« ホーム »

チャーリー・ブラウンののバレンタイン

今回の内容に入る前に、ピーナッツをご存じない方のために少し背景を紹介しておきます。
主人公のチャーリー・ブラウン(Charlie Brown)には長年思い続けている赤毛の女の子(The Little Red Haired Girl)がいますが、彼女はチャーリー・ブラウンの想いに気付いてもいません。

また、チャーリー・ブラウンの行動から見るかぎり、彼は赤毛の女の子を思い焦がれる空想の世界で満足しているようで、本人は夢見ることを諦めない振りをしていますが、本心では実際には行動を起こすことも、さらにはそれが叶うこともないだろうと無意識に思っているのではないかと思われます。

夢を見て将来を空想する時間を過ごすことは、魅力的ではありますが、夢を追いかけていると自分を欺いて、実際には何も行動していないというパターンは、わりと現実の世界でもありそうな話です。


さて、そんなチャーリー・ブラウンに、バレンタインの日が近づいてきました。

peanuts_valent1.gif
※ピーナッツの画像はDailyStripアプリからシェアしました。

C.B「赤毛の女の子が、明日僕にバレンタインの贈り物をくれるとしたらすごいぜ!」

C.B「彼女が僕の所に来て、レースの縁取りの着いた大きなバレンタインプレゼントを手渡すなんてどうだ?」

C.B「彼女は僕に言うんだ。いとしいチャーリー・ブラウン、わたしの恋人になってくれる?おねがい!おねがい!おねがい!」

C.B「もう帰った方がいいな、僕はどうかしちゃったみたいだ...」



チャーリー・ブラウンはひとしきり夢を見終わると、現実を思い出したのでしょうか、赤毛の女の子が自分のことに関心がない事実を、リアルな世界で受け入れるのが難しくなって、空想の中で終わらせてしまおうとします。

peanuts_valent2.gif

C.B「赤毛の女の子がいます。彼女はバレンタインの贈り物を手渡ししています。」

C.B「彼女は、自分の友だちみんなにプレゼントを渡しています。ひとりずつ、ひとりずつに渡して行きます。
彼女は渡している...まだプレゼントを渡し続ける。」

C.B「さあ、友だちみんなに渡し終わった。これが最後のプレゼント...  そして、彼女は去っていく。」

C.B「バレンタイン、おめでとう!(僕以外のみんな)」



さて、チャーリー・ブラウンが次に取った行動は、「僕はプレゼントなんてちっとも欲しいと思っていない」と言い聞かせることでした。

一個も貰えなくたって、誰ひとりくれなくても、そんなの平気なんだよ、僕という人間は!
よし、それを証明してやろう、だれかいないかな。

peanuts_valent3.gif

いつもの喧嘩相手のルーシー(Lucy)に向かってチャーリー・ブラウンが叫んでいます。

C.B「もし僕にバレンタインのプレゼントをもらったか聞きたいのなら、答えはノーだ!」

C.B「聞いたのなら、答えはノーだ!! 何ひとつもらっていないという意味だよ。全くなし、1個もなしだ!」

C.B「答えは断じてノーだ。ただの1個もなしだ。なし、ゼロ、まったくなし!」

ルーシー「べつに、わたし聞こうなんて思ってなかったわよ。」



私たちは自分がどうすれば満足した生き方を出来るのか絶えず探していることでしょう。

満足するためには、大きくいえば二通りあります。

外の世界にある、自分が手に入れたいものをひたすら追い求めるのが一つ。

もう一つは、今持っているものや、いまの自分自身を振り返って、そこに宝物を見つけるというもの。


前者は、多くの人に知られている道です。

このやり方では、自分を満足させてくれるものは外側にあり、それを手に入れれば自分が今とは違った状態になれると、未来に向けて夢見るのです。

当然ゴールは、未来にあります。
今の自分は、まだその資格のない人間だと言うことになります。

目標を手に入れたとき、初めて自分の考えを自由に使える、それまでは目標まで一直線。

夢見る女性


チャーリー・ブラウンのような愛すべき人間になっている暇はない。
彼はすぐ諦める。諦めてはいけない、勝つまでは。
弱音を吐くのは、未熟な人間だ。

いまは、楽しむときではない。その先に見えるゴール、輝く頂上をいつも思い浮かべるんだ!
それまでは、一人前ではない。




もう一つの道は、自分の内側に向かう道。

老子や仏陀が求めた道。

外側をいくら探しても、求めているものは見つからない。
そこじゃない、内側を探そう。

内側に向かって、突き詰めていくと、そこには「無」が見つかった。

何もないけれど、しかもそれがすべてである世界。

仏陀は外側にある者は、見える物はすべて「空」であると悟った。

もはや、探す場所などない。
もはや、探しだす必要のあるものなどない。

今の存在そのものがゴール。

いま持っていないものは、未来にも存在しない。

夢見る象


前者は、未来を目指して生きるやり方です。
いつかきっと来るゴールを目指して生きるから、それまでの過程は煮え切らない。

今の満足は、今日までの成果で決まってしまう。

比べてみなさい、何もしなかったらどうなっていたか、動き続けたからどれだけ成果が上がったかを。

成果こそが、今の自分への慰みになるのです。


成果という意味では、後者の生き方は、何を生み出すかはわからない。

なにも検証されるような成果は生まれないかもしれない。
それは、どちらでもいいこと。

今日何かをして、何かを言って、あるいは何もしなくて、1日を生きたこと、それが目的でありゴールでもあるからです。

残念に思うことがあるとすれば、存分に生きなかったこと。
チャーリー・ブラウンは、その意味で残念だった。

自分を騙してはいけない。

赤毛の女の子と知り合いたいのかどうかを、はっきりさせないといけない。
彼女がどう思うかは、彼の仕事ではない。
あるいは、自分かってに彼女の行動を想像して決めてしまってはいけない。

もしかすると、本当の赤毛の女の子と話したら、自分には会わないと思うかも知れない。

謎は人を惹きつけるけれど、謎のままにして自分がコミットできない状態を維持しているのでは、
現実の回避でしかないでしょう。

それは、いまを存分に生きることを回避している。

自分以外は、みんなプレゼントをもらうと想像しているのは、想像と現実をごっちゃにしているのです。

彼は想像の中でプレゼントをもらえる資格のある人間を作り出します。

いつか必要な条件を満たしたら自分もそうなれるのだと言い聞かせています。

しかし、そこで実際にやっていることは、その条件を曖昧にして解読不能にしています。

条件を明らかにしたら、自分はそれに向けて行動しなければならないからです。

その結果「いつか」を「永遠の未来」に変えてしまうことになるのです。

必要なのは、「条件」ではなく「許可」です。

彼がそれを許すと言っただけで、無条件に世界は変わるのです。

自分にその権利を認めることを許せないチャーリー・ブラウンは、仮想の敵を想定して、ルーシーに挑みかかります。

もはや、赤毛の女の子はどこかに行って、1人でもくれる人がいるかどうかという問題にすり替わっています。

「答えは断じてノーだ。ただの1個もなしだ。なし、ゼロ、まったくなし!」

僕がもらえると思っているのかね、ルーシー。

それをわざと聞いて、傷つけようと思ってもお見通しだ。

僕はそんなことには平気な人間なんだぞ!



気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
あなたがどう思おうと
流れに任せる/抑圧された自分の声を聞いてみよう
起きた出来事によって動揺するのは


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

微笑ましいですね

チャーリーブラウン

優しい感じがします


ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX