« ホーム »

おぼえがき

作家


自分の可能性を広げたいのなら
我慢して結論を出さないでいられることが必要。

ニュートラルなまま答えを保留にしていることが
どれだけ出来るかで、
どこまで自分を変化させられるかが決まってくる。

そのうち、この辺で良いだろうと思って、
いまの自分を人に理解できるように説明しようとする。
そして、説明をはじめた段階で可能性は限定されてしまうことになる。

一旦説明をはじめたら、あることないことその説明に合うように
自分を作り上げていくことになる。

混沌の中にとどまるのは、落ち着かないから
早く何かのルール化をしてしまいたくなる。

その誘惑にどれだけ耐えられるか
それが変化の大きさに反映されるだろう。

自分をよくわからないうちに、誰かの言うことを信用しないこと。
信じて依存するようになれば、そこで変革は終わってしまう。

その時点で理解している自分が反映された社会を見ることになる。

いくら新しい出会いを追い求めても、
自分を超えたものは発見できるわけがない。
見えないし、理解できないから、と言う理由で。

混沌に耐えてとどまるとき、本来の自分がようやく姿を見せ始める。

それはシャイなので、強力な他人の意見という誘惑にであうと
すぐに姿を隠してしまう。

外側に存在するルールは、どんなに新しく見えても
賞味期限が切れたら役立たずになってしまう。

内側から出てくる啓示は、こじつけたものではないから
いつまでも新鮮さを失わないで、
その時の自分に最適なものになる。

だから状況がどうあれ、妥協しないことだ。
その時の意志などあてにならない。
妥協しないということだけに頑固になろう。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

無 限

味わい深いメッセージですね

〝混沌の中にとどまるのは、落ち着かないから
早く何かのルール化をしてしまいたくなる〟

人の、エゴの性とも言えますかね

言葉にすることも、ルール化の一つなのかもしれません

ただ感じていることは、無限の拡がりがあるような
気がします


ありがとうございます!

Re: 無 限

> 味わい深いメッセージですね
>
> 〝混沌の中にとどまるのは、落ち着かないから
> 早く何かのルール化をしてしまいたくなる〟
>
> 人の、エゴの性とも言えますかね
>
> 言葉にすることも、ルール化の一つなのかもしれません
>
> ただ感じていることは、無限の拡がりがあるような
> 気がします
>
>
> ありがとうございます!

言葉に表して自分がそれに同化してしまうと、
生きることが言葉に支配されてしまいます

言葉は言霊という人がいますが、
それは自分が言葉にそういう力を与えてしまっているから、かもしれませんね。

私は今ある者。

過去でもなく未来でもなく

今ある者。

今に生きるという事は今を選択し生きるという事。

過去にあった事を未来にある事を考えても選択出来ません。
そもそも、今を考える以外にどうでもいい事なのです。しかし、執着し認められず手放せない者がどれだけ増えたでしょうか?

自分が創る物語に出てくる登場人物、ありとあらゆるモノに惑わされてはなりません。所詮、自分が見れない見えない者に惑わされているだけです。

今を生きる。そこには何者にも惑わされない自由が待っています。

感謝感謝

リチュアルマスター
あきら



こんにちは(^^)

自分の事を説明してしまうと、行動が、せばまりそうですよね。
その説明どおりに行動ができなければ、ストレスも感じそうー、
と思ってしまうんですよね。
私は、今までも心の中で、そういう事を感じていたので、
人に、自分のことをあれこれ説明しないのかな、と思いました。

妥協…そうですね、それは、しないように心がけます^^
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX