« ホーム »

役に立たない考えから抜けだそう(2)

不健全で現実的でない態度や思考法を取り上げてみます。
これらの考え方は、本人にもまわりの人にも役に立たないのですが、人間の心理の傾向としては、それにはまってしまうことが起こりやすいものを取り上げてみます。

・自分の知らないことを他人がわかったように言っているのは許せない。

この考えの何が問題なのでしょうか。
気になる点は、「自分の知らないことが世の中に存在していては困る」と言いたいのではないかということです。

つまり、この世の中は自分が今理解しているようなことだけで成り立っていて欲しい。
自分の知らないことで、もっと正しくて重要な現実が存在するとなれば、いまのままの自分に甘んじていられないではないか。だから、余計なことを言い出さないでいて欲しいと思うわけです。

せっかくいまのやり方でなんとかやってきているのだから、もっと知っていないといけないことなど増やしたくない。だからそんなことを言うやつの意見はけしからん、封じ込めてしまうべきだと考えるのです。

これで十分と思ってしまったとき、その人は現状を守りに入ってしまい、変化を受け入れ拒否し始めます。
変化を拒むことは、生きることをやめてしまうことです。

この人は、さらに周りの世界に不満を募らせることになるのは眼に見えているのです。

叫ぶ主婦


・たくさんの人に好かれていないと、みじめでダメな人間になってしまう。人に嫌われたと思うと、すぐに自己嫌悪に陥ってしまう。

たくさんがどの位なのかはわかりませんが、誰にでも好かれようと意見を合わせなければと思っているとすれば、自分は何もできなくなってしまうでしょう。

そもそも周りを少し見渡せば、同じ意見の人が揃っていることなどないことがすぐに分かるはずです。
自分をどんな立場に置こうと、意見の異なる人はいくらでも登場してきます。

相手から嫌われたとしても、嫌ったのは相手の選択であって自分がみじめに感じたり、間違っていると思わなければならない理由などないでしょう。
相手がどうしてあなたを嫌うのかを告げたとしたら、あなたがそれについてどう判断するかを考える。
相手の指摘が正しいと思えば、あなたは自分を変える選択を取ることができるし、正しくないと思うのなら、あなたにできることは何もありません。
嫌うのは相手の自由ですから、あなたはあなたで自分のことを進めていけばいいでしょう。

こんなことで自分を動けなくしてしまう自分をどう考えるかが問題です。
動きたくないから、言い訳していると思うのなら、そちらの方こそ自分を改めるべきことであるでしょう。
人に嫌われて自己嫌悪するよりも、自分で自分を裏切らないことの方が大事です。

そして、自分の考えでどんどん行動する人は、他の人の批判などでいちいち落ち込んでいる暇はないし、他人から好かれているかなど振り返る暇があったら、自分を自分で誇れるようなことをすることに時間を使うでしょう。

泣いている女の子


・欲しいものは手に入れたいが、失敗はしたくない。

失敗せずに、全部の試合に勝ちたいとでも言うのでしょうか。
そんなことはできないことは、自分自身でよくわかっているはずです。
失敗と成功が入り交じっているのが現実だと分かっていながら、失敗の方だけ拒絶するのはわがままでしかないでしょう。
そうやって、失敗するかもしれない場面に立つことから逃げ出しているから、いつまでも失敗を怖がることになるのです。

まずはひとつ失敗するところからスタートしましょう。
これでもう失敗したから怖がることはありません。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
相手に嫌われまいとすることの誤解
批判を恐れる心理

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

これらの中で、自分にあてはまる物は、あまりなさそうです。。。
最後の「欲しい物は手に入れたいが、失敗はしたくない」は、ちょっとわかる気もしますが、失敗した方が多くのことを学べるような気もしますね。
特に、子供が失敗すると、きちんと物事をおぼえて、欲しいものも最終的に欲しいものも手に入るかな、と思いますね~。

Re: こんにちは(^^)

> これらの中で、自分にあてはまる物は、あまりなさそうです。。。
> 最後の「欲しい物は手に入れたいが、失敗はしたくない」は、ちょっとわかる気もしますが、失敗した方が多くのことを学べるような気もしますね。
> 特に、子供が失敗すると、きちんと物事をおぼえて、欲しいものも最終的に欲しいものも手に入るかな、と思いますね~。

前回から、「役に立たない考えから抜けだそう」ということで取り上げている考え方は、行動を制限しているマイナスの動機付けといったものを取り上げています。
こういった考えにとりつかれていると、不平不満を言いながらなにもしないでいる言い訳ばかりの生き方になってしまうでしょう。
ただ、実際自分がそうしていると、自分ではなかなか気づかないという場合も多いものです。
次回でまとめてみたいと思います。

No title

図太くなったのかなんとな~くわかる気もしますけど、あまり当てはまらない感じです。
極端な例なんでしょうけどね。

若い頃は気にしいだったので、成長と捉えていいのかな?

Re:こちくんさん

> 図太くなったのかなんとな~くわかる気もしますけど、あまり当てはまらない感じです。
> 極端な例なんでしょうけどね。
>
> 若い頃は気にしいだったので、成長と捉えていいのかな?

成長したんでしょうね。
あまり面白い現実ではないですけれど。

※さてどうやって次回でまとめようかな。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX