« ホーム »

自分の中に毒を持て 岡本太郎#2

引き続き「自分の中に毒を持て」のレビューです。
いたるところ刺激的な言葉に満ちているので、なかなか先に進めないでいます。

”いずれ”なんていうヤツに限って、現在の自分に責任をもっていないからだ。生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。
過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。



本当にやってみたいと思っていることを、今すぐ始めようと言っているのです。
もし、誰も文句を言わず、失敗したとしても咎められない、何をやってもいいと言われたらどうするだろう。
それこそが、自分が本当に情熱を持って生きられると思うものを生き返らせてみよう。
やるべきことに押し切られて、奥に隠してしまった自分の魂をいまここで表現してみよう。

現在を充実しないまま、未来にいまの自分を売り渡してしまうと、きっといつか後悔することになるでしょう。
計画という名の下に、これから数ヶ月、数年間にわたる自分の未来の生き方を決めてしまうのは、自分の未来を目的と引き替えに売り渡してしまうことでもあるのです。

目的の前に、今は我慢するしかないと言い聞かせて、黙々と働いていると、ふと振り返ったときに自分は何をやっているんだろうと思うに違いありません。

そんな声をだまらせるには、成果を見せるという手段が使われます。
この成果の一覧を見てごらん、こつこつとやり続けたからこれだけの成果が上がったんだ、怠けていたらこの表は空白のままだったんだよ!

しかし、計画などなくても、今を精一杯生き続ければ、同じように振り返ったときに成果の山は築かれることになるのです。
それでも、計画的に生きたいと思うのは、安全に行きたいという思いや、いつもいつも目一杯生きるなんて疲れるじゃないかという思いがあるのかもしれません。

この先どうなっていくのかを、予測したいという思いから、いま自分は目標を持ち、それに沿って生きているからとりあえず安全なんだと信じたいわけです。

それがあまりにも当たり前になってしまうのは、学校教育を受ける間に、すっかりそのような生き方が望ましいのだと刷り込まれてしまうからでしょう。

予定通りに成果を出して提出できることが模範とされるわけだから、いつのまにか冒険をして別のやり方に挑戦しようという意欲はどんどん失われていきます。

いまさら、成果があるかどうかわからない狩猟生活のようなことをしなくても、結果が予測出来る安全な方法をとるんだというわけです。


だけど、ぼくはまったく逆のことをやって生きてきた。ほんとうに自分を貫くために、人に好かれない絵を描き、発言し続けてきた。一度でいいから思いきって、ぼくと同じにだめになる方、マイナスの方の道を選ぼう、と決意してみるといい。
そうすれば、必ず自分自身がワァーともり上ってくるにちがいない。それが生きるパッションなのだ。いまは、ほとんどの人がパッションを忘れてしまっているようだ。



機嫌が悪い


安全な生活を続ければ、かならず「退屈」というものが現れてきます。
「退屈」とは、安全を優先して押さえ込んでしまった冒険心のうずきがもたらす黄色信号のようなものでしょう。

岡本太郎は、それに気づいてあえて「危険な道」を選択することにしました。
「危険な道」を選ばない限り、生きている実感は失われると感じたのでしょう。
それが、「生きるパッションなのだ」と。


自信なんてものは、どうでもいいじゃないか。そんなもので行動したら、ロクなことはないと思う。
ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘いつづけることなんだ。


前に、禅宗のお坊さんたちに「己を殺せ」と言った話をしたけれど、あれは「禅」じゃなくて人生の極意なんだ。自分を殺す、そこから自分が強烈に生きるわけだ。
それがほんとうに生きることなんだ。自信なんていうのは相対的価値感だ。誰々よりも自分は上だ、とかいうものでしかない。そうじゃなくて、人間は生死を越えた絶対感によって生きなければだめだ。



結果に表れた活動だけが意味があると思うのが、「相対的価値感」なのでしょう。
自信なんて言うものは、「相対的価値感」の前提のもとでしか存在しない。
結果を出せるだろうという確信が自信に他ならないからです。

ですから、結果がどうなるかわからないが、わからないまま「いまこれをやってみたい」と思うことへと行動を起こす生き方には、自信などは存在できないし、意味のないものなのです。

「絶対感」に生きるとは、あらかじめ意味がわかることをやるのではなく、とりあえず行動した結果として、その中から本当の意味が見いだされてくるといったものになるのでしょう。

そのためには、未来の安全を求める過去の亡霊の「己」を殺さなければならない。
うまく生きるために考え出した「己」は、パッションに生きるためには死んでもらわないとならないのです。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
苦痛を抱える自分はほんものだろうか?
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
24位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX