« ホーム »

信心銘 - 当たり前のことを当たり前に

信心銘

至道無難(しいどうぶなん)
唯嫌揀擇(ゆいけんけんじゃく)

但莫憎愛(ただぞうあいなければ)
洞然明白(とうねんとしてめいはくなり)

毫釐有差(ごうりもさあらば)
天地懸隔(てんちはるかにへだたる)

欲得現前(げんぜんをえんとほっすれば)
莫存順逆(じゅんぎゃくをそんすることなかれ)



道に至るに難しいことではない。
ただえり好みすることを嫌うだけである。

憎愛がなければ、
この世はほんとうに明白この上ない。

しかしそこに毛筋ほどの差でもつくれば、
天地のようにはるかに隔ってしまうのだ。

眼の前のことを得たいと思うのなら
順序など考えてはならない。


※「揀擇」とはえり好みをするということです。



素直に読めば、もっともだと思えるのです。

しかし、わたしたちはすぐに、「でも順序を考えずにやっていては仕事にならないよ。」と言いたくなってしまいます。

たしかに、ここに書かれていることは、仕事やその効率を考えることとは、ことごとく相容れないことのように思えます。

一般に仕事のやり方を人に教えるとするなら、やり方が飲み込めずに、のんべんだらりとやっている部下を見れば、そんな非効率なやり方ではダメだと言ってしまうでしょう。
「もっと優先順位を考えて仕事をしなさい」というのが、常識なのです。

ですから、「ワカランでもないが仕事をする上では、こんなことは役に立たん」と切り捨ててしまいます。
そして、「こんなことを言っていられるのは、修行ばかりしている坊主だから考えるんだ。」
「こんなやり方で仕事をしていたんでは、すぐに倒産してしまうだろう。」
とばかり、自分には関係の無い、縁のない世界だと言い放ちます。

だいたい、こんな考えをちらつかせていては、効率が落ちてしまうではないかというわけです。
今売れ筋のものを大事にして、期限の過ぎたものは後回しにしろ。
唯、揀擇(けんじゃく)を好んで仕事をしろと。

おっしゃることは尤もであり、実際成果をあげようと思えば、それが役に立つことは間違いないでしょう。

ただ、仕事をする上に置いて大事であることが、すべての面で大切であるわけではないのです。

仕事というのは、だれも好き好んでやっているわけではないでしょう。
いや私は仕事が好きでたまらないという人でも、仕事を全体としてみれば、好きなことにはさまって面倒なことも存在するものです。

本来ならやりたがらない事をするから、その見返りに報酬を受け取る。
報酬があると思うから、少々嫌でもやっているのです。

ですから、仕事というのは、本来は自然なことではないわけです。
人が本来それを好んでやりたくなるようなものではなく、不自然なことを要求する世界なのです。

不自然なことを強要され、素直さをしばらく押し黙らせて、仕事というものに取り組むのです。
ですから、いつまでもそれを続けることには無理があります。

不自然なことを一定時間やったのなら、自然に戻してやらないといけません。

そして、そのときには、選り好みせず、順序など考えずに、ただ目の前のことに取り組むのです。

自分を傷つける感情は「比較」することから生まれます。
自分と他人を比べてしまうから煩悩が生まれ、それがさらに愚かな行いを産み出して、しがらみとなってしまうのです。

仕事の時は、仕事の効率を追求し、優先順位や比較を取り入れてやればいい。
それとともに、「比較」しないで物事を見られる時間も取り戻す事が必要なのです。

さて、これで偏見が取り除けましたから、坊主の戯言だと思わずに、素直にもう一度「信心銘」に目を通してみてください。

そうすれば、それがいかに素直で自然なことかが見えてくるのではないでしょうか。

「当たり前のことを当たり前にやること。」

判断力のない、汚れのない子どもが見るように、見えるがままに目の前のことに接してみること。
そこで、利益の有る無しを考えないでいること。
すぐ先で起こるだろうと思うことに、先回りしないこと。
そして、いまだけに生きていると思ってそこに存在してみるのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
至道無難(しいどうぶなん)? 私の悩みの元は?

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

えり好みをしていると、イヤ~な事が、いつまでも残ってしまいますよね。
それが終わるまでの間、嫌な気持ちでいなくてはならないんですよね。
(最近は、イヤな事は最初に終わらせてしまうのですが)
当たり前のことを当たり前にしていくと、ストレスも少なくなるんだろうな~、と思いました。

Re: こんにちは(^^)

> えり好みをしていると、イヤ~な事が、いつまでも残ってしまいますよね。
> それが終わるまでの間、嫌な気持ちでいなくてはならないんですよね。
> (最近は、イヤな事は最初に終わらせてしまうのですが)
> 当たり前のことを当たり前にしていくと、ストレスも少なくなるんだろうな~、と思いました。

たまには、価値観を無くして、ごくごく単純に素直に、物事を見る時間をとることが必要ですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX