« ホーム »

タオイズムの本質

タオイズム(老荘思想)の本質とは何かということでまとめてみました。
一般的な考えからすると、奇妙に見えるものも在りますが、全体として眺めてみると方向が見えてきます。


『自分で動かない』

何でも自分で為し遂げようとしない。

自分がやったことは価値があり、自然に為されたことは自分の名誉にならないと考えるから無駄なことに振り回される。

また他人ではなく自分に従うというのでは、まだ偏る可能性がある。

自分とはタオに従うものであることを忘れない。

このように自然に従っていれば、自分では何もしているつもりはなくてもことは為される。それが無為にして為すということである。

『意図しない』

賞賛や評価を期待して動くから、誰がやったことかが問題になる。

自分が意図したことがうまくできたことが成功だと決めているから、意識的な努力だけが大事だと考える様になる。

そうではなく、自然に起きてくることに従って生きる。

『シンプルに生きる』

ものごとの本質はシンプルな原理で説明出来る。

複雑なものに見えるのは、自分自身で複雑にしているだけ。

また複雑な見方をしているから、本質が見えてこない。

『論理でなく知恵』

論理で動くことがうまく働くのは、限定されたことに限られる。

人間にはわかっていないことは、論理で考えようがないが、それはものごとの大部分を占めている。

従って、論理だけで生きるのは、他のものを全部捨てて無視することになる。

論理で理解できないことも「知恵」によって生かしていく。

『謙虚』

知らないことばかりだと思っていれば、常に新しいことを受け入れる余地がある。

自分は知っていると思えば、矮小な範囲だけですべてがわかった気になって、傲慢で自己中心的な行為を生み出すが、それは長続きしない。

何も知らないと思って動けば、何でも取り組めるが、知っていると思っている人は知っていることでしか動けなくなる。

『争わない』

暴力や競争、論争はマイナスを生み出すから排除する。

なんでもかんでもイエスを言うわけではないが、自分が引かないと今より競争が大きくなると判断したら、自分の負けでも何でもいいからさっさと手を引く。

争いを伴うやり方は、たとえ先に進んだように見えても崩壊の元も育てていることになる。論争に入ってもエゴを大きくするだけで実質的な進展は生み出さない。

『陰陽二極』

すべてのものは、陰と陽という反対の性格の両極のバランスで成り立っている。

比較とはこの両極のどの位置にあるかということに過ぎない。

どの位置が正解ということもなく、バランスを忘れないことが肝心。

反対側を知らないで1極にしがみつくことが、不自然で無理なやり方を生み出し、それによって苦しめられることになる。

「どこが正解か」ではなく、いつでもバランスを取りもどせるニュートラルな位置からものごとを眺められるということがすべての鍵になる。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


夕陽2

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

共感いたします

『自分で動かない』

『意図しない』

『シンプルに生きる』

『論理でなく知恵』

『謙虚』

『争わない』

『陰陽二極』

いずれも共感できる言葉、ありようですね

『陰陽二極』、これは最近、よく感じることで、何かを目指す時に
反対のものが現れてくる体験によく出逢います。陰陽の性質が
出ているだけだと、納得していればよいのでしょうが、なぜ?と
動じてしまうこともあります


ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX