« ホーム »

「怒り」の感情について

All Aboutに「怒りを伝えるときに言ってはいけない言葉とは?」というのがあげられていたので引用してみました。

これは言い換えれば、怒りを挑発する、引き金になる言葉と言う言い方も出来るでしょう。

1 「だからお前はダメなんだ!」?人間性へのダメ出しをする
2 「どうせわたしは○○だよ!」?自分を卑下する
3 「あんたには無理だよ」?最初から不可能だと決めつける
4 「女の考えそうなことだ」?性別、出身地、家系、所属によるものだと決めつける
5 「他でもやってるんだろう!」?根拠のない憶測をする
6 「どうして○○みたいにできないの?」?他人を引き合いに出す
7 「あのときだって○○だったし・・・・・・」?過去を責める

キレずに「怒り」を伝える方法 - [ストレス]All About
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20050415A/


どうでしょうか?
人によって様々だと思いますが、どれかに特に反応しやすい傾向があったりするのを感じた方も多いと思います。

怒りは、生物的な低次の反応として他の動物にも見られる感情、行動ですが、人間の場合には、直接、身体的、生理的な要求の阻害が生じる場面よりも、もっと複雑化した怒りの方が身近に見られるのではないかと思います。

怒りという感情を持った場合に、実はその下に他の本当の感情が隠れている場合が多いと言われます。たとえば、悲しみや寂しさといった感情です。

これは、本当の感情を見せることで傷つくことを避けるための、防衛から来るのではないかと言われています。

叫ぶ主婦             怒る主婦1


たとえば、「だからお前はダメなんだ!」と自分がいう時、実は「優しく自分の身を案じてくれる相手の反応」を期待していたのに、それが裏切られたことからきているのかも知れません。
そういわずに「優しくして欲しい」と相手に伝えた場合、それは拒否されるかも知れません。

それがあまりにも自分に耐えられないと感じた場合、それが拒否されるくらいなら、怒りをもちいて、そのような本当の感情を自分は持っていなかったんだ、というように振る舞ったほうが安全だと考えるわけです。

怒りの感情への対処としては、それを抑える込んでしまうことは解決にはならないでしょう。
自分が怒っているということを認めること、感じることが、まずは必要なことです。

その上で、
・自分がどういう時に怒る傾向があるのか。
・怒りの表現の仕方はどのようなかたちを取りやすいのか。
といったことをを余裕がある時に振り返って知っておくこととです。
これは、自分の怒りの感情とうまくつきあっていく上で有効な手がかりになります。

また直接的な怒りの表現を使わない傾向があるとしたら、自分では怒っていることを意識できていないかも知れません。

怒りを感じる状況では、直接怒りを表す以外にも、引きこもってしまうとか、不平不満をため込んでしまう、あるいは自分を被害者にしたてることで怒りを隠すかも知れません。
このような傾向に気づかずに自分の怒りを隠していたのでは、、自分の怒りを認めたり、またその下に隠れている本当の感情が何であるのか知ることが出来ません。

困る主婦               困る


いやな感情は、他の感情でも言えることですが、なかなか認めるのがつらいものです。
しかし、一時の不快感を避けてそれを隠し続けることは、もっと大きな問題の原因になる可能性が高いと言えます。

あまりため込まないうちに、徐々に自分のいやな感情とも、つきあっていくようにするのが健全だと思われます。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 



[関連記事]
素直な人はやわらかい
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-41.html
他人の中に見る自分のこころ
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-35.html
他人から批判されたら
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-36.html
批判を恐れる心理
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-62.html
「私こそごめんね」
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-71.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX