« ホーム »

道徳的な色分けをやめてみる

人を理解したり、うまく付き合って行くには、どのような判断が有効なのでしょうか。

うまく付き合うのが目的であれば、相手を裁くような接し方は最悪であると言うことに気がつくべきです。
相手を道徳的な見方で色分けしたのでは、わざわざ相手と対立しようとするのと同じです。

必要なのは、道徳的な色分けではなく、相手の真意を理解することにあります。
争いたいのであれば、話は逆ですが、相手とうまく付き合ったり、お互いの利益を目指すのであれば、色分けや非難感情は捨てて、相手の心理を理解してそれに沿って先に進むような対応をすることが必要です。

例えば、セールスマンが、お客さんがなかなか購入を決断できない場面に出会ったとします。

「優柔不断な客だなあ!」という判断をしているようでは、相手にもそれが伝わって「また来ます」ということで終わってしまうでしょう。

やるべきことは、相手が何を迷っているのかを理解することです。

どちらの商品がいいのか迷っているとしたら(相手は商品をしきりに見比べています)、相手がどちらが徳かを見分けられるような、決め手になるポイントをさりげなく示してあげればいいでしょう。

いままでのやりとりからお客さんの気になっているポイントに絞って、二つの商品の比較をもう一度繰り返してあげるのです。もちろん相手が自分から聞いて来るのを待たずに、こちらから説明すると共に、余計に迷ってしまうようなことには、決してふれないように注意すること。

相手は、予算面で支払いできるかどうか気になっているのかもしれません。
相手が聞いてこなくても、これ以上の費用はかからないし、支払い方法もやりやすい方法があることを、何気なく話の合間にはさんでいく。

DVDを見る


自分1人で決めてしまうのに躊躇しているのかもしれません。
自分で決めて買って返った場合、奥さんにどう説明しようか気にしていると言う場合も考えられます。
「この間買ったお客さんは、奥さんが難しい操作を覚えるのがいやだから、新しい機械はイヤだと言われていたようです。この商品なら、このリモコン一つですべて操作でき、画面に説明がでる新しいシステムなので、始めて使った人でもすぐに使いこなせるのです。。。。。」
というような、第三者の例を何気なく聞かせてあげます。

最後の一押しが欲しいのかもしれません。
「今購入すれば今月いっぱいは、この景品がついてきます。これが、今お子さんたちに人気があるんですよ。」
おまけというのは、グリコのおまけのように、商品そのものよりも価値以上の魅力を持っています。
はかりを動かす、最後の1gの重しになるかもしれません。

何かセールスの話になってしまいましたが、肝心なポイントは、色分けでなく理解することが必要と言うことです。

怒りっぽい人に出会ったらどうすればいいでしょうか?
こんなすぐに大声を出す人には、とても相手は出来ないと避けてしまうのも、場合によっては正解かもしれませんが、何がこの原因なのかを考えて見るのは、この場合も有効です。

怒りっぽいのは、何かを怖がっているのを隠す為の行動というように見たらどうでしょう。
実際、怖がっているものがあると、人は怒りっぽくなることに気がついていませんか?
何かを怖がっているのであれば、一通りまくし立ててしまうと、そのあと何を言っていいのかわからなくなり、急に勢いが収まってきます。
そうなれば、相手の恐れの原因を取り除けないかを、さりげなく試して見ればいいでしょう。

先程の「この間買ったお客さんは、。。」という例のように、相手のことを言っている訳ではないけれど、こんなケースがありますよと独り言のように話してみます。
相手は、「そんなことは自分に関係ない」と言いながらも、こころの中では「そうか、そういうこともあるのか」という「かすかな種火」に火が付いて、自分でも気がつかないうちに次第にその考えを成長させていきます。
やがて自分の方から、ひとりでに納得してくれるかもしれませんね。

相手の仕掛けたゲームに乗っからないで、こちらはひたすら冷静に相手の本意を理解することです。
目的が何であるのかを忘れないこと、「私は争いたいのか、それとも説得したいのか」を思い出しましょう。

自分の抱えている問題が自分の身だけに起こっていると思っていないだろうか。

しかし、人生の問題は大きくわけて10くらいしかない。
しかも、だれもがその10のうちのいずれかが
形を変えた問題を抱えているのだ。

だから、あなたの問題も
それほど特別なものではないのだ。

【引用】『今日が楽しくなる魔法の言葉』 67頁
著者: アーニー・J・ゼリンスキー
ダイヤモンド社 / 2003-09-20



だから、相手を理解しがたい「宇宙人」や「野蛮人」だと決めつけてはいけないのです。

その気になれば、あなたの中にもある「おなじみの感情」を、すこしばかり編曲したものに過ぎないことを発見するでしょう。

それがわかれば、相手はあなたの分身、どう扱えばいいかも見えてきますね。



気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
せいぜい10個の問題なんだ!


関連記事

ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

無 色

色分けは必要ないですね

そのまま ありのまま あるがまま

を感じるだけですね

ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX