« ホーム »

何が期待できるかを知ること

kangeikai.jpg


「親しい関係ほど気をつけたい思い込み」のつながりで、1つの観点をもう少し掘り下げてみたいと思います。

それは「何が期待できるかを知ること」の重要性についてです。

私たちは、「相手を説得して自分の期待をかなえよう」と言う発想の仕方をしがちです。

しかし、相手を変えることは簡単な場合もありますが、ことによっては非常に難しくて、はたしてそうまでしてそれを期待することが妥当かどうか考え直した方がいいこともあるわけです。

自分にとっては簡単なことでも、相手にとってはそれだけは変えたくないと思っていることかも知れません。

変わるべきだとか、簡単なことだという「私」の側の論理は、相手にとっては問題外なのかもしれないのです。

ですから、はたして相手が変わることを期待するのが得策なのか、それとも今のままで何を期待できるのかを知ることの方が大事なのか、ケースによってよく見極めた方がいいという発想が生まれてきます。

相手が今は変わりたくないと思っているときに、そこに働きかけるには非常なエネルギーが必要です。

場合によっては、今の自分に、それだけの働きかけをする覚悟があるのかどうか、考えておかないといけないでしょう。
中途半端に係わるのは、お互いにとってよくないものです。

ところで、人を簡単に説得できるように思える人がいます。
その人達は簡単に相手を説得できているのでしょうか。

結果的には、相手を変えていると言えますが、直接相手に自分の期待をぶつけているかというとそうではないようです。

むしろ相手に期待できることは何かをよく知っているから、その期待できることに働きかけている。
そのうち、相手は自分の才能を引き出してくれる相手に対して、気分がよくなりなにかお返しをしたくなってきます。

その時「私」の側ののぞみは、それを直接頼まなくても、相手の側からやってあげたくなることに変化するのです。

「強くたたきつける雨には固く閉ざしてしまう花びらも、やさしく置かれたしずくには自分から花びらを開いて受け入れる」

私の期待をかなえることばかり考えていると、いかに相手を説得し勝利を勝ちとるかという発想になってしまいます。

しかし、いま、そのままの相手から期待できることは何かを探してみれば、その期待できることの多さに驚くのではないでしょうか。

そして、何が何でも「私が今期待すること」をかなえようと力まなければ、他にできることがたくさんあるし、それは無理をしなくても手に入ることに満ちているのを発見できるのです。

もちろん、相手からだけでなく、自分自身に対しても、いま期待できることは何かを知ることは重要です。

不満な点を探すより、そのままでいい点を探す方がいいことも多いのです。

しかし、私たちはなぜか「努力して勝ちとること」に価値があってありがたいのだと思い込んでしまうのです。

そして奇抜なことをしてアピールしなくても、「そのままのあなたがいい」と思っている人もたくさんいるわけです。

発想を変えれば、豊かさに満ちています。
それらは、たったいま、ここで労せずして得られるものです。

気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

お任せ

強くたたきつける雨には固く閉ざしてしまう花びらも、やさしく
置かれたしずくには自分から花びらを開いて受け入れる


うまい例えですね

為そうとすると、なかなかうまくいきませんね
特に相手がいる場合は


ありがとうございます

No titleこんにちは♪ののです。

私も頑張らなきゃと思いました。ありがとう
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX