« ホーム »

どうせ私なんか...

「どうせ私なんか...」「自分は何をやってもだめだなあ」といった言い方が口癖になっている人はいないでしょうか。
このような言い方をしていると、そのたびに自分の評価を下げ、現実に対応できない自分に嫌気がさしてきます。
しかしそれでは本当に自分のことをダメだと思っているのかというと、案外「どうせ私なんか...」を多用している人に、能力を評価しない扱いをすれば機嫌が悪くなったりするものです。

これは、「私なんかダメ」と口では言いながら、「本当の私はこんなものではない」「今に自分のほうが能力が上であることを見せてやる」とどこかで思っていたりするからでしょう。

このような人は、口にする言葉とは裏腹に「自分は他の人より能力があり、特別な存在である」という評価を受けないと満足できないと思っているのです。
しかし、現実は自分のイメージ通りにはいかないし、まわりも正当な評価をしてくれていないと思っていますから、いつも不満を感じて続けることになってしまうのです。

それでは「自分はそのように評価されるはずの人間である」ということに根拠があるのかというと、そうではありません。
そう思っていないと自分を肯定できないから、そうあって欲しいと思う願望が、根拠にすりかわっていたりするわけです。

謝罪はちまき男性


少しぐらい「ダメだねー」と言われたって全然平気でいられる人がいる一方で、このタイプの人は口では自己卑下していながら、実際には何もかも自分を評価されないと満足できないのです。

このような評価されたいという願望は、そうでないと自分はOKだと感じられないというのが根底にあるのです。
いいかえれば、何もアピールするものがないと、自分など誰も評価してくれないという恐れをいだいているのです。

たしかに今の社会は能力を示さないと評価を受けにくいというのも確かです。
だから、人から評価される人間になろうとするのは何よりも大事なのだと主張します。
しかしそれを言い訳にして、本当の問題は「自分を無条件に肯定できないこと」にあることを見ないようにしているという場合も案外あるのではないでしょうか。

確かに評価される方が嬉しいのは誰しもそうでしょうが、何がなんでもそれを求めるようだと、恐れからくる行動の可能性が強いわけです。

また、自己卑下を多用する人は、一端自分が評価されてくると、一転して自分以外の人の能力を低く見ようとする場合があります。
これは、いままで自分に対してダメ出しをしてきた側の自分もまた、自分の中に抱えていたわけだからです。
こんどは、自分をダメ出ししていた方向が外に向けられたというわけです。

にらむ1


いずれにしても、どらが優位かを比較することで自分の評価を決めようとしている限り、やすらぐことはありません。
条件をつけなくても自分を肯定し、そのままでも価値があり存在していいのだという確信が持てるほど、外側からの評価は自分に影響を与えなくなってきます。
その結果、何でもかんでも自分にはできるように見せる必要性を感じなくなり、より客観的に自分の能力を見極めることもできるでしょう。

自分はこういう方面が向いていると思えばその能力を正当に評価できますし、自分にはわからないことを隠して知ったかぶりをする必要もないので、気軽に人と接することができるようになります。
自分のダメな部分を知られることも、それほど恐れなくなりますから、冒頭の話とは別の意味で、「こういうことは自分には能力がないので」ということも言えるようにもなるのです。

「どうせ私なんか...」と言いながら本心では自分の価値が認められないと思っていると、慢性的に気分が落ち込むことになります。悪循環を断ち切るためにも、自分の欲求を正直に振り返ってみましょう。

自分の評価を発言したあとで「嫌な気分が残るかどうか」を調べれば、どちらの傾向が強いかは自然にわかってくると思います。
正当に自分を評価して、そのままを見せることに抵抗がなくなれば、どんなに気が楽になるだろうと考えてみてください。
そしてそうすることに抵抗している自分に気づくことです。
そこからあなたの最大の弱点であり恐れのみなもとが見つかるだろうからです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
プライドを捨てよう
人からの承認だけが大事なの?
あなたを隠さないほど近づける

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんにちは(^^)

「私なんかダメ」と言う人がいますが、実はプライドが高いんですね。
成功すると、まわりを低くみるような発言…たしかにそうですね。。。
そばで急変する様子を見て疑問に思っていましたが、そういう心理なんですね~。
すごく納得しました。
小さい頃の育ちと関係があるのでしょうかね?
ちょっと気になってしまいました。

すご~く

当たっていますね~。


願望が根拠にすりかわっていたり
するところがなかなか手強いですね。


どちらが勝っている、負けている
かということにこだわるクセも
やっかいですね。


自分の評価を発言したあとの、
自分の中の反応を良くみる
ようにしていきたいです。

Re: こんにちは(^^)

> 「私なんかダメ」と言う人がいますが、実はプライドが高いんですね。
> 成功すると、まわりを低くみるような発言…たしかにそうですね。。。
> そばで急変する様子を見て疑問に思っていましたが、そういう心理なんですね~。
> すごく納得しました。
> 小さい頃の育ちと関係があるのでしょうかね?
> ちょっと気になってしまいました。

まあ言葉遣いだけでは断定できませんが、こういったタイプの心理状態というのは
存在するようですね。
I'm not OK.Your are OK.を表現していた人が、何かのきっかけで
I'm OK.Your are not OK.の立場に逆転するパターンです。
いいかえれば、無力な被害者から迫害者に切り替わるということです。

Re: すご~く

> 当たっていますね~。
>
>
> 願望が根拠にすりかわっていたり
> するところがなかなか手強いですね。
>
>
> どちらが勝っている、負けている
> かということにこだわるクセも
> やっかいですね。
>
>
> 自分の評価を発言したあとの、
> 自分の中の反応を良くみる
> ようにしていきたいです。

正直に自分の感情を見つめてみれば、本物かどうかは見分けがつくものです。
自己欺瞞は自分をいじめるだけですから、さっさと手放すのが一番ですね。

No title

わかったようなことをいう人間が一番わかってなかったりする
わかったようなことを言って
「俺はわかってるぜ」アピールがしたいだけなのだろう。
的外れだとも気づけずに。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX