« ホーム »

頼れる存在など誰もいない

悲観的なタイトルですが、一度は「自分には頼れる存在など誰もいない」という事実を受け入れるところからスタートする必要があるでしょう。

それは、「自分が期待するとおりに、自分の希望を叶えてくれる人が誰か存在する」という幻想を一旦捨ててしまおうということです。

自分の希望から人を見て、いつかそれに応えてくれる人が現れるだろうと思うのは、無理な願いです。
人が行動するのは、その人の人間性にそって、その人の期待することを行うのだと認めることです。

この事実を、自分でかってに、ねじ曲げて見てしまうやり方は現実的ではありませんし、いずれ期待が裏切られたことに気づくことになります。

はとの親子


たとえば、自分が誰かに依存しているとしたら、自分が依存できているのは、相手がそれを大目に見てくれている間だけであると知らなければなりません。
今こんなに期待に応えてくれるか人だから、いつになろうとこの関係は変わらないはずだと、勝手に決め込んではいけません。

また、頭ではわかっていながら、なかなか忘れがちな事実は、人はその人の自己関心(利己心)に沿って行動するという事実です。
たまたま、それがあなたの期待と方向が同じであれば、その人に期待することは叶えられるでしょうが、それは、あなたの関心と一致している間だけであることを忘れてはなりません。

それから、ついつい期待をかけてしまうのは、親切や慈善行為というものが、すべて思いやりから出ているものばかりだという思いです。
もちろん純粋にそういう気持ちで動いている場合も、たくさんあるでしょうが、その中には自分が「いい人」だと思われたいという願望からの行動も含まれているということです。
それは、純粋に親切でやっていたその人が、途中から変わってしまうことだってあるでしょうし、その逆の順序もあるでしょう。

このような人間性の事実は、別に冷徹であったり、人間を信頼しない見方であるわけではありません。
いってみれば、「人は嘘をつく」という事実を受け入れるのと変わらない程度のものです。

なかには、このような見方をすることをためらったり、嫌ったり、あるいは後ろめたく感じる人もいるかもしれませんが、ありのままの人間性から目をそらすことは、現実的ではありません。
むしろ、このような人の傾向を認めた上で、相手に対する信頼感を持ててこそ、本当の信頼感だと言えるのではないでしょうか。

会話2

もちろん、こんなことは承知してますよと言う人もいらっしゃるでしょうが、わかっていても、つい忘れて過剰な期待を持ってしまうというのは、ありがちなことではないでしょうか。

そして、ついつい相手に頼りすぎたとき、相手がこれ以上受け止められないと感じて打ち切って、あなたの側は裏切られたと感じてしまうのです。

こういったことは、別に悪気があって相手を騙すような場合はむしろ少なくて、頼ろうとした側の過剰な期待や依存心が原因である場合が多いのではないでしょうか。

さらに言えば、裏切られたと感じるのは期待する側にその要因があったということですし、それを相手が悪いのだと考えるのはどこか違うのではないでしょうか。

そして、基本的に相手は「自己関心」に沿って行動するものだと認識していることは、よりお互いの利益になる関係を築くためにも有効であるでしょう。

子どもっぽい依存心をいつまでも捨てられないで、誰に対しても頼ろうとするのは、どこかで断ち切る必要のあることです。

それは、自分の期待で世の中が動くのではないと知って、ありのままを受け入れるのが一番いい方法であることを受け入れることにもつながります。

そして、最もまずいやり方は、いつまでも自分の期待でまわりが動くと信じて、現実を見ようとしないことです。
なかには、裏切られることこそが現実だと、妙にねじ曲げた見方になってしまう人もいますが、それこそが悲観的な見方であるといえるでしょう。

人は「自己関心」に沿って動くもの、それが人間性というものだとを、善悪や価値判断を抜きにして受け入れることが、スムーズな期待はずれのない人間関係を築くのに必要なことではないでしょうか。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
共依存(共生関係)とは
相手に嫌われまいとすることの誤解

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
寝ぼけてますが応援ぽちです。

こんにちは(^^)

一瞬、悲観的な話なのかな?と思いましたが、内容を読んで、納得しました^^
そうですね~、依存し続けるという態度は、良くないような気がしますね~。
1度は受け入れてもらえそうですが、何度も何度もという事になると、信頼関係もうすれて行きそうですよね。
裏切られたと感じるのは、自分の内面に原因があるんですね。



Re: こんにちは(^^)

> 一瞬、悲観的な話なのかな?と思いましたが、内容を読んで、納得しました^^
> そうですね~、依存し続けるという態度は、良くないような気がしますね~。
> 1度は受け入れてもらえそうですが、何度も何度もという事になると、信頼関係もうすれて行きそうですよね。
> 裏切られたと感じるのは、自分の内面に原因があるんですね。

距離のある人にはそんな期待を持たなくても、身近な人だとつい頼ってしまって負担をかけていても
気づかないでいるということがあります。「親しき仲にも礼儀あり」ということも気をつけたいですね。

「親しき仲にも礼儀あり」

「親しき仲にも礼儀あり」 paoさんのこの言葉にホッと肩の力が抜けました^^。

この孔子の言葉をさらっと受け入れているpaoさんのように、私も色々な人の生き方、考え方を自分のこだわり、に執着せずに受け入れてみたいと思います。

きっと、他の人の考えを聞いて、心から共感できたら、それはたぶん自分らしさ(言葉にならなかった思いを他の人に言い当ててもらった)。そして、他の人の考えを聞いて、何か違和感を感じたら、それは自分らしさではないのだと思います。

他の人の考えと相対しながら本当の自分の心、考えを知る(心の奥から湧き出てくる思いに耳を傾ける)、も、陰陽(自分と相手)の相対のようにタオなのかな、と感じました。

自立しよう!

全くもってその通りです
依存されやすく頼られやすい体質なのですが、プライベートでは勘弁して欲しいですね
仕事では特性を活かしています
ほんとに寄りかかられるのって、
精神的にものすごいストレスなんですよね
依存されすぎて、エネルギーが空っぽになり依存しないといけないレベルにまでなってしまったこともあります
みんな自立しようとしない理由が分かりません
自立が一番楽なのに
そのかわりあてにされますが
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX