« ホーム »

いまのままでOK?なにが惨めさを作り出すのか

自分が自分であるままを受け入れたり、そのままでいいと許せること。
これは、実行するのは非常に難しいことのようです。

そうかそれでいいのかと思ってみても、次の瞬間には自分と関係無いことに関わってイライラしたり、何とかしようとして無駄な努力を始めている自分に気がつかないでしょうか。

今度なにか気分を害することが起こったら、自分が何をしようとしているのかを確認して見ましょう。
きっと、自分の外の世界で起きていることが気にいらないために、イライラしている自分を発見するでしょう。
自分とはほとんど直接関係無いにもかかわらず、自分があるべきだと思っている世界と現実の世界が食い違っていることを見て、外の世界の方が変わるべきだと訴えている自分がそこにいるのです。

外の現実が変わるべきだと思い出したとたんに、平和だったこころは、警告を発しはじめて、何とかしてそれを変えろと要求し出すのです。
またそれと並行して、現実が思う通りでないことから、それが出来ない自分を責めたり惨めな思いを持つことになるのです。

このような心の働きに支配されていることが、冒頭の「自分が自分であるままを受け入れたり、そのままでいいと許せること」を難しくしてしまいます。

イライラ女性


本当は必要など無いこの手の気分に先導され、引きずられるのをやめてみましょう。
そもそも「どうして外の出来事に自分が踊らされてしまうのか」を考えてみてください。
それがそのままであると、これまたそのままのあなたに何か影響があるでしょうか。

ほとんどの場合、そのまま起こっていくのに口出ししようなどと思わなければ、本来のあなたのままでい続けることにはなんの影響も及ぼさないことを発見するでしょう。

その事に気がつけば、「なんだ、自分と関係無いじゃないか、そのまま放っておいて自分のことに戻ろう」というどこかで忘れてしまっていた選択の仕方が存在したこと思い出します。
そうすれば、一気に重荷を下ろした気分になり、再び自分のままでいることを楽しむこと再開できるようになります。

「それはそうかも知れないが、放っておけることばかりではない」と言いたがる自分がいますか?
しかし「それは本当にあなたが欲しがっていることだろうか」と、よく考えて見ることです。
本当にそれがないと、あなた自身であることが出来ないでしょうか。

ハンモック


世界は、あなたの思いとは関係無く、それぞれがそのままの本性を実現するように動いていきます。
あなたもまた、自分がかかわることを起こるがままに進めていけばいいのです。

他の人が考えていることが気に入らないからといって、他人を変えたり外の世界を無理矢理変えようなどと思わないことです。
それは、それらのあるがままにまかせること。
あなた自身の方も、あるがままで干渉されないことを望んでいるのですから。

そして、外の世界があなたに望むのは、あなたがあなたらしく存在して、あなたらしさを見せてくれることではないですか。
他の人は、誰かのコピーであるあなたを探しているわけではないでしょう。
他の誰かと同じことをレコーダーの再生のように全く同じように繰り返すあなたに、あなたらしさは現れてきません。
あなたがこの地球上で他の人に及ぼす影響を、関係ないことに時間を使って台無しにするのはもったいないし、あなた自身にもとっても自分を生きていることにはならないのです。


 食べ物を静かに喜びに満ちて食べ、たたえられるいっぱいの至福とともに眠り、大工として、靴屋として、画家として、詩人として、ダンサーとして平凡な人生を送り、理想を抱くことなくありのままの自分にリラックスする……という姿を見るのは非常に難しい。だが人間は理想がなくても死にはしないし、理想がなくても奴隷にされることはない。なるべき理想像がなかったとしても彼を非難することはできないし、彼に罪悪感を感じさせることはできない。それに一生をかけてなろうとしても理想のとおりになった人はひとりもいない。

 キリストになったキリスト教徒を見たことがあるだろうか。人類のほとんど半分がキリスト教徒で、二千年にも渡ってこれらの人びとはキリストになるという理想をかなえようと懸命の努力をしてきた。なぜ彼らは失敗しつづけるのか。それはキリスト教徒だけではない――ジャイナ教徒も、仏教徒も、イスラム教徒も、誰も成功してはいない。

 理由はあまりにも基本的なので逆らうことはできない。

 自分自身であるか、無駄骨折りをするかどちらかだ。

 選択肢はこのふたつしかない。

 ゴータマ・ブッダの独自性を愛するのはいいが、けっして彼のまねをしてはいけない。彼自身、誰のまねもしなかったので、そのために彼は光明を得た。単純な事実が認識されてこなかったのは奇妙なことだ。マハヴィーラは誰のまねもしなかったのでそのために光明を得た。誰かのまねをして光明を得た人がいたら見せてほしいものだ。

------

 光明は個人の体験であるべきだ――誰にとっても他人と比較できない、ユニークな、最も個人的な体験として。これさえ理解できたら、あなたを取り巻く暗いすべての雲が消えていく。

 ヴィート・ヴィギャナム、私は何度も何度も繰り返し言うつもりだ。あなたは光明を得ているということが、あなたのなかにしみ込むまでは。そしてあなたはそのためになにひとつ特別なことをする必要がない。たんにありのままの自分として、存在に完全にくつろいで、安らいでいなければならない。どこにも行かず、達成するものはなく、目標もない。すべての目標志向が人びとを惨めにしている。

 すべての目標を追いやったら、あなたはまさにこの瞬間に踊り出す――あなたには達成のプロセスに使っていたたくさんのエネルギーがあるからだ。空想のなかではるか遠くに行っていたら、あなたにはここにあるための時間も、空間も、エネルギーもない。自分のすべてのエネルギーをこの瞬間に集めることができたら、そのまさに集まったエネルギーがあなたのハートのなかでダンスになる。そのダンスがあらゆるものを変える、あなたの努力ではなくて。


OSHO 講話 「光明を宣言しなさい」
http://www.osho-japan.com/vision/dec_enlight.html



気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
偏っている処に生きている意味もある
思った通りにはならないが..



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

なんでもOK

今のままでOK

すべてがOK

なのですね


ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX