« ホーム »

犯人を作らない わたしの中の怒り

地震関係の記事を見ている中で、「この地震への怒りを捨てて下さい」というブログ記事を拝見しました。

『ひろぐ : 後藤ひろひと オフィシャルサイト: この地震への怒りを捨てて下さい』より
http://goto.laff.jp/hirog/2011/03/post-451f.html

『だから弱い生き物である人間は
犯人となるべき誰かを探してしまう!
怒りの矛先を向ける相手を探そうとしてしまう!』

『地震とは人類の不摂生がもたらすものとは性質が違い
地球という惑星が起こす自然現象である!
地球が安全な球体であろうとするために
自らを調整する地殻作用である!
しかしながら人類にとっての地震は
「犯人なき大量殺人」に過ぎない!
だから!
だから弱い生き物である人間は
犯人となるべき誰かを探してしまう!
怒りの矛先を向ける相手を探そうとしてしまう!
それは対応の遅い政府だとか
不確かな報道だとか
インターネットにおける誤報だったりする!
挙げ句はアナウンサーの背後で手を振る無邪気な高校生に
何らかの怒りを向けようと流れる!

それらは全て間違っている!』



怒っているお父さん2



こうした人間の心理があることを否定しないで、自分の中にも存在することみとめることです。
また、これを他の人に投射して他の人を批判することにならないように。

一般にだれかが間違っていると思うとき、
わたしの中には、いろんな思いが渦巻いています。

少なくとも犯人捜しをしたがるときには、「怒り」があります。
その原因が、だれにあるのか、
わたしにあるのか、相手にあるのか、それとも他のだれかや社会にあるのか、
ほとんどの場合、だれかひとりの責任ではないし、
わたしの中にも、責任の一端があることをうすうす気づいています。

自分の責任を認めたくなくて、相手のせいにしたがるのが「投射」という防衛機制ですが、
これが働くとき、わたしの方にはいろんな事情がありますが、
あいてに対しては、そうは思いません。

あいては、単純に一つの考え方しかできない存在だと見るのです。
いろんな感情を持つ人としてみないで、単なる対象の一つになってしまいます。

「あいつは、そういう考え方しかしないやつなんだ」


怒っているハート



そんなとき、
わたしは、あいつがきらいだと感じます。

その人が言っていることは「まったく理解できない」と感じます。
「どうしてそんな考え方が出来るの?」
「どうして『わたしが』考えるように思えないのだろう?」

そこには、『わたしが』考える基準が存在するのです。

もし、わたしが『わたしが』考える基準に違反したら、厳しく非難することになります。
わたしの中に、それを許さない自分がいるのです。

そして、それを相手にも適用します。
わたしが、自分に許さないのと同じように、相手もそのようであってはならないのです。

わたしが、ダメだと思ってやっていないことを、平気でやってしまう相手が許せない。

しかし、わたしの考えが、もしかしたら絶対ではないと思えるときが来たら、
わたしが、わたしに厳しく禁止していることに気がついたら、
じつは、わたしの中にも、彼のように自由に振る舞いたいと感じている自分がいることに気がついたら、

そのとき、わたしはその束縛から解放されます。

そして、わたしが自分を束縛しなくなれば、
あいてを批判する自分もいなくなります。

相手の行動を許せるし、わたしが同じことをするのも許せるようになります。

怒っている女子高生2


話題を最初に戻しますと、
地震のような、誰にも怒りを向けられないものに直面したとき、
やり場のない怒りを、誰かに向けたくなるのです。

そんなとき、標的をさがすのは、わたしの中のうまく制御できないでいる自分なのです。

わたしの中で、普段から葛藤を起こしている部分、
「こんなことではダメだ!」と叱る自分と、
「そんなこと知るか!」と言いたいけれど押さえつけられている自分が葛藤を起こしています。

怒りは、この葛藤を無視して暴走します。
このときとばかり、自分以外の人に怒りをぶつけたくなるのです。

まずは、自分を許すこと。
それによって、まわりの人を犯人にしようとしたがる自分も消えていきます。

それでも、あまりにも理不尽な出来事による怒りは、
なかなか許すことを拒絶します。

それには時間がかかるかもしれませんが、
しかし、
いつかは、
自分を許さないと、永遠に犯人を作り続けなければなりません。

いつかは、怒り続けるわたしに、さよならを言わないといけないのです。

麦わら帽子


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
なぜ苦手な人がいるの「投影」


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

犯人は居ない

もし居るとしたら、それは

自分の心の中なのでしょうね

誰しもがそれに気づく時が

来るような気がします


ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そのような心の動きはとっても分かる気がします。
実際に東京電力にちょっと・・・(笑)
「非常事態に不眠不休で頑張ってもらっているんだし、多少の混乱は仕方ない」
と思って怒りを鎮めてます。

こんにちは(^^)

paoさん、ここ数日、ゆっくり遊びに来れずに、すみませんでした。

地震の影響で、娘の小学校が、休校になったり、午前で終わりに
なったりしています。
明日の卒業式は、時間をずらして行われる予定です。
色々と、予定が変更になったり、生徒達が楽しみにしていた
イベントも取りやめになったりしていますが、みんな一切文句を
言わないんですよね。
このまま、大人になって欲しいな、と思ってみていました。

Re: こちくんさん

> そのような心の動きはとっても分かる気がします。
> 実際に東京電力にちょっと・・・(笑)
> 「非常事態に不眠不休で頑張ってもらっているんだし、多少の混乱は仕方ない」
> と思って怒りを鎮めてます。

もしかすると日本の電力会社だから、この程度で済んでいるのかもしれません。
確かにあまりにも余裕のない発表でしたが。

また日本中がピリピリしすぎて冷静さを失わないことを願います。

Re: こんにちは(^^)

> paoさん、ここ数日、ゆっくり遊びに来れずに、すみませんでした。
>
> 地震の影響で、娘の小学校が、休校になったり、午前で終わりに
> なったりしています。
> 明日の卒業式は、時間をずらして行われる予定です。
> 色々と、予定が変更になったり、生徒達が楽しみにしていた
> イベントも取りやめになったりしていますが、みんな一切文句を
> 言わないんですよね。
> このまま、大人になって欲しいな、と思ってみていました。

そういえば卒業式の時期でしたね。
一度しかない大事な経験ですから、中止とかになって欲しくないですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX