« ホーム »

批判を恐れる心理

批判を受けたり、非難されたりすることは誰でもいやなものです。

しかし、中には批判されることを極端に厭がり、少しでも批判を感じ取ると、その場を逃げ出したり、そのような人達との接触を極端に避けるという行動を取る人がいます。

このような人は、自分の世界には批判は存在しない、存在してはいけないと思い込んでいて、少しでも非難を感じ取ると自分の人格への脅威と受け止めてしまいます。

これは以前「グレーの領域」で書いた様に、「白か黒か」「All or Nothing」というように二元論で物事を考えがちの人に見られやすいのかも知れません。

少しでも批判の香りがすれば、自分の世界が崩壊する様な脅威と感じてしまいます。
今まで批判のない国に住んでいた人が違う世界の存在を垣間見て、平和な世界が壊れることを恐れて、認めたくない、見たくないと思ってしまうようなものです。

したがって、このタイプの人は、人から批判されない様に当たり障りのない発言しかしません、批判を受けそうな人が近づくと何とか避けようとしてしまいます。

このような点を裏返して考えれば、批判を避けるために自分の考えを全て表すことが出来ない、関心はあっても批判を受けそうな人との交流を持てなくなってしまうといった不自由で、無理のある生き方を強いられてしまいます。

こうした生き方から抜け出すためには、もっと現実を受け入れて、グレイな領域でも生きていくこと、不完全さを味わいながらも生きていくのが普通であることを認めていく必要があります。

・批判、非難を避け続けることで築いてきた砦の中の平和は、本物ではないこと。
・自分を認めてくれる人ばかりがいるわけでないこと、また逆に非難する人ばかりでも無いとことを認めること。
・完璧に批判のない世界を夢見るのではなく、批判も受容も両方あるグレイの領域でも生きていけることを経験していくこと。
・批判を受けたら世界が終わりではなく、少しくらい批判されることは誰にでも起こる当たり前のことだと認められるようになっていくこと。

それから批判を受けることに限りませんが、何かを避けている人は、他の人は全くその点で問題が無くストレスなしに出来るから平気なのだ、自分はそんなことは出来ないと考えがちです。

このような考えは、「All or Nothing」という二元論を助長する考え方です。
つまり、自分が完璧に平気になれたら、自分もやってみるという考えになってしまうからです。

しかし一人の人間にとってストレスであることは、多かれ少なかれ誰でもストレスを感じるものです。完璧にストレスフリーでやっている人などいないのだと認めることです。

ひとつの非難で自分を見失っていては、いつまでたっても状況は変わりません。

誰でも批判される要素を持っているし、誰からも非難されない人間などいないのだと考えて、批判されたらもう一つ別の批判を受けてみようぐらいに思って行動してみる。

セールスマンは1つ断られたら1つ成約に近づいたと考える、という考え方がありますが、まさにこのような発想が有効ではないかと思います。

また批判を受けた数が多くなるほど、1つの批判が持つダメージはどんどん小さくなっていきます。
いままで世界の終わりと恐れていたことも、数ある批判の1つに過ぎなかったと感じられる様になってくれば、もう批判の恐れの奴隷ではなくなっているでしょう。

批判を避けるための砦からのぞいていないで、そこから外に飛び出してみましょう。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX