« ホーム »

本当の自分というけれど

「これは本当の自分じゃない」と表現する場合がありますね。

その場合、普通は、「いまの自分は本来の実力を充分発揮出来ていない」といった意味合いを表しているのでしょう。

しかし、この「本当の自分」という表現は、注意して考えると大きく分けて2通りの意味がありそうです。

ひとつ目は、もともとのこの表現の意味合いを表すものです。

つまり、自分で本当はこうしたい、こう表現したいというものが具体的にイメージされているのですが、他の人との関係上、それをしかたなく修正して表現しているのだという場合です。

たしかに、いつでもどこでも、自分の思うとおり100%を表現する人はまずいないでしょう。

自分で人は気にしないと宣言している人でも、多少なりと人を前にすれば修正が入っているものです。

このように、本来の自分の欲求がハッキリわかっていて、対人的にそれに修正を加えているから本当の自分ではないという場合がひとつ目の本来の意味です。

しかし、この「本当の自分」という言葉を手に入れたために、だんだん元々の意味を離れて、観念的に「本当の自分」がひとり歩きしてしまうことが考えられます。

それはこのように表現されます。
「いまの自分が自分で気に入らない。こんな自分は本当の自分ではないのだ。」

たとえば実力が発揮出来なかったとき、「こんなのは本当の自分じゃない」と言っておけば、本当の自分ならもっと力を出せたはずなのだ、というように自分を納得させられるわけです。

あるいは、そんなに具体的に何が気に入らないかが、わかっていない場合もあります。

しかしいまの自分では何か不満だし、こんな筈じゃないという思いがあるのです。

いまのそのままの自分が本当の自分だと認めたくない、だからいまの自分は「本当の自分」ではないと表現しないではいられないのです。

この2つ目の「本当の自分」が意味するのは、「いまの自分」は仮の自分であって、「理想の自分」が「本当の自分」であるということなのです。

どちらの意味で使っているかで、取り扱いには注意が必要です。

前者の意味なら、「本当の自分」をありのままに表現することを目指すことが、より自分を解放し楽にしてくれることにつながります。

しかし、後者の意味の場合は、意識を変革する必要があります。

つまり、いまのままのあなたが本当の自分(現状なのだ)ということを認めて、「本当の自分」と表現している理想の自分は、残念ながら、まだちっとも自分のものにはなっていないことを認めなければなりません。

言葉はすぐにひとり歩きして、毒にも薬にもなります。

言葉に騙されるくらいなら、何も考えない方がまだましです。
考える以上自分の使っている言葉には、充分注意を払って言葉を大事に扱いましょう。

鏡の中の女性
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

思考の前に

いまのそのままの自分が本当の自分

そのまま、ありのまま、あるがまま
を感じることでしょうね


ありがとうございます

こんにちは(^^)

かつて、新しい場所で、新しい人と、ふれあった時に
「これは、本当の自分ではない…」と思ったことがあります。
でも、それは、まわりに遠慮があって、自分の本音をうまく
言えなかったからなんですよね~。

最初のうちは、多少の修正は仕方がないという事が
最近は、ちょっとわかってきました^^

Re: こんにちは(^^)

> かつて、新しい場所で、新しい人と、ふれあった時に
> 「これは、本当の自分ではない…」と思ったことがあります。
> でも、それは、まわりに遠慮があって、自分の本音をうまく
> 言えなかったからなんですよね~。
>
> 最初のうちは、多少の修正は仕方がないという事が
> 最近は、ちょっとわかってきました^^

野生の動物は仲間から外れて人間に育てられると、
群れにはもう戻れなくなります。
それは人間と暮らすことで、いろんな規制を身につけてしまうために
思い通りの動きが出来なくなるかららしいです。

つまり人間であると言うことは、無意識にまわりに合わせて
自分を作っていることでもあるわけです。
それは思っている以上に根深いものだと思われます。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX