« ホーム »

後悔しない生き方/過去を再評価する

以前、後悔する生き方ではこのように書きました。

目の前にある現実を拒否して、そのまま見ようとしない。
新しい可能性を否定してまで、後悔するパターンに戻ろうとする。
このようなやり方が、今の生き方を浸食するようになってしまうことです。

後悔することを続けようとするのは、いままで自分のやってきたことが、すべて無駄だったと信じるのが、受け入れがたいのかも知れません。
しかしそれでも「もう、こんなうんざりすることは、止めにしよう」と思える自分を少しずつ強化していくのです。

こんな問いかけをしてみるのも、いいかもしれません。
「この後悔を一生懸命続けたら、どんないいことがあるだろう?」
他の人に言っているつもりで、ばかばかしくなるまで、唱えてみましょう。
「後悔しなさい。後悔しなさい。もっと後悔しなさい。そうすれば悪いことは起こらないんだよ!」


このように、後悔することは無駄なことであり、その悪影響について書いています。

そして、「もっともだ、後悔は無駄なことだ。」と納得しているつもりの人も、どこかで「でも、あの時違った方向を選んでいれば、もっといい結果になっていたのも事実だ。」という考えがどこかで見え隠れするのではないでしょうか。

さむらい


さてそれでは、「我、事において後悔せず」と言い切る人は、本当に後悔することがないのだろうか?ということを考えてみましょう。

実は、これにうまく答えられないのは、黒か白かで答えようとしてしまうからです。
何かのきっかけで、その人が一切後悔をしない人間に変わるというイメージを持つから、そんな人は実在するのだろうかと考えてしまうのです。

実際、私たちが「自分はこういう人間だ」と言い切る場合に、その根拠となるものは、「相対的にどちらであるか」ということではないでしょうか。

どちらが普段優位にあるかということを、言葉にしてしまえば「自分はこういう人間だ」と言い切って片方だけの人間であるかのように表現してしまうだけの話なのです。

ですから「我、事において後悔せず」という言い方は、実際に客観的な事実として後悔を一切しないかどうかではなく、どちらを選択するつもりであるかという宣言であると考えたほうがいいでしょう。

そこで、過去を後悔する方向ではなく、それが今の自分に何をもたらしたかを再評価するという方向で考えていけば、その宣言に近づいていくはずです。

「あの時違った方向を選んでいれば、もっといい結果になっていたのに残念だ。」と考えないのです。
そうではなく、
「あの時の選択は、こんな悪い結果を自分に与えた。」という事実を検討し、
さらには、
「その悪影響に対処するために、期待したわけではないが、こういう能力を鍛えられることになった。」
「あのひどい出来事がなければ、自分は今のような事を考えもしなかった。より広い認識を持つようになった。」
それをさらに発展させて、
「はからずも手に入れたこの経験と、それに伴って獲得した能力を生かせることを考えてみよう。」
というように進展させていきます。

過去の出来事が「客観的にいいか悪いか」を考えていても仕方が無いのです。
「今の自分にどんな意味があるか」がすべてなのです。

過去の出来事が今の自分に対して何をもたらしてくれたかを考えて、今を生きていくこと、その方向で考えるなら「後悔する、しない」の議論も意味がなくなります。

天秤


「私」というものは固定したものではありません。
いま存在する「私」は、変化していく中の今この一瞬の「私」を捉えたものであるだけです。

あなたがいまは「私は後悔する人間である」と言うとしても、過去を後悔する方向でとらえるか、今への貢献の方を考えるか、どちらを取るかしだいでどんどん変わっていくものです。

相対的に、後悔する私よりも今に活かそうとする私が優位になれば、あなたは後悔しない人になるわけです。
さっきまで後悔する人だったとしても、今は後悔しない人になっているかもしれません。

揺れ動く天秤を無理に固定しようとするのは、「生きる」ことに反する行為です。
揺れ動くのが「生きる」ということだからです。

もし、「私の場合はこんなひどい過去があるから、公開しても仕方がない、人を恨んでも仕方がない」と言いはるなら、それは揺れ動く「生」を固定しようとすることなのです。

今に生きようとするおもりがひとつ増えただけで、天秤の傾きが一気に入れ替わるのです。

「そうか、もっと早く気づいていれば」と後悔する自分に気づいたら、反対側のおもりを乗っけてやりましょう。
今までの後悔していた自分を後悔する自分に気づいて後悔する、きりのない後悔にうんざりする度合いが強ければ強いほど、もう手を引こうという決心もつきやすいというものですからね。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
後悔する生き方


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんにちは(^^)

「あ~、あの時に違う選択をしていれば良かったかな。」という事は、たまにありますね~。
でも、そのおかげで、予想外の体験もでき、自分を鍛える事もできたかな?とも思います。
意外な体験を自分の力にして、これから頑張っていかないといけませんよね^^

Re: こんにちは(^^)

> 「あ~、あの時に違う選択をしていれば良かったかな。」という事は、たまにありますね~。
> でも、そのおかげで、予想外の体験もでき、自分を鍛える事もできたかな?とも思います。
> 意外な体験を自分の力にして、これから頑張っていかないといけませんよね^^

過去を悔やんでいる時間というのは、気持ちはわかりますが、最も無駄な事だと思います。
今を生きることに視点を向け直したいですね。

No title

私は、
「いまを楽しむことが後悔をなくす方法かなぁ」
と思っています。
「あの時、こうしていたらよかったかもしれないけれど、いまが楽しいからいいよね!」
みたいな感じで。

反省と後悔を分けて考えなきゃとも思ってます。

Re:こちくんさん

> 私は、
> 「いまを楽しむことが後悔をなくす方法かなぁ」
> と思っています。
> 「あの時、こうしていたらよかったかもしれないけれど、いまが楽しいからいいよね!」
> みたいな感じで。
>
> 反省と後悔を分けて考えなきゃとも思ってます。

そうですね、いまが楽しくても過去が許せないと思ってしまうのが問題の始まりなんですね。
失敗を認められれば反省もできますが、後悔しているうちは認めることができないのかもしれません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX