« ホーム »

後悔しないよう思いっきりやりましょう

わたしは初心者だから、
わたしはまだそこまでマスターしていないから、
だから完成するところまでやり遂げられるはずはない。

まだそこまで到達していないから、この程度出来れば充分じゃないかと言う思い込みがあります。
だから出来るはずのことまでやり逃してしまうのです。

いつかその時がきたら、いつか充分な機が熟したら、その時は私にも出来るときがくる。
この思いが、今完結することを先延ばしにします。

その気になれば、初めてやり始めたことがそのまま最後まで到達するかもしれないのに、そんなことは端から考えもしないのです。

たぶん「心の準備が出来ていない」というような言い訳がどこかに潜んでいるのでしょう。
あるいは、「完璧にやってしまったら、その後何をすればいいのかわからない」と思っているのかも知れません。

元気男子


これが「おもしろきこともなき世を、おもしろく」ないまま、だらだら過ごすことにつながるのです。
じつは、重大な変化を恐れているのかもしれません。
その時はまだ来ないと、今日はまだその時ではないと先延ばしし続けます。

「今日は子どもを叱りつけるのをやめよう」と思うのに、また今日も気がつくと子どもを叱ってしまいます。
ちょっと最近叱りすぎかもしれないと、抑えている親の気持ちとは裏腹に子どもは容赦なく叱ってくれとばかりの余計なことをしでかします。
親は試されているのでしょうか。

怒る気持ちが気になるくらいなら、それは充分に怒っていないのでしょう。
本気で怒ってしまったら、子どもを傷つけてしまうのではないかとか、自分を抑えられなくなるのではと恐れているのです。
しかし、まさにその中途半端さが、またしても子どもの怒りたくなる行動を見せられることにつながります。
こんなことなら、しっかり納得するまで叱っておけばよかったと後悔しないことです。

自分の怒る姿を思い浮かべて悪いことでもしている様に思わないことです。
あなたが怒っているのは本物の感情であることを認めて、余裕のある親の振りなどしないで、真剣に取り組むことです。

中途半端な自分の怒りは、後悔を生みます。
何か手抜きをしていることが、真剣に取り組まないことが、またいい加減になってしまったという後悔を生むのです。

真剣に怒っていないなと見れば、子どもはそれを見抜きます。
へたをすれば、それを無関心さと受け取るかも知れません。
子どもが親の行動を軽く見てしまうのは、そんな真剣さのないトータルでない関わり方かも知れません。
「中途半端にねちねちしかられるくらいなら、手抜きしないでしかってくれよ!」

叱る母親


「二の矢をもつことなかれ、後の矢を頼みて初の矢になおざりの心あり。 徒然草」
という言葉がありますが、今できることを精一杯やらないで後に残そうと思うのも考えものです。

いい仕事ができた、まとまったものが出来上がった。
これを少しずつ切り崩してしばらく楽をしていようかなどと考えないことです。

せっかく乗ってきたのに、なんでそれをやめてしまうのでしょう。
ようやく充実してきた勢いなのに、やめてしまえばそれを取り戻すのにもう一度一からスタートすることになりかねません。

不思議なもので、出し惜しみしないで使い切ったとき、もっといいものが続けて出てくるものです。
省エネは物だけにしておきましょう。

後悔しない仕事を目一杯やって、休むときは思い切って休みましょう。
やらずに後悔するより、思いっきりやったら失敗も怖くないというものです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
私の行為とは(バガヴァット・ギーター)
リスクを引き受ける

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

親が真剣に怒っているかいないかを子供はするどく見抜きますよね。
実際に娘にこの事を聞いてみたら「うん、わかるよ。」と笑いながら話していました^^
叱ったあとで、きちんと説明をすると素直に納得するので、びっくりする事があります。
叱るときも中途半端はよくないですよね。

Re: こんにちは(^^)

> 親が真剣に怒っているかいないかを子供はするどく見抜きますよね。
> 実際に娘にこの事を聞いてみたら「うん、わかるよ。」と笑いながら話していました^^
> 叱ったあとで、きちんと説明をすると素直に納得するので、びっくりする事があります。
> 叱るときも中途半端はよくないですよね。

親が忙しかったり疲れていたりすると、ついおざなりの関わり方になったりしますが、
こどもは言葉自体よりも親の姿勢を見抜いているものですね。
しかし、子どもさんとこのような話題を気軽に話せるとはすばらしいです。

すごくわかる気がしました。
1回区切ると、次にやるときになんだかんだと準備したり、区切る前は何をしたか思い出したり。
無駄が多いですよね

子どもの夏休みの宿題をやってるのを見ながら
「いいから、キリのいいところまでやっちゃえよ!」
ってよく思ってます

Re: タイトルなし

> すごくわかる気がしました。
> 1回区切ると、次にやるときになんだかんだと準備したり、区切る前は何をしたか思い出したり。
> 無駄が多いですよね
>
> 子どもの夏休みの宿題をやってるのを見ながら
> 「いいから、キリのいいところまでやっちゃえよ!」
> ってよく思ってます

夏休みの宿題って放置しておくと、どんどん重圧を掛けてくる巨大な存在になります。
恐怖や罪悪感と似ていますね。というか宿題に対する思いが恐怖や罪悪感というものなのか。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
19位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX