« ホーム »

共依存から脱却するには

共依存で生きることを強いられてきた人が、そこから脱却するということ。

そのためには、他人からの感情の操作に抵抗できるだけの知識を持ち、信じ込んできた幻想から自由になる必要があります。

「そんなことは考えない方がいいよ」という他人の声に対して、従う必要があることなのかそうでないのか、それを自分で判断できるようにする訓練が必要です。

子どもの時に判断力も乏しく弱い立場にあるときに、親が操作的な人だったりするとその影響を受けることを拒否することなど出来なかったでしょう。

その結果、自発的な自分の考えや感情は間違っていると思い込まされて大人になります。
「自分の感情を信じてはいけない、自分が感じていいのは他の人も認めることだけだ。」
「相手の感情を傷つけたのは、全て自分の責任だ。」

そしてまた、裏返しで自分の側からも、他の人がそのように信じることを強要することにもなります。

大人になってからもその影響は続いているので、親以外からでも感情を操作するやり方には屈してしまうことになります。

「そんな考えを持つなんて、ひどい人間だよ、私は傷つけられた」
「なんで怒ってるかわかる?あなたのそのやり方はひどいことなんだよ。」
「そんな考えを持っていると、いつかひどい目に遭うよ、あとで後悔するよ」

大人非難


自分の意志や判断をもつことに充分な信頼を持っていて、また他の人との関係においても負い目を感じずに接することが出来る、そんな人ならばこういう脅しには乗らずにいることが出来ます。

しかし、いままで共依存の環境で生きてきた人にとっては、他人からこのような感情操作を受けると、すぐに自分の判断がぐらついてしまいます。

「やっぱり自分のしようとしていることは、間違っているのではないだろうか?」と考えてしまうわけです。

そこで、これまでの幻想を打ち砕いて、新しい自分が持つべき指針は次の点です。

「私は他人の言ったことで感情をコントロールされたりしない」
「私の感情は私自身がコントロールできる」
「私の感情の責任は私だけにある」
「相手の感情の責任は私にはない」

相手の感情は、その人が責任を持つことです。
あなたの自分の何かがその人の感情を傷つけたという脅しには乗らないことです。

あなたは自分の自発的な感情を信じることも許可されているのです。
「そんな風に感じるなんてダメだよ」と他人から言われる必要はないと言うことです。

やるぞ


これを頭に置いて、相手が自分の罪悪感に訴えて感情を操作しようとしてきても、きっぱりと自分の判断でそれが自分に必要かどうかを判断できるように訓練していくことです。

またその時には、共依存の関係にある人からは、抵抗に遭うことも覚悟する必要があります。
あるいはまた、自分自身の内側からも、「こんなやり方はよくないよ。今までのままの方が平和でいいんだよ。」といった抵抗が出てくるかもしれません。

しかし、自分の魂を売り渡したまま生きるのがいやなら、それは取り組む価値のあることです。
自分を取り戻せるまで、少しずつ繰り返して自分のものにしていくことです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
なにが期待できるかを知ること
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-37.html
他人に認めてもらいたいんだけど
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-51.html
批判を恐れる心理
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-62.html
スタンプを集める
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-19.html
寂しいのは自分がここにいないから
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-59.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX