« ホーム »

自分の人との関わり方を知ろう

このブログではよく自分の内部を見てみようということを言っています。
実際外側に自分の求めるものがあると思って探し回っていては、肝心なポイントはなかなか見えてこないものです。

しかし、そうはいわれても、
「自分の中をいくら覗いてみても何も見えてこないよ。」
「まるで禅問答でもやっているみたいでさっぱりわからない。」
といった印象を持たれるかもしれません。

たしかに手がかりがまるでないと、いくら自分をのぞき込んでも、どこから手をつけていいのかわからないということもあるでしょう。

そういった場合、自分を見つけるには、自分の人との関わり方(交流の仕方)を眺めてみるのが取っつきやすいかもしれません。

「眺めてみる」という表現を使ったのは、解釈を入れずに、主観的にならずに、自分が他の人とどんな関係を作って交流しているかを見てみることです。

「私はいつも人とは○○な立場で接することにしています。」

これは、自分のあるべき姿の説明ですが、問題は実際に自分が何を語り、何を感じているのかという点にあるのです。
極端に言えば、自分のスローガンとか、どうしようと思っているかはどうでもいいのです。
実際に自分が何を言っているのか、何を感じているのかに意味があるのです。

話し合い1


心理学が現在のような発展を遂げるために欠かせなかったこととして、主観にたよって心を調べるのではなく、その人がどう行動しているかを調べることでその心理を捉まえようとした点が挙げられます。
「自分はこう思ってやっているつもりです」と言っっていたとしても、実際の行動を見てみるとまったく違う事をやっている場合もあるわけです。

ですから、実際に自分が人に対して何を言っているのか、そしてその時何を感じているのかを第三者的に観察してみることです。

自分の使っている言葉を見て誰をどうしようとしているのかを調べて見るのです。
また、言葉の意味にとらわれずに、その時自分は何を感じているかを観察してみましょう。

たとえば、「人は他人にもっと親切にするべきである」と怖い顔をして語っている人は、道徳のあり方を訴えたいのでしょうか?
実際に感じているのは、意外にも「どうしてみんな私に親切にしてくれないんだろう?」という嘆きなのかもしれません。

言葉の字面通りの意味ではなく、何を感じているかを感じ取りましょう。

それから、「私はいつも人とは○○な立場で接することにしています。」という方針を持っている人は、自分はいつも、誰に対しても同じ接し方をしていると思い込んでいます。

しかし実際には、人は相手次第で感じ方はどんどん変化しています。



目の前の上司の言葉に脅えていた人も、上司がいなくなって仲間うちだけになった途端に、表情も話し方もころっと変わったりするものです。
自分の人との関わり方についても、一瞬の間に変化する自分のこころの動きを見逃さずに注意してみましょう。

その時何が起きたのか。
目の前に誰か新しい人が登場したのか、誰かがいなくなったのか。

あるいは、今まで平気だったのに急に不安や落ち込みを感じたとしたら、なにかきっかけになる特定の言葉がなかっただろうか。

そんな変化に気づくようにしようと心がけていれば、手がかりになる変化にパターンがあることが見えて来るでしょう。

家族団らん


では最後に、そんなパターンの一つをご紹介しましょう。
自分の人との関わりをチェックするのに、きっと役立つ点が見つかると思います。

それは以前にも書いたことがある「カープマンのドラマの三角図」に登場する3つの役割です。

迫害者(P)(私はあなたより優れている、あなたは劣っている)
救助者(R)(私はあなたより知っている、あなたは不適格だ)
犠牲者(V)(私は無力だ、あなたは私より優れている)

あなたは、他の人と話すとき、どの役割をとりやすいでしょうか?
あるいは、自分がまわりに集めようとするのは、どの役割の人でしょうか?

その役割をとったとき、あなたの気分はどのように変化するでしょうか?
あなたの毎日出会う人は、どの役割をとりやすいでしょうか?

あなたは、実際に誰と誰の交流に入り込んでいることが多いですか。
たとえば、いつもあなたが救助者で、相手は犠牲者でしょうか。
特定の人が登場した途端に、あなたが役割を変化させるのはどんなときでしょうか。

あなたは、どの役割にいるときに、一番いごこちがいいでしょうか?


ところで、このような三つの役割は、どれかが絶対的にいいとか、悪いとかではありません。
どれが必要で、どれは排除すべきだというものでもありません。

肝心なのは、現実にどれかが採用されている事実にあります。
それに気づいて、いまやっているのが不自然な交流だと気がついたら、もっと自然な交流の仕方に切り替えられないだろうかと考え直してみることです。

ひとりでいる間は誰かを救ってあげようと考えていたのに、誰かがそこに現れた途端に自分が「犠牲者」になったと感じるかもしれません。
そんなとき、どちらが自分のとりやすい立場なのだろうと考えて見て下さい。

自分がどんな方針を持っているかではなく、実際に自分が感じていることに注目しましょう。
どう考えているかではなく、どう行動しているかを調べるのです。

一つ発見すれば、一つ自分を解放できるのです。
解放された感情は、それまで思っていたような恐ろしいものでも、隠すべきものでもないのがわかってきます。
今まで何を脅えていたんだろうとばかばかしくなるでしょう。

逆に発見されない感情、つまりは解放されない感情は、いつまでもアイドリングを繰り返しているようなもので、「いつか出番を」と待ち構える、やっかいな感情になってしまうのです。

自分の交流の仕方の傾向を知りましょう。
きっと役に立つ時が来ます。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆
サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


お尻ニキビやデリケートゾーンの黒ずみに。
美尻専用トータルケアジェルです。

インターネット学習塾のショウイン



[関連記事]
他は是れ吾にあらず - 心理的なお話

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX