« ホーム »

10人の男たち

10人の男たちが大きな河を渡って向こう岸までたどり着いた。

そのひとりがみんな無事だったのか確かめようと、男たちを数え始める。

「大変だ!9人しかいないぞ!」

「誰かがまだたどり着いていない、助けに行かないと!」

他の男が確認する。「1,2,3、...、9」

「ホントだ。ひとり足りないぞ!きっと溺れてしまったんだ。」

次々と男たちは数を数えるがひとり足りない。

「大変なことになってしまった!」

自分自身を忘れている男たちは、失ったひとりを見いだすまで、完全な世界を生きることが出来ない。

私自身がそこにいることを、なぜか無視してしまう。

ある人は、自分には存在する価値がないと思って、その存在を消してしまう。

別のひとは、世界は自分の中にあると思っているため、自分自身が見えなくなる。

夕焼け河


そこに、旅人が通りかかった。

騒いでいる男たちに声をかける。

「何かあったんですか?」

「かわいそうに10人いたのに、ひとりがたどり着いていないんです。きっと河に呑まれてしまったんだ。悲しくてみんなで泣いているところです。」

「それは大変なことでした、...
しかし、あなたたちは全部で10人いるようですよ!」

「そんなはずはない、みんなで数えてみたんだ。誰が数えても9人しかいない」

「そちらの方から、番号を唱えてみてください。」

10人目の男が「10」と数えて、はじめて自分の存在を思い出した。

「そうだ、私がいたんだ!自分を忘れていたから、こんなに悲しい目に遭ってしまった。」

10人目の私を、本当に見つめているだろうか?

私自身が訴えている声をちゃんと聞けているだろうか?

なにか物足りないのは、私自身を忘れているからだ。

「そんなことは、他の9人は望んでいないだろう。だから私は消えてしまおう。」

そう思ってはいないだろうか?

「あの人が許せない。あの人がいなくならないと、耐えられない。だからそれまで、私は存在しないでいる。」

「望んだって、私の望みはいつも叶えられない。だから私は自分の願いは考えてはいけないのだ。」

10人目の私が生きられるときが来るまで、私は待っているんだ。

その時が来たら、私を生きよう。

その時が来たら、私は自分の望みを考えてもいいのだ。

その時が来るまで、私は自分であってはいけない。

私はいつまでも、自分自身でいてはいけない。

許されないことをしてしまったからだ。

私が人数に入らないのは、10人のひとりだと思えないからだ。

それは、自分だけは他の9人とは違うと思っているから起こる。

皮肉にも「私という存在も、10人の中のひとりに過ぎない。」と思えたとき、

私だけを特別扱いしないから、良くも悪くも自分をひとりとして認められるようになる。

作り上げた「私」という存在を消したとき、本当の私を表に出すことが出来るようになるのだ。

それまでは、自分の本当の思いは、「私」によって生存権を握られてしまう。

「私がそんなこと思うわけないじゃない。」

こう宣言する「私」に、自分を奪われてしまわないようにしよう。

私も10人の中のひとりに過ぎないと思えたとき、自分を人数に入れる事が出来る。

それほど私たちは自分への評価が低いことを、自分のまわりの人で観察してみればわかるだろう。

自己評価の低さが、本当の自分でない「私」をせっせと作らせているのだ。

ありのままの自分をそのまま見られたとき、それを受け入れたら、

作り上げてきた「私」は役割を終えることが出来る。

「いままでつらかったんだよ。わたしがここにいると言えなくて!」

「ときどき顔を出すことはあっても、すぐに先にやることがあると言って忘れられてしまった」

「私」が、つまりエゴが、消えたとき、

世界は穏やかになり、

本当に世界は、わたしのためにあると思える時が来るだろう。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

本来のありよう

自己評価の低さ、あるいは高さが、幻想の私を創りあげている
ようですね

〝ありのままの自分をそのまま見られたとき、それを受け
入れたら、作り上げてきた「私」は役割を終えることが出来る〟

そこから、はじめて本来の自分を見ることができるのでしょう


ありがとうございます

こんにちは(^^)

10人のお話、なんとなく、お笑いにもありそうかな、
と思いました(^^)

自分自身の評価が低いと(あまりにも謙虚すぎたりしても)
まわりにも良い影響を与えないような気がするんですよね~。
かと言って、自分が正しい、一番だ!と思うのも、考えものですが。
自分を評価する気持ちを、持たない方が良いのかな、
なんて、思ってしまいました。

Re: 本来のありよう

> 自己評価の低さ、あるいは高さが、幻想の私を創りあげている
> ようですね
>
> 〝ありのままの自分をそのまま見られたとき、それを受け
> 入れたら、作り上げてきた「私」は役割を終えることが出来る〟
>
> そこから、はじめて本来の自分を見ることができるのでしょう
>
>
> ありがとうございます

自分への説明はどこまで行っても説明でしかない。
いくら説明をアレンジしても、言葉で説明出来ることは、いわば片面しか表現できないのです。
説明の裏側で見えなくなっていることも見ない限り、自分の全体を理解できないということです。

Re: こんにちは(^^)

> 10人のお話、なんとなく、お笑いにもありそうかな、
> と思いました(^^)
>
> 自分自身の評価が低いと(あまりにも謙虚すぎたりしても)
> まわりにも良い影響を与えないような気がするんですよね~。
> かと言って、自分が正しい、一番だ!と思うのも、考えものですが。
> 自分を評価する気持ちを、持たない方が良いのかな、
> なんて、思ってしまいました。

評価するというのは能動的な自分への観察になります。
能動的に評価をやっている限り、その裏に隠れた自分が置き去りになります。

評価しないためには、受動的な観察者になる必要があります。
別の言い方をすれば、すぐに今の状態を言葉で置き換えようとしていることに気づくことです。
言葉で表現した途端に、ある作られた存在になってしまいます。

「私は○○な人である」というのは正確ではない。
「私は○○な人であるし、○○でない人でもある」というのが正しいはずなのです。
ですが、後者は言葉を使う意味がなくなってしまうから、普通使わないで、前者の表現を使う。
その結果言葉で表現するとき、いつもそこから外れた自分は切り落とされていくのです。


sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
19位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX