« ホーム »

3つの家庭 『レンガ壁・クラゲ・背骨』

バーバラ コロローソさんは、子育てにおける家庭には3つのタイプがあると言います。

「レンガ壁タイプ」は、変えようのない枠組みが頑として出来上がっていて、しかもそれはすべて親の権限に委ねられています。子どもが自分の自主性を発揮する隙はありません。

「クラゲタイプ」は、その名前のように背骨になるはっきりした基準がありません。
レンガ壁タイプとは対照的に、すべて行き当たりばったりで、一貫性のないしつけになってしまいます。

「背骨タイプ」は、上記の2つのタイプに欠けている「背骨」がしっかりしています。
「背骨」とは、子どもが自分のことを大事な存在であると確信できる拠り所を持たせてくれるものです。
「背骨」が育っていれば、自分も他人もそれぞれが大事な存在であることを認識しますから、どちらに対しても傷つける様な行動を取らずに、それぞれがかけがえのない存在であることを見いだします。

3つの家庭


「レンガ壁タイプ」の問題は、親子の間で上下関係が一方的に存在するため、命令は有無を言わせないものとなり、そのような親に育てられた子どもは、自分自身で判断するという能力を育てられないままになってしまうことです。
単に命令する態度だけを受け継ぐのなら、まだ救いはありますが、自分で考える能力を奪われ、自分の要求を持つことは出来ないこと(やってはいけないこと)だと信じ込まされますから、大人になってからも自分の判断や感情を表現することが出来なくなります。
その時、その場面で自分の判断する力を押さえつけていますから、やれることは親が見せてきた、一方的な押しつけや、反抗に対して力で押さえつけようとするやりかたばかりになってしまいます。

このようなやり方でそだてられると、「考えるな」とか「感じるな」という禁止令を背負い込んでいくことになります。

この結果大人になっても、自分の考えや感じ方を人前で表現することを、無意識にさけるようになります。
たとえば、自分が意見を言えないのは、充分な知識がないからだと言い聞かせているかもしれません。
しかし、自分の禁止令に気がつかないと、いくら知識や情報を与えられても、なぜか自分の意見が思い浮かばないという状態になるかも知れません。

あるいは、自分は感情を表現しないタイプだとか、感受性が乏しいと思い込んでいるかもしれませんが、何かのきっかけで火が付いたような感情の表出が起こって、自分でも戸惑うかもしれません。

また、「レンガ壁タイプ」に育った子どもは、親のような一方的な力で押さえつけるやり方を嫌い、自分が親になったらそのようなやり方を子どもにはしないようにしようと思う場合もあります。
しかし、そこで親とは違った、自分のやり方、考えを持とうとしたときに、自分の中でそのモデルになるものが育っていなかったことに直面することになります。

父親と娘


そのような経緯から出来上がった家庭は、「クラゲタイプ」になる可能性が在ります。
親は子どもに自分が受けたような、強制的な力関係を持たないようにしようと思いますが、その一方で子どもにどのように見本を示して良いのかわからないことが多いからです。
その結果、子どもに対しては自由にやらせてあげようとする一方で、急に親に教えられたような高圧的な禁止命令を与えたりすることになります。
子どもの自主性をはぐくむ場面と、圧力を掛けても矯正すべき場面を見分けて、やり方を変えるというモデルになる親像が、自分の中にないからです。
あるいは、自分自身もどう動いて良いかがわからないのかもしれません。

また、上記のタイプと重なる部分もあるかもしれませんが、「クラゲタイプ」には、自分の面倒を見たり、困難を処理するのに精一杯であるために、子どもへの対応が「クラゲ」のように背骨なしになってしまう場合もあります。
たとえば、自分の自尊心をうまく育てられなくて、子どものことを考えるだけの余裕が無かったり、アルコール依存や仕事依存のために家庭を顧みる余裕がもてないといった理由で、子どもを相手にしている時間を持つことが出来ません。
子どもにしてみれば、拠り所にするものを親から期待できないので、何でも自分で処理しなければならないと思うしかありません。
しかし、子どもには充分な判断力は期待できませんから、でたらめをやることになったり、また人を信用するという心を育てられません。
そんななかで、どうにか生きていくためには、表面上は大丈夫を装ったりしますが、いつも不安でたまらないでしょう。
嘘をついたりして、何とか人を利用する方法を編み出そうとするかもしれません。

当然「クラゲタイプ」の場合も、「レンガ壁タイプ」に育てられた子どもと同様に、自分や他人の面倒を見るというモデルが育ちませんし、自分を大切にすることや、自分に価値があると信じることが難しくなってしまいます。

「レンガ壁タイプ」や「クラゲタイプ」というのは、別にすべての面でそうなるというわけではないわけで、だれしも部分的には、自分にもそういう所があると思うことでしょう。
どれだけ、親から影響を受けたかは人それぞれ違いますが、親自身もやりたくてそうしたわけではないという点をわすれてはならないでしょう。

自分の側も、充分に育たなかった部分は、そのような事情もあって仕方がなかったんだと認識すれば、今度は自分で自分の中に、新しい親のモデルを作り上げていくという選択も出来るわけです。

「背骨タイプ」の特徴として、バーバラさんが上げていることを引用してみます。

●子どもを無条件に愛し、受け入れ、はげますことによって、子どもを尊重する。人生において大切な意味をもつ次のようなメッセージを日々与える。
「わたしはあなたを信頼している」
「あなたはちゃんと取り組めると思う」
「わたしはあなたの言葉を聞いている」
「あなたは大事にされている」
「あなたはわたしにとって大切な存在だ」
●子どものあるがままの姿を受け入れ、やる気をうながす。
●失敗しても、きちんと「次のチャンス」が与えられる。
●自分の感情を受け入れ、責任を持ってその感情を表現する方法を学ぶ。
●しっかりした自尊心を育み、トラブルや危険から身を守れるようになる。
●経験によって、他人の意見を尊重することを覚える。
●ルールは、はっきりとわかりやすく言葉にされる。
●子どもの尊厳を保ちながら、問題解決の方法を考えさせる。


「自分ならもっと他のやり方を知っているのに」と親が思っても、成功にしろ失敗にしろ自分自身で経験させなければ自分のものになりませんから、時には言葉を呑み込む必要も有るでしょう。

経験のある大人と違って、子どもははっきりしたルールを示されないと、自分で判断する力がないかもしれません。
「自分の役割を果たさなかったら、あした学校に行かせません」と言えば、子どもは朝になってもベッドから出ようとしないかも知れません。「出来なかった分は、学校から帰ったら遊びに行くまでに済ませること」というようにはっきり示さないとなりません。

児童と親1  児童と親2


子どもの問題行動を叱るには、まず、何がいけない事だったのかをはっきりさせておくことが必要です。
親がただ、「なんてことをしてくれたんだ」と怖い顔をしていただけでは、子どもは何を問題にしているのかわかっていないかもしれません。

また、問題が明らかになった所で、子どもがどのようにそれに関わっていて、どの部分に自分が責任を負わなくてはいけなかったのかをはっきりさせる必要があります。
そうしないと、同じ事態が起きるたびに、自分が係わっていなくても、また叱られるのではないかと脅えるようになってしまうでしょう。

それと、子どもに解決能力があるようになったら、できるだけ解決する方法を考える事に参加させて上げるのが良いでしょう。
自分も後始末に参加出来ることで、子どもは自信を持つことができますし、失敗の記憶よりも自分の解決能力を発揮出来たことに夢中になるかもしれません。

逃げようのない無条件の非難で子どもの自尊心を傷つけることを避け、また、安易な賞罰で問題ある行動をやめさせるのは必要最低限に留めた方が良いでしょう。
アメで言うことを聞かせれば、次もアメがないと動かなくなるし、ムチで力任せに従わせていると、そのうち子どもが力を持ったら仕返しやるぞと思うかも知れません。

そして、では自分も「背骨タイプ」になろうと決心しても、自分の持っていないことまで急に出来る様になるわけではありません。
親だからというだけで、失敗や欠点を免れるわけではありませんから、まずは親自身が自分自身と折り合いをつけられるようになる必要があることは言うまでもないでしょう。


【参考文献】
子どもに変化を起こす簡単な習慣―豊かで楽しいシンプル子育てのすすめ (PHP文庫)
著者: バーバラ コロローソ / PHP研究所 / 文庫 / 2003-11 /


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
ずっと、何だって、僕が悪いんだ(論理療法1)
いやな気分を粉砕する(論理療法2)



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

レンガ壁タイプ・クラゲタイプは、親から子へ受け継がれていくんですね。
子育てに関して、育てられた親が、一番のお手本ですからね。

記事を読ませていただき、自分は「背骨タイプ」の部分も多いかなー、と思いましたが、微妙な部分もあります。。。
「ルールは、はっきりとわかりやすく言葉にされる」は、自信がないですね…^^
母の力って、大切ですね。
自分のことをきちんと振り返るきっかけになりました。

Re: こんにちは(^^)

> レンガ壁タイプ・クラゲタイプは、親から子へ受け継がれていくんですね。
> 子育てに関して、育てられた親が、一番のお手本ですからね。
>
> 記事を読ませていただき、自分は「背骨タイプ」の部分も多いかなー、と思いましたが、微妙な部分もあります。。。
> 「ルールは、はっきりとわかりやすく言葉にされる」は、自信がないですね…^^
> 母の力って、大切ですね。
> 自分のことをきちんと振り返るきっかけになりました。

細かいことよりも、やはり大事なのは、「自分が大切な存在である」と感じられることじゃないかと思います。

自尊心は、まだ文化的な要素で左右される部分が大きいですが、基本的な信頼感(自分やまわりの人への)があってこそ意味があるのではないかと思います。
つまり、少々傷つけられたと感じても、自分への信頼感があればいつまでも気にすることはないでしょう。

レンガとクラゲ

ウチは正直レンガとクラゲが足し合わさったような家庭です。
「背骨」を今必死になって、自分と、協力して下さる方達と
育てているところ、です。

厳しそうで放任。
放任そうで、管理的。
いったい、どちらなの?と左右にグラグラ流された感じでした。

でも、それも今成人して自分で動くことができるような状態になり
「不要なものだ」と自分が拒否して改善していく方向へ進めば
レンガとクラゲ家庭に育ったわたしでも背骨が育つ家庭を
いずれは作れるはず・・・と思っています。

Re: レンガとクラゲ

> ウチは正直レンガとクラゲが足し合わさったような家庭です。
> 「背骨」を今必死になって、自分と、協力して下さる方達と
> 育てているところ、です。
>
> 厳しそうで放任。
> 放任そうで、管理的。
> いったい、どちらなの?と左右にグラグラ流された感じでした。
>
> でも、それも今成人して自分で動くことができるような状態になり
> 「不要なものだ」と自分が拒否して改善していく方向へ進めば
> レンガとクラゲ家庭に育ったわたしでも背骨が育つ家庭を
> いずれは作れるはず・・・と思っています。

いままでのことはもう過ぎたこととして、今度は自分で自分の中に、
新しい親のモデルを作り上げていくと決心すればいいわけですね。

たしかに、口で言うより難しいことですが、それ以外のやり方では
いつまでも変わりません。

手がかりとして、どんな感情を引き起こすかに注意していると良いと思います。

いままでの習慣から、つい不本意な行動を取ることもあるでしょうが、
それが、過去と同じいやな感情を連れてくるようなら、そこから一歩離れて
新しい選択の可能性がないかを考えて見るのです。


いろんな壁

興味深い記事ですね

ありがとうございます

背骨タイプの家庭を築きたいと思いますが・・・
我が身を振り替えると、なんとも心もとないですねぇ
まぁ、自信満々に
「うちは背骨タイプだから大丈夫!」
って言う人もちょっと危うい感じがしますけどね~

Re: タイトルなし

> 背骨タイプの家庭を築きたいと思いますが・・・
> 我が身を振り替えると、なんとも心もとないですねぇ
> まぁ、自信満々に
> 「うちは背骨タイプだから大丈夫!」
> って言う人もちょっと危うい感じがしますけどね~

「心もとない」と思うことを忘れると困ったことになりかねませんね。
道具はあくまで手段であって、目的にしてしまってはいけません。
現実の場面はどれもユニークで、真剣勝負ですから。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX