« ホーム »

思った通りにはならないが..

思った通りには
ならないが

やった通りには
なる


It does not turn out the way you thought,
but it turns out the way it was done.

以無所得故(いむしょとくこ)

得る所無きを以ての故に。

「了寛」


羅漢さんの絵説法〈2〉般若心経―空即是色 花ざかり
著者: 荒 了寛 里文出版 / 2001-05



自分でこうなろうと思って努力したとしても、なんでも思った通りにはならないものです。

しかし、自分の意図とは関係なく、日頃自分がやり続けていることは、現実となって現れてきます。

はたして、どちらが価値があり意味があることなのでしょうか。
自分の意図したとおりに何かが達成されるということに、特別な価値を見いだそうとする理由は何なのでしょうか。

画家


以前何かの本で読んだ、ある画家志望の男の話です。

その人は、画家を目指してせっせと自分で絵を描き、それを売りに出します。
しかし、なかなか絵を買ってくれる人は現れません。

何とかしようと考えた男は、自分の絵を引き立てるために立派な額縁に入れてみようと思います。
自分の手で彫刻を施した独自の額縁を作っては、自分の絵を入れて売りに出します。
しばらくして、絵が売れ出しました。

男は努力の甲斐があったと、大変喜びます。
しかし、そのうち男は、画家を目指している自分にとっては、残酷ともいえる事実に気がついてしまいます。

「私の絵を買ってくれた人達は、私の絵を気に入って買ってくれたのではなく、額縁の方が欲しかったんだ。」

一時はその現実に失意のどん底に陥った男でしたが、新しい光明を見いだします。

「私の額縁を気に入ってくれる人達のために、額縁の職人としてやっていこう。」

今までの夢ではなく現実を受け入れた彼は、その後、独自の額縁を作り出す職人として成功する、といった内容の話です。

この話を、「何でも頑張っていれば努力が実るものだ、諦めるな」という方向に解釈するのも一つではありますが、ここでは彼の意志と、最後に彼が受け入れようとした現実の関係というものを見直してみたいのです。

絵画展


思った通りにはならなかった、「画家になりたいという彼が自ら抱いた願望や意志」。
やった通りになった「目指したわけではなく、副次的に発揮された額縁や彫刻への才能」。

私たちが、大事にしていきたいのはどちらなのでしょう。

「私はこれをやります」と宣言して、その言葉通りのことを為し遂げることが立派である。
このように考えるのが、今の社会では暗黙裏の常識であるかのようです。

しかし、なぜ意図したことが叶うことだけを、特に価値があるように考えるのでしょうか。
自分でやりたくてやったことだから、その通りになって嬉しいと思うのはたしかにあるでしょう。

しかし、それ以上に自分の意志を叶えることに意義を見いだすのは、単に社会がそのように期待するからでしょう。
今の社会というものが、個人が自分でやると言ったことに責任を持つことをベースに成り立たせているから、宣言して実行することがより正しいやり方で価値があると見なされるだけなのです。

また、私たちはそのような社会に生きている影響もあるのでしょうが、自分の意志で何でもやっていると信じようとします。

たまたまそのようにことが運んだだけだとしても、後から振り返れば、大抵は自分がそのように意図していたからそうなったのだと説明をつけることは出来るものです。

また逆に、意図しないで達成されたことはたまたまうまくいったことで、副次的な成果としか見ようとしなくなりがちです。

さらにこれを押し進めれば、「無理にでも自分の意志で目標を持ち、その通りに達成できる人間が価値があるのだ」と考える方向に圧力をかけられていくのです。

般若心経は、全く違った見方で私たちを諭します。

以無所得故(いむしょとくこ)
得るところなきをもってのゆえに

真理は私たち人間の知力で推し量ったり、具体的なものとしてとらえられるものではありません。
それは、私たち人間の意志やはからいを遙かにこえたところにある知恵なのです。
だから、自分でわからないからと抵抗しないで、わからないが故に、その深い世界に身を委ねるのです。

私たちの意志の力が、その真理の代わりを出来ると思い上がるとき、「思った通りにならない現実」があなたを不幸にします。

意図して失敗した結果で自分を責めて、意図しないで手に入れた幸運を素直に喜べないというのは不幸なことです。

自分の意志とその結果に責任を持つという常識に、あまりにもとらわれ過ぎないようにした方がいいでしょう。
自分の意志とは関係なく起きてくる現実の方も、受け入れたり楽しんだりするという余裕も持つことも大事です。

そうすれば、社会的に成功した人にあこがれと共に嫉妬やねたみを感じ、一方でそれと比べた自分を責めてしまうような不幸な循環に陥ることも少なくなるでしょう。

画家にばかりあこがれて、額縁の職人では不満だと思うのが、そのような考えがもたらす結果なのです。

あなたの「彫刻の腕」を見落としたり、価値がないと思って邪険にしてしまっていないでしょうか?
「やった通りに」なっている現実の価値を、もっと見直してみてはいかがでしょうか。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
偏っている処に生きている意味もある
般若心経
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんにちは。
深い話ですね。
最初目指してるものと現実が違う流れになったとしたら
それはそれでいいと思える柔軟さが必要だと思いました。
三十路にもなって三年間も片思いしてる私は
そろそろ現実をみないといけませんね。(^_^;)

こんにちは(^^)

「思った通りにはならないがやった通りにはなる」深い言葉です。
継続して続けていると、思いがけないところが認められることありますね~。
自分では意外でびっくりした事もありますが、他人からは認められているんだ、と自信を持てるようになりました^^
その意外な展開を楽しめるようになりたいと思っています。

なんとも深い言葉ですね。
当然といえば当然なんでしょうけど、ついつい「思った通りにならない!」って怨むような気持ちになってしまいます。

Re: らるさん

> こんにちは。
> 深い話ですね。
> 最初目指してるものと現実が違う流れになったとしたら
> それはそれでいいと思える柔軟さが必要だと思いました。
> 三十路にもなって三年間も片思いしてる私は
> そろそろ現実をみないといけませんね。(^_^;)

何でもかんでも成果を出さなければと思うと、自由でなくなります。
うまく融通を利かして身軽になるといいですね。

Re: こんにちは(^^)

> 「思った通りにはならないがやった通りにはなる」深い言葉です。
> 継続して続けていると、思いがけないところが認められることありますね~。
> 自分では意外でびっくりした事もありますが、他人からは認められているんだ、と自信を持てるようになりました^^
> その意外な展開を楽しめるようになりたいと思っています。

たまには利益を考えずに馬鹿なことをやってみると、自分が解放されます。
どちらでもいいようなことまで、勝ちたいと思い出すと要注意ですね。

Re:こちくんさん

> なんとも深い言葉ですね。
> 当然といえば当然なんでしょうけど、ついつい「思った通りにならない!」って怨むような気持ちになってしまいます。

思い通りばかりではつまらないです。
意外な展開を楽しめるといいですね。
どうせ大した違いじゃないのですから。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX