« ホーム »

誰も悪くないという見方

「誰も責められる人はいないよね?」と聞かれてすぐに「そのとおりだね」と答えられるでしょうか?

即座に答えるのを躊躇するとき、あなたは何か怨恨を抱えているのかもしれません。

誰も間違っていないと信じられれば、安心してお互いの関係を先に進めることが出来ます。
その信頼があってこそ、次の段階へ進めようという新しいことも考える気になってきます。

しかし、すべて信頼するというのはなかなか難しいもので、何かしらまわりの人のやっていることに、過ちとか欠点を見つけてしまいます。
いったん、なにか「責めるべき」ことを見つけてしまうと、それが片付かないと安心して先に進めなくなってしまうものです。

お母さん


ただ、これらは実はあなた自身の中に持っている「責めるべき」ものを反映したものなのかもしれません。

あなたが誰かを責めたくなっているのに気づいたら、責める自分に入ってしまう前に、それが何であるかを改めて確認してみて下さい。

それは、責めようとした人が特別に間違っているのでしょうか?
その人の固有の欠点とか過ちなのでしょうか?

もしかすると、それはあなた自身が「責めるべき」項目を抱えていて、相手が誰であろうとすべての人に対して責めようと思っていたことではないでしょうか。

もしそうであれば、あなたは今までのどこかで、人間の過ちやすい面に気づいて、それを警戒しなければならないと考えだしたのでしょう。
そのような失敗を目にしたのか、あるいはあなた自身が過ってやってしまった失敗であったのかもしれません。

それを発見できたら「責めるべき」リストは思い切って破り捨ててしまったらどうでしょう。

自分も他人も責めるべき人などいない。
間違いが起きても、すぐに訂正してしまえばいいことだ。

OKお母さん


それは理想だけど実際には難しいと思ってしまうと、難しくて現実的でないように思えてしまうかもしれません。

しかし、他の人を信じるようにコントロールするのは難しくても、少なくともあなた自身は自分もまわりも悪くないという見方を取る事なら出来るでしょう。

あなた自身が「責め」を抱えなければ、まわりの人も影響されて同じ方向に考えてくれる可能性は高まります。

しかし、あなた自身が「責めるべき人」を造りだしていたのでは、確実に「人は信じられないと思える世界」にいることになってしまいます。

「責めたり」「裁いたり」することは、この世の中にはつきものだという世界観は、それ自体あなた自身を反映したものではないでしょうか。

自分のまわりだけは、「過ち」のない人間関係を築こうと決心すれば、「それほど現実離れした考えでもないか」と思えてきませんか。
軽い気持ちで試して見てはいかがでしょうか。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
敵意/裏側の構造
「判断」を捨てれば新しい救いが見えて来る

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

色々あって、なかなか達観できない自分がいますねぇ
特に遠くから聞こえてくる声が微妙で。。。
思い切って飛び込んで真偽を確かめようと思っています。
誰が悪いとかじゃないんですよね。きっと

こんにちは(^^)

どんな場合であっても、特定の誰かを責めるのは、ちょっと違うかな~、という気がします。
何か間違いが起きた時に、訂正をすればいいんですよね。
自分が間違った時は、誠意を持って相手にあやまり、相手が間違っているかなぁ~、と思う時は、直接ではなくそれとなく伝える、そうできるように心がけたいものです。

Re:こちくんさん

> 色々あって、なかなか達観できない自分がいますねぇ
> 特に遠くから聞こえてくる声が微妙で。。。
> 思い切って飛び込んで真偽を確かめようと思っています。
> 誰が悪いとかじゃないんですよね。きっと

達観ではなく、小さな変化が次々と変化を生み出すものと思った方がいいかもしれませんね。

Re: こんにちは(^^)

> どんな場合であっても、特定の誰かを責めるのは、ちょっと違うかな~、という気がします。
> 何か間違いが起きた時に、訂正をすればいいんですよね。
> 自分が間違った時は、誠意を持って相手にあやまり、相手が間違っているかなぁ~、と思う時は、直接ではなくそれとなく伝える、そうできるように心がけたいものです。

誰の責任かを追及しても実質的な解決にならない場合も多いですからね。
子供の喧嘩は、誰が悪いかはっきりさせると納得する場合もありますが、
それで何かが変わるわけでもなくて。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX