« ホーム »

災難に逢う時節には 災難に逢うがよく候

ものごとは刻々変化して、ずっと同じ状態のものはありません。
悪いことは、それがずっと続くわけではありません。
良いことも、それがずっと続くわけではありません。
痛みもそのうち忘れます。
快感もずっとそのままは続きません。

このように言葉にすれば、「その通りだね、当たり前だね」と誰もが受け入れるのです。

しかし、実際に私たちが考えていることは、この事実を受け入れずに、頻繁にねじ曲げていることに気づいているでしょうか。
そして、この事実を認められないことが、さまざまなやっかいごとを引き起こしているということをです。

腹痛1


例えば、おなかが痛くなるのを、ずっと気にしている人がいるとします。
「急におなかが痛くなったらどうしよう!」と起きてもいないことで「いま」を苦しみます。
「痛みがずっと続いたらどうしよう!」
「私はよくおなかが痛くなるから、きっと、もうすぐ痛み出すに違いない。」
「あのときの痛さを思い出すと、不安でもう何もする気になれない。」
などなど、予期不安に悩んで、「いま」存在しない痛みを作りだしてしまうのです。

一方で、これとは逆の幻想を作り出そうとする人もいます。
「先のことはどうなるかわからないもんだ。
あれこれ考えるから問題が起きるんだ。
何も考えないでいたら平気なんだよ。」
と悟ったようなことを言います。
しかし、この「極楽とんぼ」を無理に演じようとする人も、実際は長くは続きません。
いざ問題が発生すると慌てふためき、「極楽とんぼ」など放り投げてしまって、どうしていいのかわからず頭を抱えてしまうのです。

どちらの態度にしても、同じ状態がずっと恒久的に続くのだと無理に信じ込もうとしているわけです。
瞬間、瞬間で事態は変化するという事実をすり替えているのです。

しかし実際に起こることというのは、ある瞬間には満足している自分がいて、次の瞬間には不満足な自分がいるといったぐあいなのです。
そうした予測出来ないイベントの集まりが一つずつ目の前を過ぎていきます。
同じ状態で止まることはありません。

これを、どちらかが恒久的に続いていくという幻想にすり替えてしまうから、変化を受け入れようとしない無理な自分が悲鳴をあげることになるのです。

最初に述べた当たり前の事実は、簡単に無視され、ねじ曲げられてしまいます。

予期不安や心配性の人というのは、悪いことが恒久的に続くことを想像しやすく、それがその人には実際の現実よりもリアルな世界のように見えているのです。

またその一方で、予測出来ない現実というものを、何とか予測出来るかのように信じたいと思う人もいるわけです。
そして「これさえ信じていれば問題など起こらないのだ」という予言を作りだしてしまうのです。

どちらにしても、現実から少しずれた所に自分の信じる現実を作りだして、その中を生きようとします。
あえてそれを選ぶからには、それなりの理由があったのかも知れません。
いまもそのやり方を使うことで、何か他の問題を回避しようとしているのでしょう。
そうでなければ、さっさとやめてしまうはずです。
この現実からのずれは、やがてそれぞれの不適応を生み出してしまうでしょう。

飛び上がって喜ぶOL   悲しむ制服女性   バンザイする男性


現実というのは、期待通りではなく、また良くも悪くもないものです。
もし、すべてが予測可能になってしまったら、はたして生きる意欲は湧いてくるでしょうか?

この当たり前の事実を受け入れれば、より地に足の着いた生き方が出来ます。
すぐに化けの皮が剥がれるような、無理な思考で生きようとしても長く続くものではありません。

それでも何とかなるのではないか、何か方法があるかも知れない、と探ってみたい気持ちがある間は、思いっきり現実に背を向けて抵抗してみればいいでしょう。

それがことごとく敗北に終わるとわかれば、きっぱりあきらめる事も出来るでしょう。

あきらめの悪い人は、納得いくまでやってみることです。
そうしないと、自分自身で経験した結果からの自分の選択が出来ません。
その代わりに、だれかの考えを取り込んでお茶を濁すことになって、いつまでも自分自身に立ち戻れないからです。

実際のところ何が正解かは、誰がどういおうとわかりませんからね。

でも、あるときは痛みを感じている自分が存在し、あるときは何の不安もない自分を過ごし、あるときはうれしさで歓喜している自分がいる...

これがおそらく誰もが経験してきた現実の描写に近いだろうというのは、皆さん認めるのではないでしょうか。
それは、画期的でもセンセーショナルでもなく、期待はずれに見えるかもしれません。
期待していった旅先がいつもと変わらない退屈さばかりで、疲れきって返ってくる旅行のようなものかもしれません。

ですが、地に足の着いた生き方は、他のどんな作為的な生き方よりもリアルで実感のあるものであろうと期待できます。
予測が不可能というスパイスはかけがえのないものかもしれません。

そしてそれに逆らおうとしなければ、「災難に逢う時節には 災難に逢うがよく候」という良寛の言葉もすんなりと受け入れられるような気がするのです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
過去とどう付き合うか

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

災難に逢う時節には 災難に逢うがよく候

ってなんだか気が楽になる言葉です。
もちろん災難を避けるべく足掻くけれど、良寛のこの言葉のおかげで最終的には開き直った心持ちで物事に向かって行けそうな気がしました。
開き直った前向きな気持ちだとキズも浅いかもしれませんね

こんにちは^^

不思議なもので、悪いことがある時だけは、「また悪いことがあるかもしれないので、気をつけないと」と思ってしまいますね~。
そんなにいつまでも悪い事ばかりが続くわけではないんですけどね。
良寛の言葉、本当に気が楽になります^^
予想が不可能というスパイス、これがあるから面白いものなんですよね。


Re:こちくんさん

> 災難に逢う時節には 災難に逢うがよく候
>
> ってなんだか気が楽になる言葉です。
> もちろん災難を避けるべく足掻くけれど、良寛のこの言葉のおかげで最終的には開き直った心持ちで物事に向かって行けそうな気がしました。
> 開き直った前向きな気持ちだとキズも浅いかもしれませんね

災難から無傷でいようともがくことが、余計に恐怖を大きくしてしまうのでしょうね。
防止策として出来ることをやったら、今度は起きてしまったら受け入れた後どうするかをかんがえる。
やり直しがきかないことなど、そうそうないのですから。

Re: こんにちは^^

> 不思議なもので、悪いことがある時だけは、「また悪いことがあるかもしれないので、気をつけないと」と思ってしまいますね~。
> そんなにいつまでも悪い事ばかりが続くわけではないんですけどね。
> 良寛の言葉、本当に気が楽になります^^
> 予想が不可能というスパイス、これがあるから面白いものなんですよね。

ドラマを見ていても、事件が起こって、またややこしくなったと思いながらも、
何も起きないドラマだったら途中で飽きてしまいます。
また逆に先のことばかり考えていると、いまの喜びも充分に味わわないまま通り過ぎてしまいます。
どういうときに計算するのかをうまく切り替えたいものですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX