« ホーム »

老荘思想のコラム連載(16)

『COCORiLA (ココリラ) ~癒しのポータルサイト~』様にて老荘思想のコラムを連載中です。

【今月のコラム】

「現代社会と老荘思想(16)」 [2011/05/01] ◇我を張らない生き方◇

現代社会と老荘思想



◇我を張らない生き方◇

天はどこまでも広いし、地ははてしない。
そのように天地がどこまでも長らえていられるのは
自分から何かをしようとせずに、そのままに生きているからである。

そして、タオに則って生きる聖人も、
人の後ろにいて先頭に立とうとはしないが、いつも前にいるのだ。
人の争いなど参加せずに外側に身を置いているから、身体を保つことが出来る。

自分の為に何かをやろうとしないから、
ありのままの自分が存分に生かせるのだ。

老子道徳経 第七章

この章で老子が言おうとしているのは、天地が何も自分の好き勝手にやろうとしないように、人間も自分でやろうとしたがる傾向から外側に身を置いみようということです。
そうすれば、自然のまま、ありのままでいて、無理をしない生き方で身をすり減らさずに保つことが出来るのだというのです。

自分の為に何かをやろうとしないと言うと、そんなに謙虚さだけで自分を主張しないでいたのでは、世の中を渡っていけないと思われるかも知れません。

しかし、自分を主張するとは一体どういうことでしょうか?
それがないと、自分というものがなくなってしまうと思い込んでいますが、そこで自分だと思っているものは、実は他の人と比較した相対的な自分の価値を主張したがっているだけではないでしょうか。

プライドが許さないと言っているときに感じているのは、自分の方が上だと密かに思っていたのに、その価値が脅かされそうになって、焦っている恐れの感情のようです。
これに関しては自分を譲れないと思っているのは、その位置にしがみついていなければ、自分の存在価値がなくなってしまい、自分が消えてしまうと思っているのです。

いいかえれば、絶対的な自分の価値を感じていないから、他の人と比べた相対的な価値で自分を測るしかないのです。
自分が今まで築いてきた位置を奪われてたまるかと思って、必死にしがみつこうとするから、競争に身を置くしかないのです。

◇--------------------------------◇

相対的な価値を追い求めるから、いつも出遅れないかと気を配っていなければならない。
その努力を自分の向上心だと思っているから、自分をしばることがやめられないし、そのようにしない人を見くびったり、文句を言いたくなるのです。
本音を言えば、自分がこれだけ気にして生きているのに、何でお前もやらないんだと言いたくなるのです。

ですから、自分が気にするのをやめて、ただここで起こることに対処すればいいのだとわかれば、他の人にひとこと言いたくなる気持ちも薄れていきます。
そんな努力よりも、いま目の前のことに集中して対処できるようにもなるのです。

気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ



以下のサイトで連載しています

癒しのポータルサイト:COCORiLA (ココリラ)

【今までの連載記事】

「現代社会と老荘思想(1)」 「老子の三宝」
「現代社会と老荘思想(2)」 『道の道とすべきは、常の道に非ず。』
「現代社会と老荘思想(3)」 「すべては、もとはひとつ」
「現代社会と老荘思想(4)」 「無為(wu-wei)」
「現代社会と老荘思想(5)」 「上善若水」
「現代社会と老荘思想(6)」 「柔らかいものが堅いものに勝つ」
「現代社会と老荘思想(7)」 「無為によって全てを成し遂げる」
「現代社会と老荘思想(8)」 「自然な調和を取り戻す」
「現代社会と老荘思想(9)」 「天網恢々、疎にして而も失わず」
「現代社会と老荘思想(10)」 「自然はたえず変化する」
「現代社会と老荘思想(11)」 「役に立たない生き方」
「現代社会と老荘思想(12)」 「冬の川を渡るがごとく」
「現代社会と老荘思想(13)」 「私の本質は波ではない」
「現代社会と老荘思想(14)」 「和光同塵」
「現代社会と老荘思想(15)」 「余 地」


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

今、目の前

〝ただここで起こることに対処すればいい〟

それだけのことなのですね

それを、解釈しようとか、評価・判断しようとかするときに
今ここの位置から離れてしまうようです

今ここでキーを打っている私
それだけ、です(嬉笑)


ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX