« ホーム »

許す、許せない、許す

ヘミングウェイの短編にあるお話だそうです。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

不幸な出来事が重なって、親子は仲違いして少年は父親を置いて家を飛び出す。

息子を捜し続ける父親は、最後に新聞の尋ね人欄に広告を出します。

愛するパコ。
明日の正午、マドリードの新聞社の前で会おう。
すべてを許す。愛している。


翌日の正午、新聞社の前には
許しを求めて800人のパコが国中から集まった。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

参考
幸福セラピー グレン・ヴァン・エカレン
ディスカヴァー・トゥエンティワン / 2005-12-06 /

新聞


普段は何気なくくらしていても、心の奥底で許しを求めている人は、こんなにいるわけです。

許しを求めているとは、自分を許せないでいる人がいるということです。

自分を許せないことと、誰かを許せないことは非常に密接に絡み合っています。

片方が存在すれば、もう一方もあると言ってもいいくらいです。

誰かを憎んでいれば、それは対象を外に向けているということですが、
同時にそんな自分の思いを許せないで自分を責めている自分も存在するように思えます。

そして、二人の間で、片方が「すべてを許す」といったとき、普段は隠していた憎しみや罪悪感が一気に目を覚まします。


例えば、子どもの頃、両親が忙しくてあまりかまってもらえないことが多かったとしたら、
子どもは寂しかったり、甘えたい欲求を我慢するしかないと思い、そういった感情を育てないようにします。

大人になるにつれて、そういった我慢は当たり前のことになり、大人はそんなことはいちいち感じないのが普通だと思うようになります。

心の中に抑圧されていった思いは、本当はお父さんお母さんに甘えたかったことを感じなくしていきます。

しかし、時折それは、親への恨みや怒りとなって表れたり、許せない思いを育てているのかもしれません。

ひとつの許せない思いは、さまざまに形を変えて、さまざまな相手に対してそれを投影します。

また、そんなことを感じる自分自身への怒りは、罪悪感として感じられてきます。

そんな思いは、どんな環境に育っても、多かれ少なかれ大人になっていく中で蓄積されていきます。

ですから、誰かが「すべてを許す!」と叫んだら、一斉に振り返りたくなるのです。

許せない相手は、必ずしも憎いと思うだけではありません。

もしかすると、相手と目を合わすのが恐いと感じて、恐怖症の形をとるかもしれません。

いずれにしても、「許せない、でも本当は許したい」という思いが蘇ったとき、
私たちは冷静さを失ったり、憂鬱な思いが押し寄せてきたりします。

できることは、相手にかかわらず、自分が許すことだけです。

ゆるすことは、ほかの誰のためでもなく、自分自身の解放のためと思って許すのです。

そして許せないという思いは、相手には何の効果もなく、
自分を痛めつけているだけだと気がつく必要があるのです。

早ければ早いほど、ダメージを大きくしなくて済むのです。
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

ゆるす

 
息の長いテーマかもしれませんね

どんなに寄り道しても、

まずは、自分をゆるすこと、

そのまま ありのまま あるがままの自分を

ですね


ありがとうございます

どんな境遇であれ、そこに居るのは自分です。外側を憎むのは自分の造り出した創造物を憎むということ。ならば、自分を憎んでいてはどうにも創造は進むどころか、また同じ無限地獄に陥るという訳ですね。

あなたやその周りに集まる方々、私やその周りにいる方々、全ては氣づく為に置かれている創造物です。こうして見てコメント、自分に対しコメント出来る場を用意していただき感謝です。

繰り返しを腑に落とし新しい風を受け入れ一人になっていく。それがタオに通ずる道ですな。
自分を救うのは自分のみ。
有難う御座います。
リチュアルマスター
あきら(o^∀^o)





こんにちは(^^)

「すべてを許す」という言葉、重いですね~。
相手の思いや、自分の気持ちをあれこれと考えてしまいそうですね~。
「人を許せない」とい気持ち、私は、ずっと持ち続けることは、
できなさそうです。
嫌な気持ちになっても、すぐに忘れる事が多いですね~…。

子供が、心の中に抑圧されていく思いを持たないよう、
日ごろから気をつけなければならないなぁ~、と思いました。

Re: ゆるす

>  
> 息の長いテーマかもしれませんね
>
> どんなに寄り道しても、
>
> まずは、自分をゆるすこと、
>
> そのまま ありのまま あるがままの自分を
>
> ですね
>
>
> ありがとうございます

いつまでも気づけていない自分を見つけるかもしれませんが、
確実に楽になっていきますね。

Re: タイトルなし

> どんな境遇であれ、そこに居るのは自分です。外側を憎むのは自分の造り出した創造物を憎むということ。ならば、自分を憎んでいてはどうにも創造は進むどころか、また同じ無限地獄に陥るという訳ですね。
>
> あなたやその周りに集まる方々、私やその周りにいる方々、全ては氣づく為に置かれている創造物です。こうして見てコメント、自分に対しコメント出来る場を用意していただき感謝です。
>
> 繰り返しを腑に落とし新しい風を受け入れ一人になっていく。それがタオに通ずる道ですな。
> 自分を救うのは自分のみ。
> 有難う御座います。
> リチュアルマスター
> あきら(o^∀^o)

あきらさん、すばらしいコメントありがとうございます。

Re: こんにちは(^^)

> 「すべてを許す」という言葉、重いですね~。
> 相手の思いや、自分の気持ちをあれこれと考えてしまいそうですね~。
> 「人を許せない」とい気持ち、私は、ずっと持ち続けることは、
> できなさそうです。
> 嫌な気持ちになっても、すぐに忘れる事が多いですね~…。
>
> 子供が、心の中に抑圧されていく思いを持たないよう、
> 日ごろから気をつけなければならないなぁ~、と思いました。

親が気づいていることは、こどもも自然に身につけるものですね。
子どもが予想しない行動をとったとしたら、親の方にも該当することがあるのかもしれません。
時には厳しい気づきになるかもしれませんが、それも学びですね。

自分を許すとは?

こんばんは。

今回のテーマ”許す”ということでしたが、うつ病だとよく

「まず自分自身が自分を許してあげる」
「まず自分自身が自分を受け入れてあげる」

などとよく言われます。
なるほどなぁ~とは思うのですが、いざ自分がやってみようと思っても具体的な方法がわからないのです。

細かしい話で申し訳ないのですが、ありのままの自分を認める?ようなことでしょうか?

確かに私は物事に対して否定的な考え方をしていて自分が大嫌いです。困ったもので30年間の癖で根がそれになってしまっているため気づけばネガティブスイッチONで手遅れ状態です。

なにかアドバイスいただけたら幸いです。お願い致します。

Re: 自分を許すとは?

> こんばんは。
>
> 今回のテーマ”許す”ということでしたが、うつ病だとよく
>
> 「まず自分自身が自分を許してあげる」
> 「まず自分自身が自分を受け入れてあげる」
>
> などとよく言われます。
> なるほどなぁ~とは思うのですが、いざ自分がやってみようと思っても具体的な方法がわからないのです。
>
> 細かしい話で申し訳ないのですが、ありのままの自分を認める?ようなことでしょうか?
>
> 確かに私は物事に対して否定的な考え方をしていて自分が大嫌いです。困ったもので30年間の癖で根がそれになってしまっているため気づけばネガティブスイッチONで手遅れ状態です。
>
> なにかアドバイスいただけたら幸いです。お願い致します。

こころは中が見えるわけではないので、いろんな説明の仕方がありますが、1つの考え方の原理的なことからお話しします。

まず、生きているということは、人間に限らず生きるという方向を持っていると思います。
たとえば、植物は種から双葉を開き、やがて花を咲かせ、実をつけて、再び次世代のための種を残す。
こういった流れが生きる方向であり、自然な流れなわけです。
ほかの生き物は外的な制限さえなければ、自分から生きる方向を逆行するようなことはないのですが、
人間だけがそれに逆らったことをしてしまう。

心の問題も、この生きる方向に逆らうところから起きてくると考えれば、生きる方向、自然な方向を、
つまり本来の方向を取り戻せばいいわけです。

たとえば、自分を嫌うというのは、自分(他者でも同じ)を罰したいという思いがあるわけです。
なぜそれが起きるかは、ここでは省略しますが、それは生きる方向に逆らっていることです。
だから、それは方向が間違っているのだからやめて、正しい方向の行動のみを受け入れればいいわけです。

正しい方向かどうかは、正直に考えればわかるはずです。
わからないとすれば、反対勢力が巧妙に自分が変わらないように仕向けてくるからです。
ひたすら、今自分が向いていいるのはどっちの方向かを、とことん正直に感じてみることです。
生きる方向であれば、ほっとした安らかな感情が生まれるのに対し、間違った方向は、
何か違う感じ、何か嫌な感じ、なにか憂鬱な感じを伴っています。
ですから、頭がどんなに正しいと説明していても、後者を信じてはいけないのです。

これが原則です。テクニカルなことはいろいろあるでしょうが、原理を考えていけば間違いないでしょう。

もちろん簡単だとは言いません。
今までのやり方を何とか変えずに続けたいと思わせる抵抗が存在するし、
それがどれほど強いかは人によって違います。
それでも、根気よく生きる方向だけを認め、そうでないものを手放す。
これに尽きるわけです。




ありがとうございます。

早々のお返事・アドバイスありがとうございます。

>正しい方向かどうかは、正直に考えればわかるはずです。
>わからないとすれば、反対勢力が巧妙に自分が変わらないように仕向けてくるからです。

悲しいことにサッパリわかりませんでした。
自分でも反対勢力がかなり巧妙にしかも頑固にできていると感じます。そしてそういう人間にできあがってしまったと思います。

paoさんからいただいたこのアドバイスをプリントアウトして毎日読んで正しい方向をみつけられるように考えるようにします。

本当にありがとうございました。

副業の私でコメントさせていただき申し訳ありません。

しかし、他の自称スピリチュアルと貴方の書くブログ違いは今を生きるという。真のスピリチュアルに通じていることです。

タオは果てしなく…
あきら。
あっこれからは普通の人でコメントします(o^∀^o)

では(^O^)

No title

パコの話、興味深いですね。
私自身、許したくても、なかなか許せない人がいて、苦しんでいます。
人を憎むことは自分も憎むことに繋がっていて、居心地がわるいですね。
時間を掛けてでも、自分も、その人も許していきたいと思っていますが、まだまだ時間がかかりそうです。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX