« ホーム »

勝ち犬と負け犬

ゲシュタルト・セラピーのパールズは自己の中にいる勝ち犬(topdog)と負け犬(underdog)ということを言っています。

勝ち犬というのは「正当づけ」です。ときに、それは正しさを示すこともありますが、正当づけです。
この勝ち犬は、自分が正しいということを示すために、当然のことのように彼に胸を張るべきだと告げるのです。
勝ち犬はいつも、「お前は?すべきだ」、そして、「そうしなかったらそのときは?」と威すのです。しかしながら、勝ち犬は見事なくらい単刀直入なのです。
一方、負け犬は、「はい」とか、「約束する」「賛成する」とか、「いつか、そのうちに」「できれば」と言うのです。
ですから、負け犬は、欲求不満を起こさせる名人です。
勝ち犬は、勿論、そうはさせまいとし、鞭打つわけです。そこで自虐的になって喜ぶゲーム、あるいは自己改善に励むゲームなどと名付けられるものが始まり、それは何年にも渡って、しかも年がら年中続けられることになるのです。でも、変化とか効果は何も起きないのです。

ゲシュタルト療法―その理論と実際 フレデリック・S. パールズ ナカニシヤ出版 / 1990-07


勝ち犬と負け犬の間で葛藤が起きるとき、勝ちを収めるのは、たいていは正当で強そうな勝ち犬ではなく、負け犬の方であるというのが注目すべき点です。

正しさを主張してくる勝ち犬に対して、のらりくらりと、言い訳をしながら先延ばしなどして何とか逃げてしまおうとする負け犬がいて争います。
このような争いは、2人の人間の間で起こった場合でも負け犬が逃げ切ってしまうことはよくあるのではないでしょうか。

負け犬は、しかしその名前が思わせるような不要な存在というわけではありません。
むしろ一見強く見える勝ち犬が建前の部分であるのに対して、負け犬の主張は本音の部分を含んでいることが多いと言えます。

いくら理屈では正しさを納得しても、なぜか実行しようとすると躊躇したり邪魔が入ったりするのは、負け犬が納得していないためかもしれません。

いばるブルドッグ     お辞儀犬


普段過小評価されたり、注意を向けられない自己、「牛過窓櫺(ごかそうれい)」で登場する「しっぽ」の部分こそが負け犬だと言えるかもしれません。

見えない「しっぽ」を自分のものに出来ない間は、何度でも「しっぽ=負け犬」に悩まされることになるでしょう。

学校の夏休みも終わりに近づき、宿題が終わっていない子どもの苦悩が気になってくる頃です。

「今年こそは早めに終わらせようと思ったんだ。どうしていつもこうなってしまうんだろう?」

「やらなければいけないのはわかっているんだ。答えはわかっているんだ。でもいつも実行しないんだ。」というのが典型的な争いの終結なのです。

勝ち犬はいつも正しい計画を立てて、やるべきことをやろうと宣言します。
しかしそこには、本当は「宿題なんかやりたくない」と主張している負け犬が存在します。

この存在を無視していれば、計画を立てる所までは勢いがあるのですが、いつのまにかのらりくらりと身をかわす負け犬のペースにはまって日にちが過ぎてしまうといったことが起きてしまうのです。

自分の中の負け犬がなんと言っているかを聞いてみることです。
自分の「しっぽ」の存在を見つけてみることです。

それは勝ち犬から見れば、あってはならないと見られている存在かもしれません。
勝ち犬の自分にとらわれすぎていれば、なかなか見えてこないでしょう。
しかし、負け犬を無視すれば、たいてい失敗してしまうのです。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス10~心の支えが欲しい、拠り所を求める方へ~その時実際には何をしようとしているのだろう?|元気になる方法|ココナラ

サービス9~ブログを始めたいけれどなかなか続かない、時間が取れないという方へ|文章に関するコツ・ノウハウ|ココナラ

サービス8~この絵何に見えます?~そして見なかった背景に隠れているものは?|心の悩み・メンタル|ココナラ

サービス6~ゲシュタルトの祈り~私は私と言い切れたらどんなにいいだろう|心の悩み・健康|ココナラ

サービス5~勝ち犬と負け犬のゲーム~最後は負け犬が勝つからくりとは?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


[関連記事]
変わらないこととは和解しましょう
牛過窓櫺(ごかそうれい)/ 無門関

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

なるほど~、自分の中に「勝ち犬」と「負け犬」がいるんですね。
勝ち犬が建前で負け犬が本音というところ、納得です^^
勝ち犬と負け犬のバランスが上手くとれているとストレスも少なくてすみそうですね。
ここ数日、夏休みの宿題に追われている娘の心の中は、勝ち犬で占められているようです。

Re: こんにちは(^^)

> なるほど~、自分の中に「勝ち犬」と「負け犬」がいるんですね。
> 勝ち犬が建前で負け犬が本音というところ、納得です^^
> 勝ち犬と負け犬のバランスが上手くとれているとストレスも少なくてすみそうですね。
> ここ数日、夏休みの宿題に追われている娘の心の中は、勝ち犬で占められているようです。

娘さん、もう宿題は終わっているかと思いましたが、まだ残っているんですね。
「勝ち犬で占められている」というのは、色々解釈できそうですが、
負け犬が勝利して期限切れにならなければいいですね(笑)
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX