« ホーム »

被害者は加害者?

周囲の人は自分に辛くあたったり嫌みを言う人が多い、自分は損な役回りを引き受けることが多いと感じていないでしょうか。

自分はいつも被害者だと感じるとき、ちょっと自分を振り返って、自分の側にも問題がないだろうかとチェックしてみるのもいいかもしれません。

そこには、自分はいつも正しく、悪いのは常にまわりの人の方だという構えが出来ていないでしょうか。

自分が人にしてあげたことは大きく感じて覚えているのに、人からしてもらったことは当たり前のように感じて小さな扱いしかしていない。

人から傷つけられたと感じたことは、いつまでも心に刻み込んでいますが、自分が人を傷つけたことはあっさりと忘れてしまっている。

多かれ少なかれ、人はこのように自分の都合のいい方に結果を処理してしまいがちです。

うわさ話


しかし、このことを「ひどい人間」だ、「あってはならないこと」だというように価値判断して排除してしまわない方がいいのかもしれません。
人にはそういう傾向があるものだという程度に認識していれば、自分の中にそのような傾向を見つけても素直に受け入れる事が出来るものです。

そして、このような傾向に気づかないまま自分の構えを作っていると、どこに行ってもまわりは加害者ばかりいる、ひどい世界だと感じてしまいます。
一方で自分はいつも被害者で、人から同情される立場なのだと決め込んでいるわけです。

しかしまわりの人が加害者に見えるのは、自分の中にもそんなひどい行為をする人間を抱えているのだということに気づく必要があります。
むしろ順序は逆であって、自分の中にある人に対する攻撃性を、まわりの人の中に投影して見いだしているのではないだろうかと考えて見ましょう。

私たちは、年中同じ気分で一定しているわけではありません。
それどころか、ほんのちょっとした出来事が引き金になって気分は揺れ動いています。
一瞬のうちに被害者が加害者に、あるいはその逆に立場を変えてしまうこともよくあることです。

自分は両方の要素を抱えているんだと認めていれば、片方に留まってしまうことはないでしょう。
しかし、いつも自分は被害者だと感じる傾向があると思ったら、自分のまわりの人に対する構えを見直した方がいいかもしれません。

2つの感情


まわりの人がみんな意地悪で、自分を今にも攻撃しようとしている人ばかりだと感じるなら、知らないうちに、自分がそのような姿勢を積み重ねてきているのかもしれないのです。

正直に、自分が日頃から加害者であったり、被害者であったりとコロコロ変化しているのだと認識するようにしていましょう。
そうすれば、急に落ち込んでも、「そうか、今はそんな偏りを感じていたのだ」と気づいて自分の落ち着きを取り戻せるようになります。

慢性的にどちらかの傾向が強いと感じるなら、そんな自分が積み重ねてきた思い込みを見直すことです。
急に周囲の人の方だけ変化するわけではありません。
あなたの側の変化が、徐々にまわりの人の見方を変化させているのです。
誰かの同じ行為を見ても、あなたと他の人では感じ方が違うのです。
一方的に相手に責任があるのではなく、あなたの被害者側に立とうとする構えがそのように見せているのです。

そして、自分を被害者だと主張し続けるときに、まわりに集まってくるのは、同じく自分の被害を自慢していて、いつ加害者に転じてしまうかわからないような人ばかりになってしまうのです。
ひととき同じ仲間を見つけたと思ったとしても、すぐにそこはさらに悲惨な集まりであることを発見してしまいます。

自分と他者のどこを重視し、どこを受け流すかを見直してみるべきなのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
まわりの人はあなたの仲間
なぜ苦手な人がいるの「投影」
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

私自身、被害者とか加害者ということを感じたことはありませんが、どうしても気が合わない人同士っていますね~。
いわゆる犬猿の仲というのでしょうか。
双方を見ていると、お互いが相手にイヤ~な態度をとっているな、と思うのですが。
受けとめ方というのもとっても大切だな、と思います。
重視すべきところは重視し、てきとうに受け流すところは流す、が良いんですね。
今後のためにも心にとめておきます。

Re: こんにちは^^

> 私自身、被害者とか加害者ということを感じたことはありませんが、どうしても気が合わない人同士っていますね~。
> いわゆる犬猿の仲というのでしょうか。
> 双方を見ていると、お互いが相手にイヤ~な態度をとっているな、と思うのですが。
> 受けとめ方というのもとっても大切だな、と思います。
> 重視すべきところは重視し、てきとうに受け流すところは流す、が良いんですね。
> 今後のためにも心にとめておきます。

他人の評価は甘めに、自分の評価は辛めにしておいた方がより近いのかもしれませんね。
また欠点についてはこの逆ですね。

No title

わかるような気がします。
自分だけの想いにとらわれていると、
自分が被害者だと思いますが・・・

別な角度から見ると、相手にすれば、迷惑な事って、
あるのよね・・・

なかなか、きずけないと、思いますが・・・

Re: くろこ姫さん

> わかるような気がします。
> 自分だけの想いにとらわれていると、
> 自分が被害者だと思いますが・・・
>
> 別な角度から見ると、相手にすれば、迷惑な事って、
> あるのよね・・・
>
> なかなか、きずけないと、思いますが・・・

まわりの人が加害者に見えるのは、自分の中にもそんなひどい行為をする自分を持っているものです。
それははっきり現れなくても、相手のひとはなんとなく攻撃性を感じるものですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX