« ホーム »

現在の状況を信頼できないとき怒りを感じるのです

よく観察してみれば、とっさに怒りを感じたように思えても、そこには過去の状況を思い出している自分が存在するものです。

「この状況はいつか似たようなことがあった。あのときも、相手が悪いと思って怒ってしまったが、結局傷つくことになった。今も同じ状態になってしまうだろう。」
このような回想が一瞬のうちに起こり、嫌な気分で終わるような状況に突入してしまうのです。

このとき自分を怒らせてしまったのは、過去の記憶です。
そして、そんなときには、今の状況をよく見ている自分は後ろに退いてしまいます。
今ここでの出来事に参加しているのではなく、過去の感情や状況を再現しようとしている自分が前面にいるのです。

怒っているハート


もし、いまここに留まれるなら、「多少の不都合はあっても、この状況もきっとなんとかできるはずだ。」と思って、自分や相手のことを信頼できるようになるものです。

一瞬のうちに過去に飛んでしまわないで、いまの状況にしっかり入り込んで、信頼できる自分や相手を感じてみるのです。
「あの時も傷ついてしまった」という記憶ではなく「今回もなんとかなるはずだ」という信頼に身を委ねてみましょう。

相手に怒りをぶつける代わりに、たとえば相手の深い感情を、ただ観察し認めてみることです。
たとえ相手の要求が不当なものに思えても、相手は今はそういう表現をするしか余裕がないのだと思ってみるのです。そういう見方に切り替えた途端に、ずいぶん感じかたは変わってくるでしょう。
怒りはおさまり、冷静に状況を見ることが出来ます。

肝心なのは、今目の前の言い争いに勝つことではなく、そのあとの嫌な気分を招く状況を作らないことなのです。

ちょうどクレームをつけてくるお客さんを扱うベテラン店員のように、冷静に自分が信頼を取り戻せる状況を作り出すのだと決心するのです。

怒る主婦1


目の前の議論に勝つのではなく、長期的なお互いの勝利を勝ち取るのです。

もしかすると、相手は肩すかしを喰らったように感じるかも知れませんが、不毛な言い争いには参加を拒否して何が起きるのかを見てみましょう。
相手もあとになって、あなたに感謝するはずですから。

不毛な言い争いは、習慣になります。
そして、毎回必ずそのあとには、嫌な気分が待っているのです。

いまの自分と相手を信頼すること。
きっと状況を改善できると信じて行動すれば、あとに待っているのは自分への信頼なのです。
それだけでも充分に見合った報酬であるはずです。

「また言い争ってしまった」と後悔しないで、「今回もまたうまく解決できた。いつもこうなるのはわかっているんだよ。」と言えるようになるといいですね。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
勝ち犬と負け犬
質問という名の押しつけ

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

私は言い争いという事がニガテなので、あまり経験がありませんが、勝ったとしても嫌な気持ちが残るでしょうね~。
勝った方が後悔の思いが強いような気が…。
相手をじっくり観察している人を見ると大人だな~って思います。
私もそうありたいと思っています。

Re: こんにちは(^^)

> 私は言い争いという事がニガテなので、あまり経験がありませんが、勝ったとしても嫌な気持ちが残るでしょうね~。
> 勝った方が後悔の思いが強いような気が…。
> 相手をじっくり観察している人を見ると大人だな~って思います。
> 私もそうありたいと思っています。

怒りを発散するのは、ストレス解消になる場合もあるのでしょうが、問題はあとあとまで後悔や嫌な感じが残るような場合ですね。そのような場合はなにか自分の側に問題や後ろめたさがあるわけです。

この手のテーマで文章を書くのはなかなか難しいんですね。
受け取る人の感じ方は実に様々ですから。

私も言い争いは苦手です。
言い争いして勝っても、本当に相手を変えることってできないように思いますねぇ

それなら相手を観察して、自分の出方を変える方がいいかなぁと思います。

Re:こちくんさん

> 私も言い争いは苦手です。
> 言い争いして勝っても、本当に相手を変えることってできないように思いますねぇ
>
> それなら相手を観察して、自分の出方を変える方がいいかなぁと思います。

言い争いは多くの場合言葉上のやりとりに過ぎなくなってしまいます。
実際に必要としている交流が成り立たなければ意味がない分けですね。
実際には言葉にならないやりとりが実質的な意味を持っている場合もあるでしょうね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX