« ホーム »

みっちゃんの手、ちょっと噛むか?

「みっちゃんの手、ちょっと噛んでいい? そしたらうれしくなって元気出そうやなあ」
 みっちゃんはもちろん、すぐに走って逃げていきます。みっちゃんは熱いのだいきらいだから、火のそばもきらいです。痛いの大きらいだから、歯医者さんへは行きません。恐いの大きらいだから、犬のそばにも行きません。一度ベルトのバシンという音を聞いてからは、ベルトをしているという理由だけで、みっちゃんにきらわれてしまうくらいなのです。
「痛いの嫌なんやて」「痛いの恐いからダメなんやって」と言いながら、すぐにいなくなってしまいます。

 みかちゃんが亡くなったとき、私は自分で悲しい気持ちをどうしたらいいのかわからなくなりました。子供たちの前なのに、立っていられないくらい悲しくて、その悲しみをなかなか受け止めることができずにいました。放課後も一人教室に残って、やっぱり泣かずにいられなかったとき、ふと気がつくとみっちゃんが家に帰らずに立っていました。「どうしたの?」と尋ねると、みっちゃんは私の目をじっと見つめて言いました。
「山元先生、みっちゃんの手、ちょっと噛むか?」
 みっちゃんはもしかしたら、噛まれて恐くなったとしても、痛くなったとしても、私を元気にしてあげたいと思ってくれたのだと思います。私はみっちゃんのやさしさに胸がいっぱいになって、みっちゃんを抱きしめました。それから、せっかくなので痛くないほどみっちゃんの手をちょっとだけ噛みました。そしたら、悲しい気持ちがなおっていったようでした。みっちゃんはそんなやさしい女の子でした。



以上前にも紹介した 山元 加津子さんの『違うってことはもっと仲良くなれること』から引用しました。

不思議そうな女の子


じっと先生の目を見て、先生を元気にしてあげたいという思いは、いつも怖がっていたことも逃げないでやってみる気にさせたようです。

何らかの理由で、自分はこれをやらないと言い聞かせていること、「これは嫌いだから私には無理」と思っていることも、いざとなったらどっちだっていいことに変わるかもしれません。

いまは、そんな言い訳をしていられる余裕があるから、そうしているだけ。

そんな回避行動は、まわりの人との関係でもパターンを作り上げてしまいます。

これを言われたら、私は絶対許さない。
こういわれたら、こう言い返してやる。
こんなこというなんて、信じられる?!

このような構えは、相手の引っかけを見つけたらすぐに、反応を始めてしまいます。

本当は、そんなことを言いたいわけでもないのに、なんでこんなことを言ってしまうのだろう。
途中でそう思っても、いったんそのパターンに入り込むと引くに引けなくなる。
まるで、申し合わせた脚本を演じるように、相手の反撃を期待し、自分の役割を演じてしまうのです。

しかし、そんなうそに飽き飽きしたら、そんないつもの嫌なやりとりを本気でやめたいと思うなら、すくなくとも自分の方はパターンをぶちこわすことが出来るわけです。

それは一時的に恐かったり不愉快な感じがするかもしれません。
なぜかと言えば、いままでのパターンに守られて嫌な感じを持ちながらも、予期しないことが起こるのを予防してきた方法だからです。

いつもの嫌な結末を予期しながらも、新しい関係になったとき何が起きるのか想像が付かないから、恐くてパターンを壊せないでいるのです。

それは非常に根深い場合もあるかもしれませんが、たいてい何かきっかけさえあれば「わかった、やればいいんだろ!」と開き直れる程度のことが多いのです。

みっちゃんが「先生がかなしそう、元気にしてあげなくては」と思ったとき、いつもの怖さが消えていったのです。

すくなくとも自分の側ではゲームに参加しないと決めたら、自分を正当化する言い訳を全部却下してみる。
そして、相手の言葉には載せられないようにします。

相手が何を言っても、その「言葉」は聞こえてこない。
自分に感心のない商品名は、CMがいくら連呼していても音にしか聞こえないように、相手の「言葉」はいつもの意味を持って聞こえてこないようにするのです。

自分の側で、自分を正当化する言い訳を用意して身構えているから、相手の「言葉」は格好の餌になってしまうのです。

言葉が自分にダメージを与えるのは、自分の方に弱みがあるからです。
言葉が自分をいい気分にしてくれるのは、やっぱり自分の方でそれを聞きたがっているからです。

それに反応してスイッチを入れてしまえば、いつものパターンに入り込んでお互いが譲れなくなってしまうのです。
これはいつもの「あれ」だと気が付いたら、スイッチを自分で切ってしまうことです。

それが、「みっちゃんの手、ちょっと噛むか?」というような心に響く言葉を生み出してくれます。
実は、意地を張らなければ、誰でももっとやさしくなれるのです。



【引用文献】
『違うってことはもっと仲良くなれること』
著者: 山元 加津子 / 樹心社 / 2003-04 /


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
3つの自分/あなたを解放しよう
流れに任せる/抑圧された自分の声を聞いてみよう

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

優しい逸話

優しい友人の話は胸にしみますとともに、
幼い時にこういう方に出会えたことは何よりの宝物だと感じます。

昨日はアクセス集中とのこと、入室不能でした。
すごい人気です。感服。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おめでとうございます

復活良かったですね

応援ポチポチ!

です


ありがとうございます

No title

昨日はサーバーエラー。
今日はサイドバーが表示されないので置手紙が
クリックできません。

他のFT2ブロガーの方にも同じ現象が・・・

何に障害聞きませんか???

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

反射的に拒否してしまうことがままあります。
あとで
「なんで素直に聞けなかったのかなぁ」
って反省することになるんですけどね。
耳の痛いお話です。。。

まだブログが復活できません

日曜日くらいから、障害でブログが更新できません。
何も出来ない状態で、みなさんにお知らせするにもなかなか手段がなくて、ごめんなさい。
それにしても時間がかかりすぎσ(TεT;)。

コメント頂いてるみなさん

コメント頂いてるみなさんにも、公開する処理も出来ないでいます。
m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX