« ホーム »

話すのをためらう人と語りまくる人

医者と患者、カウンセラーと相談者と言った関係では、話をする中で治療者側が微妙なタイミングで間を取るということに気づかれたことはないでしょうか。

相談者は話したいことを沢山抱えているのだけれど、うまく話を切り出せないという場合が多いものです。

カウンセラーと相談者が交互に話を交わしていく中で、相談者が話し終わったところでカウンセラーは暫く間を取って黙っている。

すると相談者は今度はカウンセラーの話す番だと思っていたので、戸惑ってしまうのですが、これによって勇気を与えられた相談者は、それならというわけで自分の話したかったことを話し出すのです。

もともと相手に聞いてもらいたいことを抱えていた人にとっては、この微妙なタイミングの間を取ることで、自分の話したいことをいつの間にか話せる様になっている訳です。

これはカウンセリングの場だけの話ではなく、普段の私達の会話でも有効なテクニックです。

いつも通りに交互に話をしていたのでは、表面的な会話だけで終わってしまうところを自分の抱えていた問題を伝えられたことで相手はあなたに感謝するかも知れません。
そのことに気づかないまでも、あなたとの会話に満たされた感じを持つでしょう。

ひとは話をした分だけ相手に心を開くことが出来ます。
心を開くに従って、いろんな話も出来るようになってきます。

普段の会話だけでは物足りなさを感じているのであれば、試して見てはいかがでしょうか。

※※※※

これとは対照的に、何かのきっかけで一気に語りまくる人もいます。

その中にはいろいろなタイプがあるでしょうが、気をつけたいことは相手との話が、「今、ここ」での「あなた」とのリアルな世界につながっているかどうかです。

というのは、いきなり話し出す人というのは、普段からため込んでいた自分の問題、不満、愚痴といったものがあって、それをあなたをきっかけにして一気に話し出すという場合が多いからです。

そして、そのような場合には、もはやあなたが誰であるかは関係なくなって、自分が作り上げた世界で、自分が作り上げた相手に話しているといった場合があるのです。

しかし相手に正直さや素直さが残っていれば、ひとしきり話した後の自分に気づくことが出来るかも知れません。

その場合は、それでまた、「今、ここ」でのリアルな世界での話も再開できるでしょう。そうでない場合には、あなたは早々に立ち去った方がいいかもしれません。

中には自分の敵対する人間像を作り上げている場合もあります。
こんなことをする人間は、こうに決まっているという強い思い込みがあります。

そんなときあなたが言ったことやしたことが、たまたま、そのモデルに近かったためにあなたという人間をそのモデルそのものに仕立て上げてしまうかも知れません。

あなたは何で自分がこんなに悪く言われるのか、訳がわからなくなってしまうでしょう。

しかしこのようなタイプは見分ける方法が有ります。
それは「今、ここ」での「あなた」との対話になっているかどうか、そこから、かけ離れ内容になっていないかをチェックしてみればわかってきます。

きっかけになったことに、あなたが当てはまったとしても、その後の訴えがあなたとはかけ離れたものになっている場合、もはや相手の人は自分の作り上げた世界にいると考えた方がいいでしょう。

そんな相手には、もはや普通の会話は成り立たなくなっています。
一晩話し続けても、そこには疲れ切ったあなたが残るだけです。

相手の非難とかに巻き込まれないようにして、早々に立ち去った方が賢明です。
相手が対象としているのは、リアルなあなたではないからです。

あなたが専門家でないのなら、間違っても相手を変えようなどと思わない方が無難です。

「聞こうとしない人、見ようとしない人」には対処の方法はありません。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も、医療者なので、患者さんとの会話の中で、
この方法で、本音を引き出すことをします。
今、がん患者、精神疾患が非常に多いため、
どうしたいのか、どう思っているのか、
本人自身の考えを引き出すのは難しいのですが、
ちょっとした間を取ることで、
また、少しだけ話題をそらすことでも、
気持ちを引き出すことは有効ですよね・・・。
後は、聞く側の姿勢なのかな…。

Re: No title

syo さんメッセージありがとうございます。

> 後は、聞く側の姿勢なのかな…。

患者さんにしてみれば、先生の忙しそうな雰囲気が感じられると
つい遠慮してしまう様なこともあるかも知れませんね。
あと、切り上げる時に、「他に何か話しておきたいことはありますか?」
という一言があると、特になくても
聞いてもらったという気がするのかも知れません。

こんにちわ^^

いつも読ませて頂いています。
この後半のお話ですが、思い当たる所があります。
ちょっとメゲていたのですが、救われた気がします。
悩んだ結果、何も言わずに退散したのですが、
正解だったみたいですね^^

Re: こんにちわ^^

たえさん いつもありがとうございます。
あとから思えばそんなこともあったですみますが、
その時には、わかっていてもいやな気分になりますね。
あとの半分は相手の問題、と思って割り切るのがいいように思います。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX