« ホーム »

起きた出来事によって動揺するのは

自分が予想していたとおりにものごとが起きているときはいいのですが、ちょっとでも状況が予想外に変化すると動揺して不安でたまらなくなることはないでしょうか。

たとえば、このように行動すれば、人から受け入れられ、承認され、喜ばれるはずだと期待するとします。
このとおりにいって、明日はみんなから歓迎され喜んでいる自分を想像します。

しかし、一方ではもし自分の予想通りにならなかったらどうしよう、そんな事になったら大変なことだと心配し怯えてもいるのです。

そして、その本番がやって来る。

いくら自分が綿密に計算して行動しても、計算通りにはいきません。
なぜなら、全体の出来事は、あなたが関与し直接変えられる部分というのは限られているからです。
それ以外の部分は、無数の要因が絡んでくる相互依存の世界だからです。

たとえば、あの人なら必ず自分の考えた通りに反応してくれるはずだと、あなたは期待しています。
しかし、その人が期待に応えてくれる可能性が高いとしても、たまたま他のことに気を奪われていて、あなたの行動をよく見ている余裕がないかもしれません。
あるいは、あなたとは全然関係ない理由から機嫌が悪い時や、体調の良くないときに出くわすかもしれません。

たとえあなたとは関係の無い理由で、あなたの期待が裏切られたとしても、あなたはその事態に動揺してしまいます。

いくら頭ではなにか理由があったんだろうと、自分に言い聞かせようとしても、なかなか動揺は静まりません。
いや、むしろやっぱり自分に問題があってこのような事態が起きてしまったんだと考えようとする自分がいて、それが引き金になって落ち込んでしまう自分が強化されていくことになるのです。

困る


しかしだからといって、こんなことで動揺しないように、自分をもっと鍛えようと思う人がいますが、それは考えものです。
ストレスの原因に対して耐えられるような強い自分を作るんだと言って、ストレスに鈍感になってしまうような訓練をしたりするのは見当違いのやり方ですし、また自分を歪めてしまう可能性があります。
見かけ上動揺しない人間を装ってみても、それによって他の感情まで鈍磨させてしまうかもしれません。

問題の本質を探らなければなりません。

それは、出来事に対して、いちいち自分の存在が脅かされるような反応をしてしまう自分とは、誰なのか、それがどこから来ているのかを知っておくことです。
そして、今の自分はこれこそが自分だと同一視している勘違いに気づくことです。

つまり、いま動揺してしまう自分こそが自分の全てだと思うのではなく、そのような反応をする自分を前面に置いてしまった結果いまのような状態にあるということを認識すべきなのです。

かつて幼い子供の頃は、親にかまってもらえなければ成長できず、死んでしまうかもしれない状況にありました。
そのようなときには、まわりの人がどう動くかで自分が生き延びられるかどうかが決まってしまうという状況にあったわけで、全面的に人に依存してしまうのも仕方が無いことです。

その中で、まわりの人の反応がどれだけ自分の存在を左右するかを思い知らされていますから、ちょっとしたまわりの変化に過敏に反応する自分も作られて行きます。

しかし、やがて思春期になり、親の言いなりになることに反発を感じ始めると、親に依存することがうっとうしいものに映るようになり、自分の思い通りに出来ればどんなにいいだろうと自立することを考えるようになってきます。
自分の考えこそが正しく、なんでまわりの大人は人の目を気にして生きているのだろうと感じるかもしれません。

ところが、やがて社会に出てみると、不合理に思えても影響力のある人間に逆らったり、多数派の意見に反発することが自分の利益にならない場合があることを知るようになると、利益のためには自分の考えを犠牲にすることも必要なんだと考え始めます。

唯我独尊ではいられないと思いだすと、人によっては、一気に反転してそれならどんどん利益のあるやり方を取り入れたほうが得だと考えてしまうかもしれません。

たしかに、不必要に社会に反発していないで、適度に合わせることが有効なことも多くあるでしょう。
問題は、そのような適応の仕方が過剰になってしまうことです。
また、いつのまにかそのような作られた適応の仕方であったことを忘れて、まわりに過剰に反応してしまう自分こそが、本物の自分だと同一視してしまう危険性があるということです。

まわりの出来事しだいで、すぐに憂鬱になったり、動揺して冷静に考えることができなくなったりする傾向が強いと思うなら、そのような同一視が起きていると考えたほうがいいでしょう。

いま何かの出来事で、苦しめられ危機に陥っていると感じるなら、それは自分自身と人生の出来事を同一視しているからです。
自分の人生がものごとによって決定づけられると信じているから、自分でコントロール出来ない不測の事態が起きるたびに動揺し、自分までコントロールを失うのではないかと不安になっているのです。

悩む男性


しかし、そのような自分とは、今まで生きてきた中で作られてきた二次的な適応した自分であって、それが自分そのものではないと気がつけば、過剰な反応をしてしまう自分も徐々に鳴りを潜めるようになってきます。

まわりがどのように変化しようと、それによって自分が必要以外の反応をする必要は無いと思い出すことです。
いままで、このような状況では不安になるものと思い込んでいただけで、それに重要な根拠など無かったことを思い出せばいいのです。

適応した自分とは、仮の自分であり、自分の本質ではないことを見破れば、出来事に不当に振り回される自分をコントロール出来る様になってきます。

ちょっとした非難めいた気配に、過剰に脅えたり動揺する自分がいるのを、一歩離れた所から観察できる自分が存在することに気づけばいいのです。
今までのように、出来事に左右されるのは仕方がないことだと諦めてしまう必要はありません。

ただ大人になってから身につけたことよりも、子どもの頃の強烈な印象は強く残ってしまうものですから、一時的には以前の瞬間的な反応の仕方が現れることは仕方のないことです。

何事にも動揺しないような修行僧や仙人になる必要はありません。
その瞬間的な反応の後で、本来の自分を取り戻す様になればいいだけのことです。

それと、もう一つこれに抵抗するものがあるとすれば、それはいままで築きあげてきたものを壊したくないと思って、守ろうとしてしまうことです。

たとえば、今までのやり方で現在の仲間を集めてきた、その人たちとの関係を崩すようなことはしたくないといった思いです。
あるいは、今までの考え方が間違っていたなどと思いたくないから、やり方を変える気はないとこだわってしまうこともあります。

築きあげてきたもの、いま手に持っているものを手放したくないという気持ちはわかりますが、手を離さないと別なものを握ることは出来ないと言うことも真理です。

もうこれ以上、苦しい思いをしたく無いと思うのなら、こだわりを捨てて手放すことを考えて見てはいかがでしょうか。

最初に書いた事を振り返って見て下さい。
明日のことを心配して不安に脅え、思った通りに出来事が進まないことに必要以上に悩んだり、後悔することに時間を費やしてしまうのです。
これは誰でもあること、仕方のないことと言い聞かせてしまわないで、不要なお荷物は降ろしてしまう選択があると考えるのです。

おにごっこ


有りもしないもの、持っていないものを探そうというのではありません。
もともと持っているものを、おおいを取り払ってもっと楽しもうではないかと言っているわけです。

不要な苦しさを自分で作りだしてまで持っている必要はありません。
確かに目の前にあるものの方が確実と思いたくもなるし、それを手放すのは不安なものですが、一度試して見れば別の世界があったことを思い出します。

いまでも不安に脅える時ばかり有るわけではないでしょう。
そんなことは忘れて夢中になっている自分を発見することがあるでしょう。
それこそ、まわりに振り回されることのない自分が存在することを証明しているではないですか。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
流れに任せる/抑圧された自分の声を聞いてみよう




『タオに生きる』人気記事レビュー




関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

まさに今の自分

この記事は、まさに今の自分のことについて書かれていると感じました。完璧主義なので、予想はいくつものパターンを想定しますが、最悪のケースに当てはまる結果になることもしばしば。分かっていても、動揺は隠せません。まわりの出来事にすぐ反応し、過度に憂鬱になったりしますし、自分のからの中に閉じこもろうと必死になります。でもこの記事のおかげで、光が見えました。一気に解決はしないと思いますが、手探りでもゆっくりと光のさす方向へ進んでいきたいと思います。

非常にためになるお話をありがとうございました。

こんにちは(^^)

想像していなかった通りにものごとが運ばれないと、やっぱり動揺しますが、動揺しながらも、心の中で「まぁ、仕方がないかな」と思うことが多いですね~。
一応、どんな結果になりそうかを頭の中で、何パターンか考えておくんですけどね。
自分の考えているパターンだけではない、という事を思い知らされますねー。

今日まさにこの状態でした

こんばんは。

今日の職場での自分はまさに
このように過剰適応をした状態だったなーと
とてもこの記事を読んで思いました。

いつもいつも
別に謝ることなんてないのに
「すみません」「すみません」と連発していたな、と。

契約更改の時期も控えていますので
特に過剰になっていたのだろうと自分でも思います。

つまり「契約を更改する=職場にいる自分を守る」
と言う感じでしょうか?

最近の取れない疲労を鑑みるに
いかにこの状態に自分を置いていたかを
実感したように思います。

Re: まさに今の自分

> この記事は、まさに今の自分のことについて書かれていると感じました。完璧主義なので、予想はいくつものパターンを想定しますが、最悪のケースに当てはまる結果になることもしばしば。分かっていても、動揺は隠せません。まわりの出来事にすぐ反応し、過度に憂鬱になったりしますし、自分のからの中に閉じこもろうと必死になります。でもこの記事のおかげで、光が見えました。一気に解決はしないと思いますが、手探りでもゆっくりと光のさす方向へ進んでいきたいと思います。
>
> 非常にためになるお話をありがとうございました。

「過度に憂鬱」を感じるというあたりを逆に利用してみようと思ってみてはいかがでしょう。
それが黄色信号だと思って、これは本来の自分ではないと思い出して切り替えてみるのです。
必要なら、「最悪の事態が起こるとすればなんだろう?」と問いかけてみる。
案外たいしたことないなと思う場合が殆どではないでしょうか。
こんなことで、いちいち憂鬱になっていられるかと思い直してみる。

結果を怖がって守ろうとすれば、大抵うまくいきません。
どうにでもなれと思って、大胆に積極的に「自分の望むこと」をやってみると、
気にしていたことはどこかに消えてしまう、というのもよくあることです。

Re: こんにちは(^^)

> 想像していなかった通りにものごとが運ばれないと、やっぱり動揺しますが、動揺しながらも、心の中で「まぁ、仕方がないかな」と思うことが多いですね~。
> 一応、どんな結果になりそうかを頭の中で、何パターンか考えておくんですけどね。
> 自分の考えているパターンだけではない、という事を思い知らされますねー。

予想外の展開というのも、その気になれば楽しめるようにもなります。
そこでは、結果にとらわれる自分をどれだけ切り離せるかが試されますけど。

Re: 今日まさにこの状態でした

> こんばんは。
>
> 今日の職場での自分はまさに
> このように過剰適応をした状態だったなーと
> とてもこの記事を読んで思いました。
>
> いつもいつも
> 別に謝ることなんてないのに
> 「すみません」「すみません」と連発していたな、と。
>
> 契約更改の時期も控えていますので
> 特に過剰になっていたのだろうと自分でも思います。
>
> つまり「契約を更改する=職場にいる自分を守る」
> と言う感じでしょうか?
>
> 最近の取れない疲労を鑑みるに
> いかにこの状態に自分を置いていたかを
> 実感したように思います。

こういう状況というのは、不況が叫ばれるいま、結構感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし、自分の方がいいなりになる状態というのは、たいていいい結果に結びつきませんね。
そういう状態だと、自分が奴隷状態、考える事はどこか卑屈になってしまいます。
自分がそういう心理状態にあると、不思議なものでそういう理不尽な関係を強いてくる
相手にばかり出会うようになります。
不思議と言うよりも、弱い立場にいるという顔が相手に見えてしまうからなんですけどね。

思い切って、自分の気に入ることしかやらないと決めてみる。
そのためには、自分のやっていることに、自信を持てるだけの努力をしていることが必要です。
妥協しないで、向こうから欲しがってくるような自分をイメージしていると、
これもまた出会う相手が変わってくるものです。

何にしても、自分が卑屈になってしまうような状況は作らない
と決めておくのは大事なことだと思います。

そのまま

いま何かの出来事で、苦しめられ危機に陥っていると感じるなら、
それは自分自身と人生の出来事を同一視しているからです

味わい深いメッセージですね

自分と出来事は別のものですね

外から観ていればよいのでしょうね


ありがとうございます Paoさん

Re: そのまま

> いま何かの出来事で、苦しめられ危機に陥っていると感じるなら、
> それは自分自身と人生の出来事を同一視しているからです
>
> 味わい深いメッセージですね
>
> 自分と出来事は別のものですね
>
> 外から観ていればよいのでしょうね
>
>
> ありがとうございます Paoさん

でもそれがなかなか難しいのですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX