« ホーム »

手に入らないときはトータルで考えてみる

Facebookで『タオに生きる』人気記事レビューを始めました。過去に反響のあった記事を振り返っています。
よかったら覗いてみてください。


欲しがっているものが手に入らないとき、私たちは余計に「何がなんでも」それを手に入れたくなったりします。

不思議なもので、手に入れるのが困難だと思うと、本来の価値以上に、かってに価値を高めてしまうものです。
手に入りにくいものは、それだけ貴重だから価値があるとでも思ってしまうのでしょうか。

そして、さらには「いますぐ」欲しいという思いがそれに加わると、無理をしてもそれを手に入れようとして、結果的にバランスを崩してしまうのです。

こんな時は、トータルでバランスを見なおしてみることです。

いますぐに手に入らないなら、いまはまだその時でないのだ、無理をしても余計に手に入りにくくなると考えてみるのです。
その時が来たら、嘘のように楽に手に入るのだと考えてみましょう。

実際そのようなことは、結構あるものです。

何がなんでも、いますぐ欲しいと思って、さんざん無理をして手に入れる。
しかし、いったん手に入ってしまうと、実はそれほど欲しいものでもなかったことが分かってきます。

いくらも経たないうちに、見向きもしなくなってしまうことだってあるのです。

手を出す猿

それは手に入らないという抵抗が大きかったために惑わされて、本来の必要性を冷静に見ることができなくなっていたからです。

実は、いますぐ手に入れないといけないものなど、そうそうあるものではないのです。

なかなか手に入れにくいとか、あるいはいまを逃すと手に入らなくなるかもしれないという錯覚が私たちを惑わしてしまうだけなのです。



荘子の中に、【朝三暮四】(ちょうさんぼし)という言葉の語源である話が出てきます。

飼っている猿にトチの実を与えていたのですが、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿はそれでは少ないと言って怒りだし、納得しなかった。
そこで、「それならこうしよう。朝に四つ、暮れに三つやる」と言うと、猿たちはそれを聞いてたいそう喜んだという話です。

バンザイする猿

トータルで考えれば、どちらも七個手に入っているのに、それが見えてこないのです。

目先の違いに惑わされて、実際は同じであるのに気がつかないことを表現する言葉として使われますね。

そうです、いますぐに欲しがるのは、朝三暮四では嫌だと言っている猿と同じことなのです。

「いますぐ欲しい」という猿の智恵から脱出すれば、もっと人生を豊かに暮らすこともできるのです。

手に入らないものにいつまでも執着しないで、あっさり忘れてしまえば、その時間を他のことに使うことが出来ます。

しかも、「手に入る、入らない」を気にしてやきもきして無駄なエネルギーを費やすこともなくなります。
手に入ろうが入るまいが、どちらでもいいと思っていれば、もっと現実的なことに注意を向けることができるようになるのです。

そして、トータルバランスで考えるなら、時期が来たなら、それは「労せずして手に入る」という確率が高くなるのです。

このちょっとした駆け引きを、自分の中の猿たちに使ってみましょう。

こんな小さな切り替えですが、積み重なると馬鹿になりません。

無駄なエネルギーを使わなくてよくなり、きっと生活にもっと余裕が出てくるでしょう。


気に入っていただけたらワンクリック ⇒  人気ブログランキングへ


[関連記事]
誰の責任か



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

手に入らなければ、入らない程、よけいに手に入れたくて仕方がない…そういうものがあります。
でも、よく考えてみたら、それは本当に自分に必要なものなのかどうか…確かに、手に入らないから余計に欲しいだけなのかも知れません。

手に入りそうになった時に、思わぬ邪魔が入ったり、手に入ったと思ったら、逃してしまったっり、それはきっと時が満ちてないということなのかもしれませんね。

気持ちを切り替え、執着せず、余裕を持って生活したいと思いました。
 いつもありがとうございます。

Re: No title

> 手に入らなければ、入らない程、よけいに手に入れたくて仕方がない…そういうものがあります。
> でも、よく考えてみたら、それは本当に自分に必要なものなのかどうか…確かに、手に入らないから余計に欲しいだけなのかも知れません。
>
> 手に入りそうになった時に、思わぬ邪魔が入ったり、手に入ったと思ったら、逃してしまったっり、それはきっと時が満ちてないということなのかもしれませんね。
>
> 気持ちを切り替え、執着せず、余裕を持って生活したいと思いました。
>  いつもありがとうございます。

無理をして手に入れようとするよりも、いま手の内にあるものを見なおしてみることも大事かもしれませんね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX