« ホーム »

常に自然体でいるには

『客に接するは独りおるがごとく、独りおるは客に接するがごとし』(釈宗演)



明治から大正にかけての禅僧、鈴木大拙や西田幾多郎らも彼のもとに参禅したという釈宗演の言葉です。
世界に禅を伝えたパイオニアであり、それは鈴木大拙らに引き継がれていきます。

この言葉は、常に自分自身でいること、自然体でいることの秘訣のようなものを伝えてくれると思います。

飲み会のサラリーマン


私たちは、人と接しているといつの間にか相手に影響されて、本来の自分ではないような振る舞いをしてしまうということがあるものです。
あまり人の批判など好きでない人でも、まわりがみんな批判している中に入り込めば、ついつられて自分まで巻き込まれてしまいます。
あとで振り返れば、そんなどこか我を忘れた、頭に血がのぼってしまった自分に、後悔の念を抱く事になったりするのです。

「客に接するは独りおるがごとく」とは、そのような人と接している時でも、自分独りでいる時と同じつもりで心を落ち着けて揺らさないことを言っているのです。

これとは逆に、私たちは自分ひとりでいると思うと、誰も見ていないのをいいことに好き勝手なことをしていたりします。
誰かに見られたら、すぐに身を正し直すようなことを、だれもいないからまあいいかと気を許してしまうのです。
しかし、例えば家には自分独りだからとだらしなく過ごしていれば、いつかそれが人前でも現れるようになってきます。
それよりも、そんなだらしなくしている自分を、どこかで嫌がったり、評価を下げてしまう自分がいるはずです。

人からの批判には耐えられても、自分自身から湧いて出る不信感からは、逃げようがありません。
やがては、自分を傷つけてしまうような行為まで平気になってしまうのです。

お茶を飲む老夫婦


「独りおるは客に接するがごとし」
誰もまわりにいない時でも、自分自身のバランスを維持するためには、誰かが見ているつもりで行動することです。
自分の行動をみている、ニュートラルな位置にいる自分をいつも意識できるよう心がけたいものです。
それでこそ、常に自然体でいられるというものです。

ですから、もちろん自然体とは、「独りおる」時の勝手気ままな自分のことではありません。
片方に偏らずに、いつでもニュートラルな位置に戻れるような自分を維持していてこそ、自然体に頼れることができるわけでしょう。
そして、このような心がけは、人に見せるためではなく、自分自身の為に行うべきものなのです。

「あるがまま」と言う言葉も、そんなぶれない中心軸から自分が飛んでいってしまわない範囲で、その時その時の変化に対処するということでしょう。

まわりの喧騒に巻き込まれて、ぶっ飛んでしまわないようにしたり、緩慢な倦怠の繰り返しによって徐々に自分をだらし無くしてしまわないことです。
このように、ある程度の緊張感を抜きにしては、あるがままの自分をつかむことは難しいのです。

ヨガ・ピラティス


普段から静かな時間を見つけて、自分を取り戻すことを実践していれば、気がついたら取り返しのつかない位置にまで行ってしまった自分を発見してうろたえることもないのです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
「ありのまま」(森田正馬)
まよいのもとを問う

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

嫁さんが実家へ行ってひとりのときも
「散らかっていると怒られる・・・」
って掃除をしています(笑)

俗っぽいコメントでスミマセン。。。

ごぶさたしています☆

ごぶさたしています、時々遊びにきています。

本当そうですよね、と自分の行動に確信の
材料になりました。
でもときどき、忘れてしまいます。。
とても大事なことと改めて思いました。

Re:こちくんさん

> 嫁さんが実家へ行ってひとりのときも
> 「散らかっていると怒られる・・・」
> って掃除をしています(笑)
>
> 俗っぽいコメントでスミマセン。。。

いや、なかなか適切なコメントです。
普段、めんどくさいと思っていることも、
実は重要な役割を果たしているのかもしれませんね。

Re: ごぶさたしています☆

> ごぶさたしています、時々遊びにきています。
>
> 本当そうですよね、と自分の行動に確信の
> 材料になりました。
> でもときどき、忘れてしまいます。。
> とても大事なことと改めて思いました。

普段どうでもいいじゃないと思っているけれど、
それを無視していると、よからぬ方向に迷いこむことって
あるのかもしれませんね。


sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX