« ホーム »

本当の喜びとは「欲求」などなくなること

『本当の喜びとは「欲求」などなくなること』
そうではないですか?

意味がわからないでしょうか。
私たちは、最初なにかを追い求めていけば、輝かしい未来にたどり着くと信じて、目標に向けて努力しようと思います。

しかし、途中の目標が達成されると、もはや到達点は色褪せて見えてきているので、すぐに次の目標を設定し新しい欲求が生まれたと感じます。
到達点を味わったり、それで喜びに溢れているはずだった自分の姿は、もはや忘れ去られてしまのです。

こうして、このようながむしゃらに目標を追いかける生活が、積極的で勤勉で充実した生き方だと錯覚するようになってしまいました。
常に新しい刺激を求めるために、求めるときは刺激的だった目標は、すぐに陳腐なものに様変わりしてしまいます。

つねに、もっと刺激的なものはないかと、より過激で手応えのある欲求を、いつもそばにおいておかないと不安になってくるのです。
こうして、いつしか欲求があること自体が目的のようになってしまったのです。

ビジネスマン


しかし、欲求とは不足を感じることから発生するわけです。
言い換えれば、いつも欲求不満の生活が、私たちが本来欲しかったものでしょうか?

いつもお腹がすいて、常に食べ物を探し、より多くの、より美味しいものを求めるのが幸せなのでしょうか?
お腹いっぱいと感じて、満足できたら次の食べ物などしばらく忘れていられる。その満足を感じている時間を楽しむ。
この方が、幸せと言えるのではないですか。

いつも目標を追い求め、忙しくしていると充実しているように錯覚してしまいます。
戦っているときに、夢中でいつも以上の力を発揮できることはあるでしょう。
それを思い出して、いつもあの充実感がほしいと思う。
しかし、ずっと戦い続けるような生活では、いずれ心身とも破綻してしまいます。
いつも新しい目標がないと落ち着かない強迫観念は、自然になにかに夢中になることとは、似ているようでも違うのです。

ボール遊び


緊張と緩和、このバランスがあるかないかの違いがあるんです。
夢中で暴れまわった子どもは、終わったら疲れきって眠ってしまいます。
しかし、常に欲求が襲ってくるような生活では、寝る直前まで飽くことのない欲求が存在し続けるのです。

最初は、具体的な目的地がありました。
しかし、いつのまにか、欲求そのものが向かう先に変わってしまいました。

どこかで自分が望む行き先が、どこなのかを振り返らないと、ゴールのない迷路をさ迷い続けることになります。

しかし、常に目的に向かっていてこそ進歩があり、充実するのであって、途中でこの辺で一休みと言っているようなウサギは、亀に追い抜かれてしまうのだと思うのでしょうか。
こんなことをいいだす人間は、競争に負けて脱落した人間だと思うのでしょうか。

どこまで欲求を満たし続けても、欲求には限りがありません。
そんなことはわかっているのに、9まできたら10を目指さなければ嘘だと思ってしまう思考の罠が私たちを駆り立て続けるのです。

死ぬまで次の目標を追い求めていた人を、偉大だと感じるのでしょうか。
確かにそれも、ひとつの生き方ですが、しかし不足を感じるときと、満足するときのメリハリがない生き方はどこか偏りがあると思いませんか。

たまには、たとえば9まで完成したところで、それを放り出してしまいませんか。
そうすれば、どれだけ自分が目的に毒されてしまっているかが見えてきます。
そして、それと同時に途中で投げ出しても、それにもかかわらず世界は回っていくことも発見するでしょう、

あと一歩でやめてしまうことで、より効果的に自分が目的の奴隷ではないと宣言できます。
目標に支配され続けることへの決別宣言です。
目標などなくても、自分は好きなことをできいうのだという当たり前の感覚を取り戻すのです。
そのときの安らぎこそが、本物だと思えることを確認するのです。

喜ぶ子ども


「途中でやめたっていいんだ」
そう叫んだときの解放感で新しい自分の力を取り戻すのです。

気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
避けているもの、あるいはワーカホリック



『タオに生きる』人気記事レビュー




関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

常に高い目標をもって、努力をしている人は「凄いな~」とは思いますが、達成できたら、次はどうするのかな?と思ってしまいます。
やっぱり、もっと高いものか、違うものを目標とするのでしょうね~。
気づかないうちに、自分を追い込んでしまうかもしれませんよね。。

必死に頑張る、と、自然に夢中になるでは、うけるストレスもまったく違うのでしょうね。
まわりの人への影響も違うような気がしますね~。

Re: こんにちは(^^)

> 常に高い目標をもって、努力をしている人は「凄いな~」とは思いますが、達成できたら、次はどうするのかな?と思ってしまいます。
> やっぱり、もっと高いものか、違うものを目標とするのでしょうね~。
> 気づかないうちに、自分を追い込んでしまうかもしれませんよね。。
>
> 必死に頑張る、と、自然に夢中になるでは、うけるストレスもまったく違うのでしょうね。
> まわりの人への影響も違うような気がしますね~。

たまには原点に帰ってみないと、ひたすらゴールがないのに走っていることになりますからね。

足るを知る?
でしたっけ?老子の言葉でしたっけ?
うろ覚えで申し訳ないですが、そういう言葉がありましたよね。

私は長いことボーッとしていたので、
「少し忙しくしてみよう」
って思っているところです。

表と裏

緊張と緩和

どちらも大切なこと、かけがえのないこと

なのでしょうね

表裏一体ですものね


ありがとうございます

Re: タイトルなし

> 足るを知る?
> でしたっけ?老子の言葉でしたっけ?
> うろ覚えで申し訳ないですが、そういう言葉がありましたよね。
>
> 私は長いことボーッとしていたので、
> 「少し忙しくしてみよう」
> って思っているところです。

「少し忙しくしてみよう」なんて羨ましいです。

知足者富ですね。

Re: 表と裏

> 緊張と緩和
>
> どちらも大切なこと、かけがえのないこと
>
> なのでしょうね
>
> 表裏一体ですものね
>
>
> ありがとうございます

バランスが大事ですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX