« ホーム »

徹底してこだわってみる

こだわりを捨てるという話ばかり書いてきたようですが、
時には徹底してこだわって生きてみるのも必要かも知れません。

「仕事を流す」という表現があります。
いつものやり方で、工夫もしないで、深く考えずに惰性で仕事をしている様なイメージです。
どうして、そうなってしまうかはともかく、こういうやり方では、自分の技術も伸びないし、ずっと同じことの繰り返しです。

そして何よりも、本人は感じているはずです、「やりがいがない」「つまらない」「すぐに疲れる」と。

なぜかそういう人は、真剣にやっている人をみると「よくそこまでやれるね」と考えてしまいます。

その原因を想像してみると、
自分には出来ない、そこまでの能力がないという思い込みであきらめが半分。
もう一つは、普段の自分の仕事の仕方の延長で考えるために、真剣に取り組むことは、とんでもなく大変なものに映ってしまうのでしょう。

そして自分のためにやっているのだという意識がない。
仕方なくやらされているという意識だから、実が入らない。
という点も上げられるでしょう。

逆に徹底して取り組むとは、時間もエネルギーもいとわずに、それにつぎ込むこと。
つねにもっといい方法はないかと探し求める。時には寝る間も惜しんで常にアイデアを考えてみる。
他の人から茶化されても、それを聞き流して自分のやり方を続ける。
それをやるのは他の人に言われるからではなく、自分の向上のためだという意識でやってみるのです。

いい結果が得られるとは限りません。結果が出ないと他の人から見ればばかばかしいと思われるかも知れません。

しかし仕事の成果よりも、もっと得られるものは大きいのです。
何よりも「やりがい」を感じられるし、やっている自分への「自信、信頼」を持つことが出来ます。同じことをいってもあなたの言葉には本物の裏付けがあるので、相手にも伝わり方が違ってきます。

それらは、自分でも期待していなかったほどの成果ももたらします。

ずっとそのペースを続けるのは難しいかも知れません。
しかし一度でもそのような時間を経験することは、何もしないで嘆いている様な時間を過ごしたのとは何倍もの濃い時間を持ったことになります。

これに対して、正面から取り組むことを放棄した生き方もあります。

・あなたが会社員だとしたら、仕事なんて首にならない程度にしておけばいいとかんがえるとか。
・自分の表現したいものを表に出さないまま、何かを訴えようととしている人を、横目で見ながら批評ばかりしているとか。

しかしこう言ったやり方ばかりしていると、自分の生き甲斐を感じられないままむなしさを感じてくるのではないでしょうか。

もし自分が、やりたいことを実行しないまま、ため息ばかりついている人間だとおもうのなら、何が実行することを妨げているのかを調べて見ることです。

障害となっていることは、調べて見たらたいしたことではなかったと気づくのが殆どではないでしょうか。
ただ、たいしたことではなくても、今の自分を動けなくしているのも事実ですから、それなりの理由はあるはずです。

過去の経験が原因で、現在の障害になっていると感じるなら(殆どの場合がそうだと思いますが)、過去の自分に還って体験をやり直してみるという方法があります。

多くの場合、その原因となった出来事は、自分にまだ充分な経験や自信もなかった子供の頃に起因します。

それは、子供の頃のあなたにとっては、決して小さな問題には見えなかった。
しかし、現在の経験を積んだあなたの目から見れば、それはたいした問題ではなかったと思えるのではないでしょうか。

その頃の自分に今のあなたなら、なんと言ってあげられるでしょうか?
という感じで過去の経験の記録をあなたの手で書き直してみるというものです。

効果は人によって違うでしょうが、少なくとも今のあなたなら問題ではなかったと感じられたら、これから自分がどうするかという気持ちにも変化が出てくるのではないでしょうか。

過去の自分というのも、実は今のあなたの一部です。別にタイムマシーンで過去に行かなくても、今ここであなた自身が変えることが出来ます。

過去も未来もなく、自分と他人の区別もありません。全てはあなたの内部に持っているものです。

現実を生きるのは、今ここにしかありません。
今やらなければ、いつまでも変化はありません。

やりたいという気持ちが隠れているのなら、あとで後悔しない様に一度くらい思いっきりやってみてはどうでしょうか。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
10位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX