« ホーム »

自分の中に基準を持ちましょう

自分の中に拠り所がないと、人は簡単に他の人の考えを信じ込んで、取り込もうとしてしまいます。

「これが唯一の正しい方法です」「こうすれば大丈夫ですよ」「間違ったことを信じていませんか」「これで100%解決です」「これを信じないと後悔しますよ」

自分で基準を持たないと、こんなもっともらしい訴えかけに、どうやって抵抗できるでしょう。

何を信じても自由だとは言えますが、問題はそれが借り物の基準に過ぎないと言うことです。
自分の基準として取り込んでも大丈夫と考えたのであれば別ですが、他の人の考えに頼ってしまうことは様々な問題を引き起こします。

借り物の考え方では、ちょっと状況が変わると、どう判断していいのかわからなくなります。
また自分で信じられずにそれに従っていると、自分で責任を取ることを放棄することにもつながります。
自分を守るためには、「誰かがこうしろと言ったからだ」といういいわけで誤魔化さないといけなくなります。

しかし、そうはいっても何を前提にすればいいかは難しい問題です。
難しいからこそ、今までいろんな哲学や思想が生まれ、これが正しい、あれは間違っていると議論されてきたわけです。

ただ一つ言えることは、自分を苦しめることは間違っている方向だと言うことです。
どんなに、もっともらしくても、自分を不幸にする考え方はどこかが間違っています。

自分で基準を持てること、自分を苦しくさせるものでは無いことを前提として考えて、わたしは次の2点を基準にしたいと思います。

1.真実は自分の外ではなく内側に見つけられるものである。
2.それは「自分を生きる」ことを肯定するものであること。

1を前提に出来ないと、前述のように、人は常に外の世界に基準を探し求め、翻弄されなければなりません。

2はもう少し入り組んでいて簡単ではないかも知れません。
というよりも永遠のテーマかも知れません。

たとえば、あなたを悩ませることは過去に傷つけられたということかも知れません。
傷つけた人が意図的だったか、仕方がなかったのか、それは問題ではありません。
今ここに存在している悩みが実態です。

あなたはその傷つけた人のことを恨んで、一生思い続ける選択も出来ます。
しかし、今ここにある悩みを解決したいのであれば、その人を許すことに取り組まないといけません。

それがいかに許し難いことであったとしてもです。

あなたがその人を許すのは、それが許しに値する人であるかどうかではなくて、あなたが受けた傷を思い出すたびに苦しんで、自分を傷つけたくはないからです。
その毒をため込んでゆくのはあなたであって、恨んでいる人ではありません。

人を許すというのは、言葉で言うのは簡単ですが、最も難しいことの一つだと思います。それでも、あなたがこの後の一生を台無しにしたくないのなら、今許すことをまず選んだ方がいいということです。

自分を傷つける方向に向かわせる原因は、先に取り除かなければなりません。
それを後回しにすると、全てのことがそこから派生する行動に影響されてしまうからです。
そう思うことが難しくても、あなたは人を恨んでずっと過ごすことは望んでいないはずです。
恨みを持ち続けることは、あなたの人格全体をゆがめてしまいます。

このような例を取り上げたのは、人が悩むことには、多かれ少なかれこのような問題が根底にあることが多いからです。

普段冷静な人が、ちょっとしたことで我を忘れて感情的になる時には、このような問題を刺激したからかも知れません。

引っ越しで大きな荷物を下ろしてしまえば、あとは流れ作業になる様に、大きな原因を先に処理すれば、そこから派生した問題も自動的に消えて後はスムースにことが運ぶようになります。

大きな荷物を下ろせば、その後にはもっとあなたの役に立つことが入ってくる隙間が出来ます。
「何で他の人はあんなに楽しそうにしているんだろう」と思うのなら、自分の荷下ろしを考えた方がいいかもしれません。

どうせなら、もっといいものを自分の行動の拠り所にして生きたいものです。
そしてそれが自分の中にあると信じられたら、外の世界の誘惑はきっぱりお断りできる自分の判断も育っていきます。

また自分に余裕が出来れば、他の人のこともそのままで認められる様になるし、他の人の問題に刺激されて自分まで巻き込まれることも無くなってくるでしょう。

あなたが選んだものでは無い信念を手放して、「ほんとうのあなた」を見つけ出す努力、これは何よりもやりがいのあることではないでしょうか。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX