともわかりやすい例は、母親から
「おやつ(ゲーム)は宿題が済んでからですよ」
と言われてきたことです。

確かに何でも今すぐ望みが叶わないと泣きわめくのでは困りますから、最低限のしつけは人間社会において必要であり、ペットでさえも要求されるわけです。

これによって望みとは未来への遅延を含むもの、いまの我慢との引き替えに将来もたらされるものという図式が出来上がってきたのです。

計画を立てて、準備期間は我慢をする期間だと思って納得するようになります。

時代によって言い方は変わっても、計画を立て、それが達成されるまでは不自由でもそれに従うことを言い聞かせる教えが存在し続けてきました。

いろいろな成功法則がアメリカなどから輸入されて、中には自分は人とは違う法則に沿って生きているんだと言い聞かせている人もいるかもしれません。

このような考え方では、計画が時間を要するものであるほど、遅延期間は長くなります。

ときどき、毎日同じことの繰り返しをしていることに嫌気がさしてきて、本当にこれでいいのだろうかと思ったりします。

しかし、そこは成功法則というもの、抜け目なくそういうときの対処法が考えられているはずです。

「見てごらん、思い浮かべてごらん。

この先に待っている豊饒の世界を!

それがあなたのものになるんだよ。」

そう思い起こして、弱音を吐いてはいけないと自分を戒め、文句を言う自分を恥ずかしく思い、そんな感情はしまい込んでしまうのです。

夢見る女性


時間がからんでくる望みは、過去の欠乏感を改善し、未来にそれが満たされるようになるというエゴの思考が描き上げたものに過ぎません。

それがどんなに社会的に好ましいことであろうと、名誉なことであろうと、なんであろうと実体は同じです。

それがたとえうまく実現したとしても、それによって満たされたと思うのは、エゴの縛りからの解放だけであり、あなたの望み自体は何もかなえられてはいないのです。

あなたが本当に望むこととは、今この瞬間にあり、直感的で将来とか過去は関係ありません。

それが見えて来るためには、自分の行動が今の自分を創りだしていることを本当に理解して、自分の望みが何かを本気で選択しなければなりません。

今までの成り行きで「これを望むしかないから」といった言い訳を一切やめましょう。

自分が望むと言ったからには、それに責任を持たなければなりません。

他の人が何を言ったとか、許可しないからとかといった理由は、単なる責任逃れでしかありません。

かつて子どもの時には従わざるを得なかったとしても、今は状況が違うのです。

自分で選べるし、選ばなければならないし、選んだことには自分で責任を持つしかないのです。

それを本気で認識できてこそ、

本当の望みが何かを、自分の言葉で言い切ることもできるわけだし、

それが今まで隠れていたとしても、徐々に姿を現してくるでしょう。

言い訳を続けて、先で後悔しないことです。

「こんなことなら、本当にやりたいことをやっておくんだった」というように。

気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ

Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

突如

本当の望みというのは、ある瞬間に、過去も未来も飛び越えて
抱くもの


そうかもしれません

天啓とか、閃きと近いものなのでしょうか


ありがとうございます

こんにちは(^^)

おやつとの交換条件、娘が、小さい頃にしましたが、
それが、今は、良い方向に働いているのかな、と思ったりします。
(当時は、そんな風に引き換えにして良いのかな~?と
思ったりしましたが)
今は、なにも言わなくても、一週間先に、友達と遊ぶ楽しみ
があると、みずから進んで、終わらせなければならない
宿題を、黙々とやっています。
先にお楽しみがある時のパワーは、凄いな~と思います^^

Re: こんにちは(^^)

> おやつとの交換条件、娘が、小さい頃にしましたが、
> それが、今は、良い方向に働いているのかな、と思ったりします。
> (当時は、そんな風に引き換えにして良いのかな~?と
> 思ったりしましたが)
> 今は、なにも言わなくても、一週間先に、友達と遊ぶ楽しみ
> があると、みずから進んで、終わらせなければならない
> 宿題を、黙々とやっています。
> 先にお楽しみがある時のパワーは、凄いな~と思います^^

やはり適度なブレーキは子供の時に身に付けないといけないのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX