« ホーム »

無欲で見れば、妙が見えて来る

何かを必死で探し求めていると、
それさえ手に入れば
すべてうまくいく様な気にさえなってきます。

だけどそれが手に入っても、
せいぜい目の前の問題がひとつ片付くだけなんですね。

それでも、他の事が目に入らなくなるのが
こころのくせというものでしょうか。

無欲で見れば、そこに「妙(みょう)」が見えて来る。
欲にかられて見れば、そこに「徼(きょう)」が見えて来る。



「妙」はきれいに澄み切った様子を表します。
「徼」は欲がぶつかる世知辛い世の中の様子を表します。

私たちがいつもやっていることとは、
言葉では「妙」に住みたいと願いながら、
いざ動こうとすると
気づかないまま「徼」の中に突入し手いることに気づくのです。

無駄な競争はやめようと言い聞かせていながら、
隣の人が駆け足になると、自分もつられて速歩になってしまう。

そして、あとから何でこんなに苦しいのだろうと思うのです。

故常無欲,以觀其妙,常有欲,以觀其徼
老子道徳経 第一章



夕日1
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

味わい

〝無欲で見れば、そこに「妙(みょう)」が見えて来る。
欲にかられて見れば、そこに「徼(きょう)」が見えて来る〟


味わい深いメッセージですね

そのまま、ありのまま、あるがままが妙そのもの
なのかもしれません


ありがとうございます




こんにちは(^^)

「妙」に住みたいと思いながら、「徼」に行っている事、ありますね~。
やっぱり、他人の動向が、気になったりもしますしね。

若い頃は、他人が頑張っているから、自分も、
と、思うこともありましたが、最近は、「自分は自分」と
思うことが、多くなったような気がします。
自分の事がよくわかってきたのか、あきらめなのかは、
微妙ですが^^

Re: こんにちは(^^)

> 「妙」に住みたいと思いながら、「徼」に行っている事、ありますね~。
> やっぱり、他人の動向が、気になったりもしますしね。
>
> 若い頃は、他人が頑張っているから、自分も、
> と、思うこともありましたが、最近は、「自分は自分」と
> 思うことが、多くなったような気がします。
> 自分の事がよくわかってきたのか、あきらめなのかは、
> 微妙ですが^^

あきらめというと、まだ未練を感じますが、
「全部自分の力でやる」という傲慢さを捨てると考えると
受け入れやいかもしれませんね。

子どもの頃から、「自分でやりなさい」とは教えられるけれど、
「まかせることも覚えましょう」とは教えられない訳ですが、
それは大人になってから自分で覚えるべきことなのかもしれませんね。

こんばんわ

常に積み重ねを意識する現代人には、PAOさんや老子の言うことを自分の知識で理解しようとするでしょうが、そうはいかないのです。考える事自体が無意味ですな。

まぁ常にアホでいることが肝要です(笑)
殆ど素通りでよいのですが、1つ1つのドラマの悲劇の主人公になってしまうと自分を見えなくさせてしまうもの…

自立というものを促す。これがタオですな。


感謝感謝
あほあきら。



Re: タイトルなし

> こんばんわ
>
> 常に積み重ねを意識する現代人には、PAOさんや老子の言うことを自分の知識で理解しようとするでしょうが、そうはいかないのです。考える事自体が無意味ですな。
>
> まぁ常にアホでいることが肝要です(笑)
> 殆ど素通りでよいのですが、1つ1つのドラマの悲劇の主人公になってしまうと自分を見えなくさせてしまうもの…
>
> 自立というものを促す。これがタオですな。
>
>
> 感謝感謝
> あほあきら。

「アホにならないと見えない」
まったく、そう言いたくなってきますね。

器用に立ち回れたことを自慢したい人ばかり目立ちますが、
途中でそれが何も生み出さなかったことに気づいて、
何をやっていたんだろうと思える人はまだ救いがあります。

しかし、あくまで自分のやってきたことが意味があったと
無理矢理こじつけるのを続けたくて、
空しい闘いをやめない人もいっぱいいるようです。

その通りの様です。
PAOさんや私、老子の言いたいことは決して表面に書かれてはおりません。
単なる概念になるからです。

人々はいつから斜に構え、礼儀を0儀にしてしまったのでしょうか?日本人にある謙虚さも忘れ、平に成ると託された平成の年号も忘れ評価し合う。そしてその膨大な禍々しい波動は日本を覆い尽くしている。日本の頭はどっち付かずの態度を取り一番謙虚さとは程遠いモノを世界に表明したことを恥ずべきことだと気付いていない。それを評価する人間は更に恥ずかしいと気付いていない。実に悲しい事です。

意識を低く低く、何も知らないから学べるという事を思い出さない限り世界は崩壊に向かうでしょう。積み重ねた知識には結果、破壊しかないのです。

老子は、2500年前から既にそれを知っていました。この世界が大好きだからこそ、日々変わる世界の今に生きて欲しいと願いを込めて残した叡知を無駄にするような事にはしたくないものです。

賢者は《今を感じる》ことを大切にするのです。

感謝感謝。
あきら



sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX