« ホーム »

情報集めとあなたのユニークさ

ネットの時代になって、情報収集の効率は飛躍的に発展しました。
図書館で文献を探して、その中から目で追いかけて情報を探していたのと比べて、今や検索をかけるだけでズラッと必要な情報が並びます。

情報を集め整理してそれを提供する人は、ネット以前にもいたわけですが、今ではやろうと思えば誰でも情報の収集家にも、提供者にもなれる時代です。

プロではない情報処理の要員を一般に依頼して、それをまとめるというやり方も、新しいビジネスになっていくでしょう。

しかし勘違いしてはならないのは、情報がすぐに手に入るからと言っても、それは自分が新しいものを創り出したわけでもないし、それらが自分のものになったわけではないことです。

ネットで情報


「ネットで少し調べればわかることでしょ。もっと自分で調べてから質問しなさい。」
そんなふうに叱られるようにもなっています。
こうして叱られて、傷ついた人ほど後輩に対して同じことを言ったりします。
自分も馬鹿にされたから、言い返したくなるのかもしれませんが、しかし、自分もほんの数カ月前には、全く知らなかったことなど忘れているのです。
単に調べ方を身につけただけで、勘違いしてはいけません。
情報を整理して新しい見方を提供できてこそ、他人に教えることが生まれてくるのです。

このような豊富になった情報というのは、もともと誰かがどこかで創りだしたものを借りてきているわけです。
情報収集をやっていれば、当然その収集したり整理したりするノウハウは蓄積されてきます。
少しやっていれば、専門家のようにも見えてくるわけで、必要な人にそれを提供すれば、それがビジネスにも成り得るものです。

さらには情報処理がこれからの時代の新しい産業のように思われていますが、しかしそこでは新しいユニークなものを生み出すわけではないことも忘れてはなりません。
新しいものを生み出すながれも、それとは別に、ちゃんと存在し発展させなければなりません。
誰もが情報収集家ばかりになっても、誰がつくりだすのかということになります。

ところで情報に限らないことですが、人は何かを集めだすと、それ自体に夢中になってしまいがちです。
情報集めにのめり込んでしまうと、人はそのことが自分の生きる目的であるかのような気にもなってしまいます。

「情報を集めていけば、いつかなにか答えが見つかるだろう。」
そんな漠然とした思い込みから、もっともっと情報を集めようとします。
そのうちに、他人よりもより多く、より早く、情報を手に入れることに熱中してそれが生きがいになってしまうかもしれません。

ですが、既存の答えをいくら集めても、集めるほど、あなた自身のユニークさは隠れてしまいます。
借り物の思想を、借り物の言葉で語る自分、それがなにかユニークであるかのように勘違いしてはいけません。

なにか物知りになったり、自分で何かを生み出したような気になっていても、それらは所詮、情報収集を行ったに過ぎません。
そこらじゅうに転がっているガラクタを集めて、それを自分なりに整理するという行為で、かろうじて自分らしさを見せるかもしれませんが、そんな外を探すのをやめればべつのことが見えてくるのです。

いやそれよりも、外側から情報を取り入れてばかりいては、自分の中でそれをこなす暇もないし、だんだん自分の表層部分でそれらを出したり、入れたりするだけの情報処理マシーンになってしまいます。

自分の奥に隠されてしまったユニークさは、表に出られる機会を失ってしまいます。

時には、情報に頼ることをやめて、すべて自分の中に問いかけるだけで答えを求めてみましょう。

「このまま情報の洪水に巻き込まれていては、何かを失ってしまいそうだ。」
そんなふうに、いち早く危機感をいだいて、なかには、既に意図して情報を遮断し始めている方もいらっしゃるかと思います。

子どもひらめき


「今日は、調べるのをやめて自分で考えてみよう。」
そう思うだけでも、自分のユニークさを回復するための時間を作り出すことが出来ます。
また情報に頼らないで、自分の目で見て自分がはだで感じで、なにかを見つけることができるでしょう。

自分で見て感じることを一切やめてしまうと、なにが自分であるのかがだんだんわからなくなってしまいます。
わからないからと、さらに情報を集めようとしても、余計に遠ざかるだけなのです。


誰もが桁外れになることを求めている
それを追求しているのは自我だ
特別な誰かでいようとすること
ユニークで比類のない誰かでいようとすること---
そして、ここにパラドックスがある
例外的であろうとすればするほど、
それだけあなたはあたり前に見える
なぜならば、誰も彼も桁外れを追い求めているからだ
それは実にありふれた欲望だ
もしあなたがあたり前になったなら
まさにあたり前であろうとするその探求こそ桁外れなものだ
というのも
誰かがただ誰でもなくなろうとすることなど世にもまれなことだから
誰かがただの虚ろな
空っぽな空間になろうとすることは世にもまれなことだからだ

これこそある意味では本当にただならぬことだ
誰ひとりそれを求めてはいないのだから---
そして、ただの人になったとき
あなたはただならぬ人になる
そしてもちろん、突然あなたは
探求することなくして自分がユニークになっていることを発見する

Tao永遠の大河〈2〉―バグワン・シュリ・ラジニーシ老子を語る (1980年)
著者: バグワン・シュリ・ラジニーシ めるくま-る社 / 1980-03


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
誰でもない人でいよう
自分らしさに戸惑う人に


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

共感いたします

時には、情報に頼ることをやめて、
すべて自分の中に問いかける

この世界は情報が溢れていて、情報を収集することが
ツールではなくて目的化してしまいがちですね

何も考えずに(考えようとせずに)、今の自分をただ感じること
このひとときが、静寂で心地よく、かけがえのない体験
のような気がします

ありがとうございます

Re: 共感いたします

> 時には、情報に頼ることをやめて、
> すべて自分の中に問いかける
>
> この世界は情報が溢れていて、情報を収集することが
> ツールではなくて目的化してしまいがちですね
>
> 何も考えずに(考えようとせずに)、今の自分をただ感じること
> このひとときが、静寂で心地よく、かけがえのない体験
> のような気がします
>
> ありがとうございます

そうですね、外部の情報に頼りすぎて、それが当たり前になっているので、
何もあてにせずに、自分で考え感じることが少なくなってきているのでしょう。

お仕着せの答えを、ただ右から左に流している存在になっていては、自分が生きている実感は持てないものです。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX