« ホーム »

ゆきちゃんとひとちゃんの雪遊び(1)

子どもたちの遊び方やけんかのしかたを見ていると、私たち大人がもっともらしい理屈をつけてやり合っている交流の仕方も、その起源をたどると、たわいない出来事だったのかもしれないと思えてくるのです。

理屈からだけ見ていると、なぜ自分がこんなことを感じたりやったりするのかが、なかなか見えてこないのですが、そんなときには、もともとどんな場面で身につけてきた行動パターンなのかを振り返って見るのが有効なことが多いのではないでしょうか。

そんな話を始める前に、ちょっとほほえましい姉妹の雪遊びのお話を紹介したいと思います。

このお話は、私がFacebookで仲良くしてもらっている真弓さんとそのお子さんたち、お姉ちゃんのひとちゃん、妹のゆきちゃんが近所の広場で雪遊びをする場面で始まります。

※真弓ママさんのサイトはこちらです。(Facebookのアカウントが必要なものもあります。)

なかよし◆書でおはよう◆2011.02.12

雪遊び(facebook)

「なかよし◆書でおはよう◆」の方は、真水 Shinsui's calligraphy works の中のページですが、真水さん(真弓さん)が書で心を動かされる言葉を毎日書かれているファンページです。こちらはfacebookのアカウントが無くてもご覧いただけますので、是非ご覧下さい。


雪遊び1


なんと御柱祭で木落としした坂が近所にあると言うことで、写真のような雪一面の広場で雪遊び。

そり遊びや3人で雪だるま作成。

『2時間近く遊んだあと二人がはじめたのは土手のぼり!

ひとちゃんは何とか上までいけるけれど、ゆきちゃんは上ってはざーっとおなかですべり押してしまって、上れない。

雪遊び2


それが、ゆきちゃん、ぜんぜんあきらめない。何度も何度も挑戦するのです。もう槌が見えてきちゃうし、おなかは真っ黒では?と思いつつ、あんまりにも一生懸命なのでそのままみていました。』

ゆきちゃんは、軽く50回以上トライしたけどダメだったようですが、そのあと二人は急なので最初怖がっていたこの坂を、そりで滑ることになります。

最初に始めたのは妹のゆきちゃん。
※facebookのアカウントが必要ですが、こちらに動画があります。
http://www.facebook.com/video/video.php?v=198709080155912&saved

ゆきちゃんが、ものすごい勢いで公園の真ん中より向こうまで滑り降りていきますが、それを見てお姉ちゃんのひとちゃんもやってみると言い出します。

ちょっと怖いけど、「ここはお姉ちゃんも見せとかないと」と思ったかどうかは知りませんが、ひとちゃんもトライするのですが、こわいから安全に行こうとブレーキをかけながら滑るので、かえってうまくいかず、ひっくり返ってしまいます。

ひっくり返ったひとちゃんをみて、ゆきちゃんが、「ひとちゃん、へたくそーーー」といって笑いました。
そうしたら、ひとちゃんはそりを引っ張って土手を登りながらないています。
「帰る・・・・」
っていいます。」

「ゆきちゃーん、ひとちゃん、帰るってー。帰るよー。」
そういうと、ゆきちゃんはもうめいいっぱい遊んで満足した様子、何が起こったかも知らず「はーい♪」と。
ちょうどじーじが様子を見に来てくれていたのでゆきちゃんは後ろからじーじと帰ってきて、

私はひとちゃんと手をつないで帰ってきた。

「ひとちゃん、いやだったね。 ゆきちゃんにお母さん、言っておくからね。
でも、楽しかったね。いっぱいあそんだね。

ひとちゃんはゆきちゃんが坂を上手に登れなくても『へたくそ』なんていわなかったもんね。
ずっと応援していて偉かったよ。」

そんな話をしながら帰ってきました。



そり遊び


この後うちに帰ってから、ひとちゃんの悔しさは収まらなかったのでしょうか、ゆきちゃんが枕にしていたスリッパを抜き取ってゴツンと頭をぶつけたゆきちゃんが泣き出した様子。


「ひとちゃん、そういうことしちゃだめだよ。ひとちゃんがどうしていやだったのか悲しかったのか、それを伝えないと、ゆきちゃんはぜんぜんわかっていないよ。ただ仕返ししたらひとちゃんが悪い人になっちゃうよ。」

そういうと、ひとちゃんはまた泣き出す。

ゆきちゃんはわけがわからず泣き出す。



その後のお母さんとゆきちゃんの会話。

「あのね、ゆきちゃん。

ゆきちゃん、ひとちゃんがそりでうまく滑れなかったとき、「へたくそー」って言って笑ったでしょう?
ひとちゃんはそれがね、すごくすごく悲しかったんだよ。

だから、ひとちゃん、怒ってあんなことしたんだよ。」

そういい始めたらゆきちゃんはくしゃくしゃの顔になって「ごめんなさーーーーい」と泣き出しました。

「ひとちゃんはゆきちゃんが坂を上手に登れなくても、一度も「へたくそ」なんて笑わなかったでしょ?
ずっとがんばってーって応援してくれたでしょう?」

そういうと、

「はい。」とお返事しながらうなづいたゆきちゃん。



そして、いろいろあった後の夜のできごと。

9時過ぎ、めざめたひとちゃんも一緒にイチゴを食べていると、並んでテーブルに座っていた私とばーばの間にゆきちゃんがとことこときて、

あのね、ゆきちゃんはひとちゃんのいもうとだけど、
けんかをするけど、なかのいいともだちです^^


とニコニコ顔でゆきちゃん。

「ともだちじゃなくてかぞくでしょー」とひとちゃんは言ったけれど、なんだかとっても素敵な言葉だった。



ゆきちゃんはなかのいいともだち


以上、雪遊びとその後のなかなおりのエピソードをはしょって紹介させてもらいました。

兄弟姉妹、割と多いのではと思うのは、下の子の怖いもの知らずの大胆さに対して、上の子は私はお姉ちゃんだからという抑制を効かせるのだけれど、それでいて負けたくない悔しい気持ちの葛藤。

お姉ちゃんの気持ちも知らずに得意がっていたら、「なんだかおねえちゃんが怒ってる見たいだな」、よくわからないけど、どうすればいいのかな。

「へたくそー」って言われたのがカチンと来てるおねえちゃん、つい仕返しをしてしまったけど。
やっぱり私はおねえちゃん、がまんしないといけなかったのかな。

そんな二人も、お母さんからうまく自分たちの気持ちを説明してもらって、おねえちゃんといもうとの関係の他に、「なかのいいともだちです」という言葉が生まれたようです。



お母さんのナイスフォローで事なきを得た二人でしたが、いつも、こんなにうまく収まるとは限りません。

悔しさがおさまらないままになってしまうと、何かあったら意地悪してやろうという気持ちが残ってしまいます。
意地悪をする側の見方を持っていると、他の人も自分の失敗を見張っているように見えてきます。
ほんとは意地悪なんかしたくないのに、でも「わるい」ことは許せないという気持ちは、消えてくれません。

「ほんとは意地悪なんかしたくない」と素直な気持ちがある一方で、「わるいひとは許せない」とか「じぶんばかりわるい子にされたくない」といった気持ちは、そんなの気にしてないよと言ってみても消え去ってはくれないのです。

これらは、自然な素直な気持ちと、作り出された学習した感情の違いがあるのですが、いつのまにか区別するのが難しくなってしまいます。

そして、おさまらない感情と似たような状況は、結びついて記憶に残り、大人になってからも再現され続けます。

人間の脳の働きは、わざとあるていど曖昧にファジーに反応するようになっているようです。

あまりにも正確に状況を記憶して、その反応の仕方をセットしていると、似たような状況が起きても、少し違うようだなと思って反応しないことになってしまいます。

でも、そもそも記憶して学習するのは、未然に危険を避けたり、効率のいいやり方を身につけることにありますから、あまり正確に状況を規定してしまうとかえって役に立たないのです。

そんな理由から、このような余裕を持った曖昧さを許す反応の仕方が、出来てきたのではないかと考えられています。

しかし、そのことは良い面に働く場合も多いのですが、たとえば、客観的にみると怒りを感じる必要は無いとわかっているのに、なんとなく心がざわついてアラームを鳴らし始めるといったことも起きてしまいます。

別に、どのような出来事が自分の反応パターンを作ったのかを正確に突きとめる必要まではないでしょうが、自分がわけもなく反応してしまいやすい状況というのを知っておけば、今度はファジーさの悪い面が働き出すのを食い止めるために使うことが出来るでしょう。

素直な感情や反応のしかたと、学習して作られた反応のしかた、どちらも同じ自分だと見てしまうと、混乱した自分はどうすればいいのかわからなくなってしまいます。

これが、第三者から見れば、わざわざ自分を不幸にするような行動をとっていると見えるのに、本人はそれしか選択が見えないという状況を作り出すことにもつながるのです。

続きは次回に。



気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
カチンとくるのは自分の罪悪感


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

微笑ましい

とっても、清々しい気分になってきます

ほっこりしてきます


ありがとうございます

こんにちは(^^)

ゆきちゃんとひとちゃんの写真も様子も可愛いです^^
二人が仲直りするまでをなるほどな~、と思いながら読ませていただきました。
お母さまのフォローが、良いんですね^^

考えてみると、大人のいがみ合いも、根本は、今回のような
ちょっとした所にあるのでしょうね。
「あの時こう言われた」という事をずーっと根に持って、
気にしている人は、うまくフォローがされていないからなんだな~、
と思いました。

Re: 微笑ましい

> とっても、清々しい気分になってきます
>
> ほっこりしてきます
>
>
> ありがとうございます

ほっこりしてきますね。

Re: こんにちは(^^)

> ゆきちゃんとひとちゃんの写真も様子も可愛いです^^
> 二人が仲直りするまでをなるほどな~、と思いながら読ませていただきました。
> お母さまのフォローが、良いんですね^^
>
> 考えてみると、大人のいがみ合いも、根本は、今回のような
> ちょっとした所にあるのでしょうね。
> 「あの時こう言われた」という事をずーっと根に持って、
> 気にしている人は、うまくフォローがされていないからなんだな~、
> と思いました。

みごとなお母さんのフォローでしたね。

まだ幼い子どもには、自分が何が不満なのか自分でよくつかめていない
かもしれません。

こういうことなのかな、とだれかに確認してもらえると
スッキリということもありますね。

で、これが出来るためには、親自身も自分自身の中でわだかまりを抱えていては
いけないのでしょう。
なかなか難しいですが。

子どもが自分の気持ちを自分で言えるようになることは大事ですが、
親が全部代わりに言ってしまっては、子どもが自分で発見できなくなるわけですし、
さじ加減が難しいですね。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX