« ホーム »

嵐の中でも時はどんどん過ぎていく

「嵐の中でも時はどんどん過ぎていく」(「マクベス」 シェークスピア)

トンネルといっても、一山抜けるだけの短いトンネルもあれば、海底を通るような凄い距離のトンネルがあるわけです。
私もそんなに長いトンネルを通った経験がありませんが、短いトンネルしか経験したことのない人が、たとえば青函トンネルを抜けることになって、その距離をよく知らずにいつ出口が見えるだろうと外ばかり眺めていたら、だんだん不安になってくることでしょう。
このままいつまでたっても、陽の目を拝めないのではないかとさえ思ってしまうかもしれません。

トンネル


出口が見えないことは、私たちを非常に不安にさせる原因になります。
しかし、何分後にはそこから出られるという情報を知っていれば、それなら他のことをして過ごしていようという気になれるかもしれません。

ところが残念なことに、私たちが不安に思う状況というのは、大抵の場合、いつ終わるかわからないものがほとんどでしょう。
未来のことは、誰にもわからないのですから。

そんな不安の中にいて、不安にばかり目を向けていたのでは、精神に支障をきたしてしまうことにもなりかねません。
不安の中では、不安から逃げるのではないですが、不安にばかり気を取られていないで、そんな中でも自分や周りの状況は刻々変化しているものだということに眼を向けることです。

一つのことにとらわれやすい人というのは、自分にはいろんな面があり、いろんなことを感じたり、いろんな欲求を抱いたりする自分が存在する、ということに気づかなくなっている場合が多いのではないでしょうか。

そして、今の自分の生きる道はこれしかないのだと決め込んでしまうのです。
そんなひとつしかない道で壁にぶつかって、いつ抜けられるかわからないトンネルに入り込んでしまったら、もうこのまま抜け出せないのではないかという悲観にとらわれてしまっても無理もないことでしょう。

普通なら、それでももっと他の自分にも視点を切り替えることができますから、悲観の中にとどまりながらも抜け出すのを待つことができるのです。

ところで世間では、1つのことに全力を尽くして、その道一筋に生きてきた人を賞賛するという傾向があります。
その価値に異論を唱えるものではありませんが、そこには、からくりのようなものがあるのかもしれないことを承知しておいたほうがいいでしょう。

つまり、何かを成し遂げたあとで振り返った場合には、外から見ていればなおさらですが、自分でもそれ一筋にやってきたように見えるものだということです。
しかし、その途中の過程では様々な抵抗や挫折にも出会い、いい加減やめてしまおうという気になったことだってあるはずなのです。
途中で他の道に入り込んだことだってあるでしょう。

ですから、そんな何かをやり遂げた人がいっさい他のことに目もくれずにやってきたと信じこんで、自分も他のことに気を取られてはならないと思い込むのは、どんなものだろうと思ってしまうのです。
適当に切り替えのできる人ならいいですが、生真面目で思い込みやすい傾向のある人は、むしろ他のオプションをいくつか持っているようにした方がいいと思います。
一つがダメでも、他のオプションに切り替えればいいという余裕を、少しは持っていないとやっていけるものではないでしょう。

話が少しそれましたが、「嵐の中でも時はどんどん過ぎていく」のです。
嵐にばかり気を取られていては、永遠に終わりが来ないような気になってしまいます。

嵐


嵐の中でも、自分も周りの状況も刻々と変化しています。
時間も確実に先に進んでいき、やがて夜明けを迎えるのです。
夜明けと共に、たいていの嵐は治まってくるでしょう。
たとえ朝になってまだつづいていても、夜中よりは明るさが戻ってきます。

変化しないで永遠につづくものは何もありません。
自分の中の変化にも目を向けてみましょう。

「嵐が恐ろしくて自分はもうなにもできない」と言い張るのなら、ちょっと鼻をつまんで息を止めてみましょう。
なにもできないと言っている自分が、息を止めていることに抵抗しないままでいられるかどうかを確かめてみるのです。
そこには、嵐など関係なく生き続けようとしている自分がいることを思いだしてください。
あるいは嵐が治まったらこんなことをしてみたいと思っている自分に気づいてください。
嵐を怖がっている自分もいれば、嵐などもう飽き飽きしたからどうにでもなってくれ、私はもっと他のことを考えるといいたがっている自分もいるでしょう。

嵐の一夜など過ぎ去ってあとで振り返ってみるなら、トータルに考えてそんなに大した出来事ではないことが分かってきます。

嵐の中では、嵐と共に過ごすしかありません。
終わりの来ない嵐はありません。
自分も変化する自然の中の一員であることを思い出しましょう。
そして、嵐にもかかわらず、変化しつつある自分に気づき、いろんな視点から状況を眺めてみることです。
なにも嵐を怖がっている自分を律儀に演じ続ける必要はないのです。
「嵐のことなんて忘れていたよ」と眠ってしまう人だっているのですから。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
予定した未来はなぜ色あせてしまうのか


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

1つの事を気にしていると、何も物事がすすまなくなってしまうので、できるだけ、他のものに目をむけて、しばらくしたら、また嵐へと向かっていくようにしています。
他に目をむけている時に、意外と気になっていたことが解決したりするんですよね。
何事も一つの事ばかり気にしていては、だめなんですね~。

何かを一筋にやり遂げたようにみえる人でも寄り道はしている
というようなところが、とても気持ちを楽にさせてくれました。
私はどうも飽きっぽいというか気が散るというか・・・
気にせず少しずつやってみま~す!
(ちょっと記事の主旨と違ってますね。スミマセン)

Re: こんにちは(^^)

> 1つの事を気にしていると、何も物事がすすまなくなってしまうので、できるだけ、他のものに目をむけて、しばらくしたら、また嵐へと向かっていくようにしています。
> 他に目をむけている時に、意外と気になっていたことが解決したりするんですよね。
> 何事も一つの事ばかり気にしていては、だめなんですね~。

いろんなことに注意が向いているのが普通なんですが、意識していることだけが起きているように
思い込んでしまうため、その傾向が強すぎると視野が固定されてしまうんですね。

Re:こちくんさん

> 何かを一筋にやり遂げたようにみえる人でも寄り道はしている
> というようなところが、とても気持ちを楽にさせてくれました。
> 私はどうも飽きっぽいというか気が散るというか・・・
> 気にせず少しずつやってみま~す!
> (ちょっと記事の主旨と違ってますね。スミマセン)

学校とかだと注意力散漫とかって悪く言われますが、寄り道を見つけることも
もっと意義を認めないといけないことじゃないかと思います。
一直線の人ばかりになる社会は怖いですし、失敗すれば一気に元気をなくしてしまいますから。

一つのことだけをするカラクリに乗って・・・

このレールしかないような、
嫌でもそれから外れると
もう他にできることなんて
ないみたいに、そう思い込んで
しまっていました。


まんまとカラクリに乗ってしまって
いたんですね。
本当に息苦しいものです。

他の自分を見れなかったり切り替えられなかったり
と、よほど疲れていたし疲れているんだと思います。

まず、人の目を気にして律儀に嵐を怖がることに
義務を感じることを手放していきます。

Re: 一つのことだけをするカラクリに乗って・・・

> このレールしかないような、
> 嫌でもそれから外れると
> もう他にできることなんて
> ないみたいに、そう思い込んで
> しまっていました。
>
>
> まんまとカラクリに乗ってしまって
> いたんですね。
> 本当に息苦しいものです。
>
> 他の自分を見れなかったり切り替えられなかったり
> と、よほど疲れていたし疲れているんだと思います。
>
> まず、人の目を気にして律儀に嵐を怖がることに
> 義務を感じることを手放していきます。

言葉で表現されていたり、社会がレールを作ってくれているような道だけが生きる道ではないということですね。たとえ人が通らない細い道であっても、それが自分をおもいっきり生かせる道であれば、自分だけでなく他の人にとっても意味のある生き方に通じるものだと思います。
ただし、単に他の人がやっていないからうまくいくだろうといったいい加減な考えでは困ります。
それでは自分が生かされるかどうかを見ていないから、すぐに行き詰まります。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX