« ホーム »

投げ出したくなる時2

以前に「投げ出したくなる時」で投げ出してしまう時の原因を取り上げてみましたが、面白いテーマなのでもう一度考えて見ます。

このテーマは別の見方をすれば、最後まで達成できない原因を知ることや、一緒に仕事をする人のタイプを知るのに役立つかもしれませんね。

「そんなに真剣に考えなくても」

だれでも緊張する状況が長く続くと、耐えられなくなってくるものです。
しかしこの傾向が特に強い人というのもいるようです。
「緊張する状況(プレッシャー)」をともかく避けたがる人です。
このタイプは、普段から緊張を嫌うため、物事に正面からまともに向かうのを厭がります。
その結果、真剣に考える場面になると「茶化して誤魔化そう」としたり、「そんなに真剣に考えなくても」といってみたりしやすい傾向があります。
一見、脳天気に見えて実はどこかで悩んで落ち込むタイプかも知れません。
ともかく、緊張状態が続くと真っ先に逃げ出す行動に出るので、結果として何もかも放り出してしまいます。



失敗・頭に手をやる


このタイプの亜流として、実際に失敗していやな目に遭うくらいなら、「先に失敗してしまおう」というタイプが考えられます。
いずれにしても、これらのタイプが一番気にしているのは、他の人からの評価にあるということです。

自分が失敗してしまうと、誰からも見捨てられるのではないかという恐怖が強いのです。
ですから成果を上げるためにリスクを冒すよりは、自分の失敗が目立たないように誤魔化してしまう方が、まだ危険が少ないと思ってしまうのです。

このような人と一緒に何かをやろうとしている場合には、最後の詰めの段階になって自分は抜けると言い出したりすることがあるので注意が必要です。


「もう疲れたよ!タイプ」

このタイプは疲れてしまうのが、他の人よりもかなり早いのです。
そして「もう疲れたよ!」というのが、何よりも免罪符だと考えます。
あきらめが早いとも言えます。



一緒に仕事している場合は、「もう疲れたよ!」のひと言で放り出してしまわれたのでは、たまりませんね。
頭で計画的に進めるタイプとは対照的で、自分の身体全体で関わってくるタイプですから、うまく乗ってくれると頼もしいタイプなのかもしれません。
なんとか、疲れてしまわないようにフォローしながら、その体当たり的ないい面を発揮してもらいたいものですね。


「不安なことがあるともうダメ!」

このタイプは、追い詰められてそうなると言うよりも、普段から「不安なこと」があると他のことが何も手に付かなくなります。
こんなに不安なことを抱えているのに、他のことなんか考えられないのです。



心配性の人は、心配することが実際の仕事に置き換わってしまいます。
実務よりも心配することで貢献しているつもりになっているような所があるので、投げ出してしまうと言うよりも実質的に戦力にならなくなってしまうという感じですね。


「気分の問題です!」

こころのもやもやがあると、何もかもいやになります。
こちらは、「不安。。。」のタイプとは少し違って、「気分の問題」にされるので、他の人はどう対処していいものか困ってしまいます。
理詰めで説得しようとしても、まずうまくいかないタイプです。



原因はさまざま考えられますが、なかなか成果を出すのは難しいタイプですね。

疲れたサラリーマン


「こんな毎日は投げ出したい!」

毎日、決まり切った仕事が待っているのです。
でもどれも投げ出してしまっては、すぐに困った状況に陥るので、投げ出すわけにはいかないのです。
毎日、毎日、ほんとにいやになってきます。
でも誰もこの大変さをわかってくれない。
抜けるに抜けられない、がんじがらめの生活というわけです。
問題は、状況にある様に見えます。
しかしこのようなことを嘆く人の多くは、少し休みを取ったりすると、再びこの同じ状況に戻っていって、こつこつと作業を再開します。
じつは、このような状況に陥る人は、もともと仕事を抱え込むのが好きなのかも知れません。
そうでなければ、もっと前の段階で逃げ出しているとも言えますから。



本当にやりたいことを認めることが怖いので、仕方なく当たり障りのないことでお茶を濁していることも考えられます。
そもそも自分のやりたいことは何であるのかを、原点に返って考えて見た方がいいのかもしれません。
正面から自分に向きあいさえすれば、次の日からやりたいことが見つかったからといって、変身しているかもしれませんね。
そもそも、もともとはやるべきことはやっていくタイプである可能性が高いのですから。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
本当にやりたいこと
心配性

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
朝ごはんの準備中の合間の応援です。

また来ますね。

こんにちは

自分でやり始めたことを途中でやめるのは、勇気がいりますよね~。
どちらかと言うとはじめた事をなかなかやめられないタイプです。
やめるとしたら、だんだん疲れてきて、徐々に徐々にやめていく……ということが多いような気がします。

Re: こんにちは

> 自分でやり始めたことを途中でやめるのは、勇気がいりますよね~。
> どちらかと言うとはじめた事をなかなかやめられないタイプです。
> やめるとしたら、だんだん疲れてきて、徐々に徐々にやめていく……ということが多いような気がします。

自分でやると決めたことだからと、やめることに抵抗がある人がいる一方で、
そういった人には想像出来ない理由で、あっさりやめてしまう人もいるようです。
人それぞれいろいろですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
10位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX