« ホーム »

満足したところで完了

おいしいものを食べて「あーうまかった」と叫んでおなかを叩きます。
おなかペコペコだったのが、満腹になるまで食べてられてホッとします。

この瞬間、私たちは満足を覚えるわけですが、なかなかこれで終わらないのが私たちのさがなのでしょうか。

「こんなにおいしいなら、何度も食べたいものだ。」とあれこれ詮索を始めるのならまだいいのです。
しかし、「こんなにいい思いをしたのだから、この分仕事を頑張らないといけないな。」とか、「こんなことをやっていていいのだろうか」といった自己否定を始める人もいます。
あるいは、健康のことを考えると程々にしないといけないかもしれないなどと、せっかくの楽しみを打ち消すようなことを考えたりするのです。

満腹の豚


それ位いいではないかと言われるかもしれませんが、このような満足の後の余計な「はからい」というものが、いつも私たちを不機嫌なままにしてしまう要因になってはいないでしょうか。

子どもは、大好きなおやつを与えられると、満面の笑みを浮かべ、またそれを食べることを楽しみます。
そんな様子を、大人たちはうらやましそうに眺めています。
「こどもはいいなあ」とつぶやいて、でも大人になるとそうはいかないと諦めたように自分を慰めます。

しかし、私たちも満足した所で、そのあとのよけいな「はからい」をやめてしまえば「喜び」で完結させることも出来るわけです。

そこで終わりにする。
その単純なことを、「でも大人には色々しがらみがあって」というように諦める必要はないように思うのです。

満足の後の「はからい」は、ろくなものを生み出しません。

食べるまでは、「どうしてもあれを一度は食べてみたい」と心おどらせていたかもしれません。
そのときは、それを食べるだけですべて満足だという思いがあったはずなのです。
「おなかがすいて死にそうだ、何でもいいから早く食べさせて」と思っているとき、ゴールは明快でした。

しかし、一つのことが満足すると、たちまち他の欲求を作りだしてしまうのです。
「ところで、食べるものを食べたから、何か問題はないか探してみよう。」という余計な働きかけを始めてしまうために、満足で終わりにならないばかりか、それを打ち消しにするようなことを始めてしまいかねません。

空腹時には隠れていた、その人の基本的な人生への構えが顔を出し始めるのです。

「満足したときには、充分味わってそれで完了」
そのように心がけていれば、子どものころの無邪気な喜びが復活し始めます。

どうしても目的を果たさなければならないことは、目標志向で行動すればいいわけで、そうでないもろもろのことには、満足の後の「はからい」をストップしてみる。

「うまかった、大満足、これで完了」



目の前の満足は、●一個で表されるとします。
上の図形では、満足してそれで完結できるのです。

しかし、これはどうでしょうか。

●●□□●●□□●●□□●●□□●●□□●

2個ずつ並ぶ規則性が気になると、次にもう一個足したくなりませんか。

あるいは、数が一つずつ増えていくのをみると、

□●□●●□●●●□●●●●□●●●●●□●●●●●

続きを完成したくなるのです。

●一個が全体だと決めれば、それで一つのイベントは完結します。
しかし、後の図形の場合にそれが妨げられるのは、他の図形と連結させて全体を拡大してしまうからなのです。
他の図形の中の一つの要素に過ぎないと見てしまうから、せっかく輝いていた今は色あせてしまいます。
全体が否定的なイメージにあるとき、その要素まで台無しにされてしまうのです。
そして、「いま」は連続する時間のなかで、他と容易に置き換えられる一瞬でしかなくなってしまいます。

不安


いま目の前のことに集中して、それだけに入り込めば、他のイベントに統合されてしまうことを防止できるのです。
それを妨げるのは、思考によって場所と時間を拡大してしまうからなのです。

「今日の食事はおいしかった。満足した。」
これで終わればいいのに、

「明日はどこで何を食べようか?」
と考え始めるために、完結しない続きを作りだしてしまいます。

「今日はおいしかったけど、明日は大丈夫だろうか?」
これが、さらなるやっかいごとの始まりなのです。

「今はおいしかった、満足した。でも私は満足ばかりしていられないのです。」
こんな自己否定に発展します。

「いい思いをすると、あとに悪いことが待っているものだ。」
こんな起源のよく解らない呪縛、予言を作り出します。

子どもたちの満足な笑顔を自分も取り戻したいと思ったら、素直に今の喜びを余計な「はからい」に汚されないようにすることです。
必要なのは、決心することと素直に受け入れることだけです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople





[関連記事]
努力とあるがまま
事事無碍法界/華厳経の世界

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は単純に喜ぶだけかも。。。
あまり先のことを考えない性質なのかもしれません。

「あぁ~お腹一杯でシアワセ~」
の後は
「デザート何にしよう?」
と続きます。
欲張りなのかもしれませんね

はじめまして

大人になったら、素直に物事が楽しめなくなるのは、そういう心のからくりがあったせいなんですね!
「童心に還る」コツを教えて下さってありがとうございます!

こんにちは(^^)

私は「あ~、美味しかった。満足した^^」で終わりのタイプだと思います。
あまりあとの事を色々と考えないですね~。
なんとなく「明日は何を食べよう?」タイプの人の方が思慮深いのかな、と思っていたのですが、必ずしもそういうわけではないのですね。
子供には、満足な笑顔をしていて欲しいですね~。

Re:こちくんさん

> 私は単純に喜ぶだけかも。。。
> あまり先のことを考えない性質なのかもしれません。
>
> 「あぁ~お腹一杯でシアワセ~」
> の後は
> 「デザート何にしよう?」
> と続きます。
> 欲張りなのかもしれませんね

例えば仕事で一区切りついたとしても、成果に満足する暇もなく
次の課題を考えてしまうとき、いつまでも満足出来るときが
来ないという状態に陥ってしまうことがあります。

仕事の成果を上げるためには必要なことでもあるのですが、
トータルなバランスを失わないようにしたいということですね。

Re: はじめまして

> 大人になったら、素直に物事が楽しめなくなるのは、そういう心のからくりがあったせいなんですね!
> 「童心に還る」コツを教えて下さってありがとうございます!

今に入り込んで時間を忘れるとき、日頃の決まり切った作業では得られない満足感を感じますね。

Re: こんにちは(^^)

> 私は「あ~、美味しかった。満足した^^」で終わりのタイプだと思います。
> あまりあとの事を色々と考えないですね~。
> なんとなく「明日は何を食べよう?」タイプの人の方が思慮深いのかな、と思っていたのですが、必ずしもそういうわけではないのですね。
> 子供には、満足な笑顔をしていて欲しいですね~。

思慮深いと言えばそうなのかもしれませんね。
社会的にみたり、仕事の成果を上げるという面から見れば必要な配慮ですが、
それだけが自分ではないことを忘れないようにしないと、自分を見失って
自分のやりたいことがわからなくなったりするわけですね。

すごく共感しました。
いつも夕飯はおいしかった~満腹~で終わるのですが
そのあと、お酒を飲みつつ、つまみがラーメンとかになり、いつも今日も食べ過ぎた苦しいのパターンになってしまいます。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX